カテゴリ:ヒロオビミドリシジミ( 1 )

西のゼフィルス

一週間が早く過ぎると思うのは歳のせいだろうか?
先週の週末に会ったチョウをブログに載せようとして、もう随分前のことのように感じてしまう。
日々の細部を忘れ、時間が経つのが早く感じるようになっているのかな。

6月7日。前日の夜、長男と会い大阪で食事を取り、一人翌日向かった先は大阪と兵庫の境の山。

途中道でみつけたハナウド。
まだ花が咲いている部分と、花が終わり、葉柄の基部が膨らんで梢のようになっている部分と、この植物につる性の植物が絡む。
季節も梅雨へと移り変わりを示すような絵です。

b0301570_18475744.jpg


この場所を訪れたのは、本州の西南部でしか見られないゼフィルスに会いたかったから。
まだ見たことがなかった、ヒロオビミドリシジミに会いに行きました。

現地に着くと、同好の方が一人いらっしゃいました。
話をしているうちに一度お会いしていたことに気付きました。
横浜のYさんでした。気がつくのが遅れて申し訳ありません。

Yさんは止まっているシジミたちをすぐに見つけます。
こんな方が一緒で心強かったです。

まもなく、ヒロオビミドリシジミが止まっているのを探していただきました。

b0301570_18541747.jpg


えっ、どこどこ。テングチョウの斜め左下にいるでしょう。
この光景ですとテングチョウに目が行ってしまい、なかなかヒロオビミドリシジミには気がつきませんよね。

やがて翅を半開翅します。
緑も黄緑を帯びたこのチョウの表翅、遠くからでしたが見ることが出来ました。

b0301570_191573.jpg


b0301570_1923153.jpg


全開翅もありましたが、こちらも遠かったです。

b0301570_18595371.jpg


裏翅ですとトリミング無しでこんな大きさがやっとでした。

b0301570_2032083.jpg


関西の方も到着し、探して頂きこんな近くでメスを見ることができました。

b0301570_19541168.jpg


b0301570_19543870.jpg


関西ならではのゼフ、会えて嬉しかったです。
この場所にて会ったゼフをもう少し載せたく思います。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-06-14 20:14 | ヒロオビミドリシジミ | Comments(18)