八ヶ岳 タカネヒカゲ

この夏、登山靴を買った。

最初にこの靴で山に登った時は、爪が黒くなり皮が剥がれた。
その時はもう懲り懲りだと思ったけれど、
不思議と物置行きとする気にはならなかった。


もう一回登ってそして会いたい。





高山ならではの植生。
ハイマツが一面に広がり、
時々ハクサンシャクナゲが顔を覗かせる場所を歩く。








b0301570_18531469.jpg





やはり自分の心の片隅に
このチョウに会いたいという気持ちが強かったのでしょう。



タカネヒカゲ

標高2500m以上の高山に生息。
成虫になるまで3年もの期間をようすr。


高山チョウを愛した田淵行男はこのチョウをハイマツ仙人と呼んだ。


八ヶ岳亜種は絶滅危惧Ⅰ類のようだ。





会うのにそれほど時間はかからなかった。
でも、ちょっと飛んではハイマツに隠れるように止まった。


b0301570_05413366.jpg




なかなかチョウ自身が、全身を見せてくれない。


でもなんだろう、
このチョウは奥ゆかしく感じる。

ファインダー越しに見る姿は遠くの光景ばかりだけれども
翅色が思ったよりも穏やかで地味ながらも品があるのだ。



b0301570_05422585.jpg







僅かに翅を開き気味の姿。翅は薄いのか・・・



b0301570_05425801.jpg






突然近くの花にやって来た。

私自身予想もしないチョウの行動に見惚れるばかり。
シャッターチャンスを完全に逃したが、その分心にしっかりと焼きつけた。

この瞬間だけは仙人というより無邪気な子供のような仕草を感じた。



b0301570_05431673.jpg








もう少し体を起してくれたら言うこと無しだったんですけれど・・





b0301570_05430910.jpg









この花はハクサンイチゲだと後で知る。
黄色い蘂が何とも可愛い。




b0301570_05434109.jpg








ああ、山っていいよね。赤岳が清清しく感じた。




b0301570_05432885.jpg




また高山のチョウに会いたい。

彼らは地球の歴史を背負って飛んでいる。
そんな想いをチョウに重ねた。


7月21日





[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-07-30 17:32 | タカネヒカゲ | Comments(14)
Commented by つばさ2号 at 2017-07-30 18:48 x
こんばんは
スケジュールをうまく使って色々成果を出されてますね^^。
2500m以上なんて夢の世界です!!

私も山へ行きたいのですが、天候不順で近場の低山で我慢
してます。昨日も昼頃から散策しましたが、見つけた
ホソバセセリを撮り終えたとたんに降って来ました。
大物のいる山は登山口までドライブが長いし、熊がいる
のでなかなか本格的な撮影行ができません。
Commented by rindon3190 at 2017-07-30 20:42
こんばんは。
八ヶ岳のタカネヒカゲいいですね。
ハイマツ帯に密かに生きているという感じがします。
ほんとに小さいんですね。
2500mですか、ここまで登るのは大変でしたでしょう。
会いたいチョウがそこにいるからひたすら登り、
会えた時には疲れも吹き飛んだでしょうね。
夏の赤岳もいいですね。
Commented by chappy 2828 at 2017-07-30 22:53 x
こんばんわ~♪
登山された山は八ヶ岳だったんですね
思い切った山を選びましたね
私は登った事が有りませんし、たぶんこれからも無いかな・・・・・
登山を楽しむには体力が無さすぎだからね~笑
高山まで足を運ばなきゃ会えないチョウ、こうやってブログで写真を見せてもらえるのはラッキーと言えるよね(#^^#)
ますます怠け者になりそうだけど、もう10年前だったらな~

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-07-31 05:24
つばさ2号さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
体力があるうちに山に登りたいと思っておりました。
天気とのタイミングを合わせるのが大変で、
なんとかこの日に会うことができました。
ホソバセセリは好きなチョウです。
またブログに載せてくださいね。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-07-31 05:29
rindonさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
登山のコースはそれほどでもないのでしょうが
体力が無いので山小屋に泊まりました。
タカネヒカゲはダイセツタカネヒカゲと同じような大きさでした。
飛び方がダイセツタカネより緩やかに感じました。
赤岳が綺麗でした。
登る時の楽しみに比べ、下りは足を痛めやすくて苦手ですが
またどこか行ってみたいです。

また
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-07-31 05:32
chappyさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
私もまったくの初心者ですので
慎重に行動しましたよ。
ゆとりの計画を立ててゆっくりと・・
それでもやはり疲れました。
なんとかタカネヒカゲに会えて嬉しかったです。
Commented by shizen_jin at 2017-07-31 19:15
八ヶ岳の希少なタカネヒカゲの撮影、おめでとうございます。
私も元気なうちに撮影に行きたいと思っていましたが、今年は機会を逸してしまいました。
MIYAKOUTAさんのブログを拝見し、来年こそは私も会いに行きたいという気持ちが強くなりました。
Commented by だい at 2017-07-31 20:44 x
こんばんは!(^_-)-☆ 遅れての訪問になりゴメンなさい!
ホンと山は良いですね! 私も若い時はハイキング程度でしたが、近くの山に良く行ったのですが・・・( 一一)
その頃は花に興味がなく…今思えば残念です!
希少なタカネヒカゲを上手く撮れましたネ! いい感じです!拝見させて頂きまして嬉しいです! (^_-)-☆
Commented by Sippo5655 at 2017-07-31 21:41
3年もかけて蝶になる
そんな子がいるんですね・・・
翅・・・薄いのかな
高山なのに、何故でしょうか。
また隠れてばかりいるのは 何故・・・??
敵は多いの?
謎だらけ!
吸蜜の瞬間、とても幻想的ですね!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-08-01 05:22
shizen_jinさん
ご無沙汰しております。
コメントありがとうございます。
以前jinさんのブログを拝見し、
いつかこのチョウに会いたいと思っていました。
北アでなく八ヶ岳にしたのは私自身の体力を考慮しました。
jinさんの健脚でしたら楽なコースだと思います。
私はまともな写真が撮れませんでしたが
会えただけでも嬉しかったです。
少し登山に慣れてから北アも行ってみたいです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-08-01 05:25
だいさん
おはようございます。
いつもありがとうございます!
私も小笠原に行った頃まだチョウの写真を始めていませんでした。
今となるとなんと勿体無い事かと思っています。
タカネヒカゲに会えてほんとほっとしています。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-08-01 05:35
Sippo☆さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
何せ高山は風が吹けば台風並みに強い。
だからハイマツは地面を這うようになる。
そこに止まれば風に飛ばされない・・
チョウだって高山ならでは工夫がきっとあるのでしょう。
翅が実際薄いかどうか分かりませんが何となく薄く、凜粉が少なく?感じました。
風や紫外線をうまく凌いだり、吸収して温度コントロールしたり
平地では無い機能が備わっているのでしょうね~
天敵ですか?鳥はたくさんいましたよ。

Commented by ageha at 2017-08-03 18:56 x
懲り懲りだと思ったのにまた登ってしまう。。ふふふふふ
miyakoutaさん、山にはまってしまうのでしょうか~。笑

ハイマツ仙人は日本で一番高い所に住んでいる蝶なのですね。
仙人と呼ばれるにふさわしい神秘的な蝶ですね。3枚目4枚目に写っている
ぴょんぴょん飛び出している長い葉が食草でしょうか??

うちのベランダにも、いつからかカヤツリグサ科のメリケンガヤツリが
繁殖しているのですが、セセリすら来ませんね~。残念っ!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-08-03 20:14
agehaさん
ちょっと、山にはまってしまったかもしれません。^^

ハイマツ仙人にようやく出会えました。
歳を取って見に行くつらさを想像したら、今年になりました。
そう食草はこの草です。
普段辺りに一杯生えていても、
そうそうチョウがいませんよね。
何が異なるんでしょうねー

ベランダにメリケンガヤツリが繁殖!
そのうちタカネヒカゲが来るかも!
(んなわけないか)
名前
URL
削除用パスワード
<< 白いコマクサの花 高山のツバメシジミ 嬉しかった! 故郷のコヒョウモ... >>