2017年 03月 26日 ( 1 )

故郷にて新生チョウ そして雪

のめり込むようにシャッターを押していた。

ここのところ自然と触れ合う機会が無かったせいか、
飢えているように押していた。

枯茎が混じっていようが、写真の質がどうのこうのも関係なく、
オオイヌノフグリにイヌナズナに青い空。
その光景がやたら嬉しかった。



b0301570_15310371.jpg




コツバメやミヤマセセリ、
ひょっとかしてギフチョウにも会えるかも知れないこの日、
ほんとはそのポイントに出かけたかった。


実家に行く機会が増えた私。
気持ちを断ち切って早朝に三河を出て実家に向かった。

8:30に諏訪に到着した時点で道路沿いの温度表示は0℃。
新生チョウなんて見るの無理でしょー。


所用を済ませた後、近くの土手へ行ってみた。
気温も10℃を超えた。

雑草の花が咲く光景がなんとも気持ちが良かった。

オオイヌノフグリにイヌナズナ、小ばかににしたような名前がついていても
春の光を浴びた花は希望をくれるよね。

私はこんな環境で育ったんだとも思った。




b0301570_15314780.jpg





ありきたりのネコノメソウも有り難い。



b0301570_15311224.jpg




そんな光景を撮っていたら
飛んだよ、モンキチョウ。
嬉しかったねー。


撮れなくてもこの日諏訪でチョウが見られただけでもOK・・
なんて思っていたら、また飛んできた。
そりゃメス探しにモンキチョウも夢中なんでしょう。



止まった。




b0301570_15312069.jpg



b0301570_15312767.jpg






故郷もチョウが飛ぶ春だね!


3月25日



**************************


追加

3月26日、朝
諏訪は雪が降りました。
同じ場所で撮影しました。
前日とは大きく変わった景色です。


b0301570_14420536.jpg






b0301570_14421329.jpg




モンキチョウは羽化してすぐに試練を迎えたことになります。
でも、きっと大丈夫。
この位のことでは負けないはずです。










[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-03-26 14:57 | モンキチョウ | Comments(21)