2017年 06月 28日 ( 1 )

アジサイの候 ミドリシジミなど・・

6月も終盤

今年は梅雨らしいしっとりした写真を撮ることなく終わりそうです。
7月に入ると蒸し暑さが半端でないです。三河は。



花も前回と同じ場所のアジサイ。
色々な種類を撮っていました。




b0301570_05330131.jpg




小さな愕が丸まったアジサイもありました。
名前を知らずにいたらだいさんのブログにて載っていた。
いつもありがとうございます!
知らなかったのは私だけかもしれませんが
だいさんのブログをそのまま転記させていただきました。

ウズアジサイ(渦紫陽花) ユキノシタ科 アジサイ属
  [別 名]・・・・・オタフクアジサイ(お多福紫陽花)

  [花言葉]・・・・・元気な女性、移り気、辛抱強い愛情、謙虚
  [名前の由来]・・・ウズアジサイ・渦を巻くように咲くことが名前の由来
           ふっくらした蕾がオタフクの名の由来






b0301570_05412397.jpg





b0301570_05331866.jpg




ガクアジサイも色々。



b0301570_20140100.jpg




b0301570_05422227.jpg






チョウも載せなくては^^;

愛知の平地で梅雨の季節のチョウ、
といえばミドリシジミ。

今年は良い日と時間帯に都合が付かず、
翅を閉じたものばかりでした。



それでもミドリシジミは裏翅も美しいです。



b0301570_05350682.jpg







♂の開翅もわずかな機会だけでした。
今年は黄緑に近い色合いでの画像です。




b0301570_05334602.jpg





ほんの目の前の地面近くまで降りてきた個体。
怖がりもせずにモデルになってくれただけでも感謝せねば。




b0301570_05340317.jpg




♀です。
♀の翅は遺伝的多型がある事が知られ、
血液型のように名付けられています。

この個体
A型なのかO型なのかよく分からない・・

何世代も色々な型にて結ばれると、
その子孫は見分けにくく曖昧になる。
なんて事は無いんですかねー。

AO型とか・・



b0301570_05343008.jpg







これはA型かななんて思っていたら・・



b0301570_05344273.jpg






AB型でした。
Bが強いからBA型。なんて言い方はだめでしょうか?



b0301570_05344982.jpg







これはB型だね。
青い空と翅の青さが同じ。ちょっとだけ嬉しかった!




b0301570_05345773.jpg






他のゼフィルスとも三河では会わずじまい。

以下は実家のついでに寄った信州のもの。

ようやくアカシジミに会えた。
このチョウは栗の花に沢山止まりますね。


b0301570_05352842.jpg






前回、ウラキンシジミの♂に会えて
次回はピッカピカの♀に会いたい。


なんて言っていたら、また♂に会えましたよ。




b0301570_05354002.jpg




自然が相手ですからね。

チョウとの出会いは縁。
縁を大事にしていればきっと良い事あるでしょう。


そんな7月になって欲しいものです。











[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-06-28 19:07 | ミドリシジミ | Comments(16)