カテゴリ:アカタテハ( 3 )

冬の花 飛べない蛾

この時期に咲く花。

冬に咲く白い花。
 
 

 

b0301570_07461379.jpg



ヤツデ。

暗い山道に自生するヤツデ。花は耐えるような白色でした。






冬の風物詩。

今年もふれあいの里に一斉に飛び出した昆虫。
その名はクロスジフユエダシャク。

飛ぶのはオス。
3週間ほどの短い期間でみられるが11月後半に現れ、12月も中旬を過ぎるとほとんど見られなくなる。
きっと、僅かな期間にメスとの逢瀬を求めているのでしょう。
 


b0301570_07463276.jpg




メスは翅が退化し飛べない。じっと次世代のために時間を過ごすのか。。




b0301570_07492713.jpg




b0301570_18290370.jpg




暖かいのでアカタテハも出てきた。
 

 


b0301570_07494060.jpg



越冬もしにくい暖かさ。これから訪れる急な冷え込みにも耐えて欲しいです。








[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-12-13 18:14 | アカタテハ | Comments(22)

ミツマタにアカタテハ

桜がほぼ満開となり、ギフチョウ便りも多くなり、春も美しい時期となりました。

3月28日、晴天。私はこの日、その前の週に見たギフチョウの魅力とは、違ったものを求めていたのかも知れません。
座禅草の後寄ったのは、ミツマタの群生地でした。

b0301570_4292473.jpg



b0301570_4361420.jpg


辺りは、やや甘みを帯びた爽やかな香りが漂います。

b0301570_4412045.jpg


b0301570_442104.jpg


10人ほどの写真愛好の方が三脚で撮影していました。
なるほどこの群生地なら、素敵な作品を撮りたくなりますよね。
こんな場所を近くにいて、知らずに過ごしていたのだと思うと、休日の過ごし方を考えさせらえます。


訪れていた写真愛好の方がおそらく対象にしなかった画像、
私は、このアカタテハとの組み合わせがやけに嬉しかった。

b0301570_450415.jpg



b0301570_4505325.jpg



b0301570_451305.jpg



b0301570_4493189.jpg



越冬蝶も長い冬を耐えた甲斐があるというものです。

今日から4月、しかし天気は下り坂。週末は桜もギフチョウも難しいかな。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-04-01 05:22 | アカタテハ | Comments(24)

アカタテハとウラナミシジミ 優しさに包まれたなら

 小さい頃は。。

 アカタテハは故郷ではごくごく普通に見られたチョウでした。
思い出す光景は、秋の黄昏時に、暖を求めるように敷石に止まる姿でした。

 ところが知多のアカタテハは違うんだな。

優しさに包まれたなら。。のような優しい日差しに輝くノゲイトウに並びました。

b0301570_21403786.jpg


b0301570_21412384.jpg


今の住まいの周りでは、ヒメアカタテハばかりでアカタテハは見られません。知多はアカタテハが結構現れるのですね。

b0301570_21463328.jpg



 目に映る全てのものは、メッセージ。とばかりに平凡なウラナミシジミも2頭が写ると良い感じでした。

b0301570_2150834.jpg


 神様がいてー、不思議と夢をかなえてくれた~
と秋深まる中、綺麗なチョウと会えると良いのですが。
                                   10月5日 知多にて
  
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2013-10-10 22:00 | アカタテハ | Comments(10)