ギフチョウの鱗粉は・・

ふれあいの里で冬の間ずっと花を咲かせていたのはナズナ。
ふとマクロレンズで写してみるとこれがなんとも美しかった。

花束をそっとプレゼントしてもらったような気持ちになった。




b0301570_22401147.jpg


ぺんぺん草なんて呼ばれている雑草も、拡大してみると知らなかった世界が見えてくる。そう気付かされた冬でした。


チョウだって同じ。

「綺麗な翅」という表現はよく使われていても、その翅を拡大してみる機会は少ない。
だから「綺麗な鱗粉だね」なんて会話はチョウ友との間でも無い。


我が家には娘が児童期にチョウに興味を持った時期があり、家族で作った標本がある。
年を経て、朽ちた翅が出ると電子顕微鏡にて極力観察するようにしています。

私的には日の目を見ることがなかったチョウ達の翅を、ブログにて紹介することがせめてもの供養だと思っています。

昨年の夏のことではありますが、ある機関にて電子顕微鏡(SEM)をお借りして、新たに3種類のチョウを観察しました。
機会があれば載せたいと思っていましたが今回はそのうちのひとつを載せます。
ブログにするのはこれで3回目。
(過去の2回は鱗粉観察のカテゴリーにて載せています)




ギフチョウ

翅も綺麗だけど、鱗粉の形が印象的だった。
200倍の世界。鱗粉の幅は0.1mm程度です。
丸みを帯びた形が今までみたチョウと比較して可愛らしかった。ほら、画像を逆さにするとチューリップみたいでしょう。



b0301570_22410058.png





ちなみに裏翅をレーザ顕微鏡で観察するとこんなチューリップが並んだ。




b0301570_19421935.jpg






拡大していきます。倍率1000倍の世界です。
一つの鱗粉に入る縦の筋、これをリッジと呼ぶのですが、
チョウの鱗粉に共通して存在するので、私自身、この部分にどんな機能があるのか色々と調べようとしているのですよ。




b0301570_22410972.png



倍率3000倍の世界。リッジの間隔はおおよそ3μm程度。髪の毛の太さの30分の1位ですね。
リッジの間に網目模様。この網目の下に色素があるのか。



b0301570_22412035.png




何億年という環境の変化に応じて進化してきた昆虫達。
そこには生き抜いてきた合理的な機能が有って、今やものづくりにも着目されている。
また、デザインでも生物模倣が着目されている。


この水を弾く商品のデザインはギフチョウの鱗粉から・・なんて事もこれから先あるのかも知れない。






それにしてもギフチョウが里山に飛ぶ春が待ち焦がれます。





(2015年4月画像 再掲)

b0301570_17385769.jpg









[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-02-20 19:20 | 鱗粉観察 | Comments(14)
Commented by chappy at 2017-02-20 20:29 x
こんばんわ~♪
いつも見かけるナズナもこうやって見ると確かにブーケのようにも見えるかもしれませんね(#^^#)
鱗粉の電子顕微鏡での観察、前回の掲載覚えています
滅多に見られるものではないですよね
おまけに生きているチョウの翅だと観察するのも無理だろうし・・・・・
標本になったチョウのこうやって日の目を見る事が出来たのは、ある意味供養だと言えますね
拡大された鱗粉、こんな形をしているんだと驚かされますね
まるでニットのようです
いろんないきものの体の仕組みやデザインが私たちの生活にもっと活用されるような時代がやって来るかもしれませんね

Commented by rindon3190 at 2017-02-20 21:26
こんばんは。
すばらしいですね、顕微鏡の世界は。
まるで別世界、こんな世界を覗いてみたいです。
人間社会の意匠やマシンなどのアイデアに応用されたりするのは
このような発見があるからなのでしょうね。
先日TVで、トンネル掘削のシールドマシンの説明の時に
フナクイムシ(船食い虫 貝類らしい)から掘削機械のアイデアが生まれたということを知りました。
自然界の生き物は人間生活に思いもよらない宝物を与えてくれるのですね。
マクロのぺんぺん草も素敵です。

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-02-21 05:23
chappyさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
ナズナのブーケ、素敵な表現が嬉しいです。
鱗粉のSEM像は、初めて見たときの感動が忘れられません。
翅の機能美、皆さんに伝わればと載せました。
これから先、昆虫を模倣した製品が沢山生まれると思います。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-02-21 05:32
rindonさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
一世代前ですと、バイオ分野のみの関係者で研究されていた生物の世界。
今や、あらゆる分野の方がいきものの機能に着目され、
バイオミメティクス(生物模倣)として官産学が連携しだしています。
チョウの翅は色々な機能で着目されています。
私も興味を持って情報を集めています。
ぺんぺん草、綺麗な花だと初めて感じました。
Commented by 22wn3288 at 2017-02-21 08:35
鱗粉は普通の顕微鏡で見たことがありますが、電子顕微鏡で見ると又違いますね。
構造が実に複雑に出来ているのに感心しました。
Commented by だい at 2017-02-21 12:34 x
こんにちは! (@_@)
おぉ~お! す・ご・い、すごい! 凄いなぁ~! ミクロの世界ですね。 (^_-)-☆
こんなに綺麗に並んでいるんだ! 電子顕微鏡でしか見ることの出来ない鱗粉にただただ驚きです。
Commented by himeoo27 at 2017-02-21 21:14
私の妻は仕事で光学顕微鏡を使っていたそうですが、
上野の科学博物館で時々覗かせていただくぐらいです。

それにしても下から3コマ目の鱗粉の全体形状も模様も
分かる写真綺麗ですね!
Commented by andantesss at 2017-02-22 01:37
こんばんは
小さなナズナもマクロで見ると清楚で
きれい^^蕾もコロンとかわいいですね~
燐粉の網目構造、なんてフォトジェニック!!
トンボの羽を応用すると、微風でも回り、
台風は受け流す凄い風車ができるとか
聞いた事があります。昆虫の体の仕組みや
構造って本当に、面白くて素晴らしいですね~
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-02-22 05:31
蝶・旅の友さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
顕微鏡も電子顕微鏡の画像は色が無いけれど
凹凸がくっきりしますね。
鱗粉の構造、きっと合理的なんだと思っています。
いろいろ調べていきたく思います。

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-02-22 05:33
だいさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
そうなんです。
顕微鏡で気が付くのはまずは緻密な並びなんですよね。
初めて観たとき、私もびっくりでした!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-02-22 05:38
ヒメオオさん
おはようございます。
私も光学顕微鏡も電子顕微鏡も長く使ってきました。
今回も自分でオペレートして、ドキドキしながらの観察でした。
ミクロ観察をすると、チョウが環境にどう対応しているのか
生態面で色々調べたり想像したりもできます。
環境保全にもある面繋がると信じて活動しています・・
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-02-22 05:47
andantesssさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
この冬はマクロレンズで枯れ野で題材を見つけました。
ナズナも一般的な植物ですが魅力をいっぱい秘めていて嬉しくなりましたよ。
鱗粉、チョウの場合、並び方と網目模様の神秘さを感じますね。
トンボの翅、薄くても六角形の連続体は破れないための秘訣ですね。
微小な突起が有り水を弾く、
チョウとは違ったメカニズムで環境に対応していてこれまた不思議です。
Commented by ageha at 2017-02-23 19:45 x
すごい。。!!
鱗粉とは良く言ったもので、本当にウロコのようですね。
しかもチューリップ型!なんと言うことでしょう。。
網目模様は、こうしてみると細かな(と言うには眼に見えないほどの!)
穴が開いているように見えますが、実際そうなのでしょうか??

それに、年を経て朽ちた翅でもこれほど綺麗なまま保管されているって
深い愛情を感じます。所々カケたり歪んだりって事もないのも不思議。

いや~神秘ですね。貴重なものを有り難うございました!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-02-24 05:31
agehaさん
おはようございます。
そうなんです。目から鱗が落ちるといいますか
チョウの種類によって鱗粉は形が違う、でも拡大してみると共通点もある。
鱗粉はいろいろな機能を持っているなと示唆していて、チョウを見る目も変わります。
穴、開いていましたよ!穴にも意味があるんだなあ。
娘が小さい頃宝物にしていた標本、今は見向きもしてくれません。
チョウを少しでも公開してあげたいと思っています。
名前
URL
削除用パスワード
<< ハナネコノメ 2017 凍てつく寒さ 新生チョウはまだ... >>