カテゴリ:ミヤマシロチョウ( 2 )

八ヶ岳 ミヤマシロチョウ

「今年は発生している・・」
故郷の方からの連絡を受け、出かけてみた。


2016年は越冬巣も成虫も確認することができなかったそうで、八ヶ岳のミヤマシロチョウは絶滅が危惧されている。


確認した日はミヤマシロチョウの時期としては終盤。天気は曇り。
見ることは叶わないかと思っていた頃にふわっと舞った。



何はともあれ八ヶ岳の地に舞ったので、ご報告しておきます。


舞い降りた近くまで行くと、
現地でお会いした茅野ミヤマシロチョウの会の方と私の周囲を旋回しながら飛び、比較的低い木の葉に止まった。



綺麗な♀だ。



b0301570_17302211.jpg




暫くの時間翅を半開の状態で止まってくれた。最後は高い木に移動した。


雨も予想される天気でしたので、この一頭を確認した後に下山した。




b0301570_17303020.jpg






この地には5年振りに訪れたのですが、藪化していて花も少なく感じる。


キリンソウにギンボシヒョウモンが止まる姿や、
私自身今年初見となったサカハチチョウ夏型が何とも愛おしかった。



b0301570_17303740.jpg




b0301570_17305284.jpg



茅野ミヤマシロチョウの会の方から、
数が少なくなった原因や、保全活動の大変さなど色々なお話をお聞きすることが出来ました。
何か判断を伴うような行動をする時は、県の許可を取りながらの活動との事です。
そんな地道な活動を無にすることがないように愛蝶家も節度ある行動が必要だと思いました。


日本で初めに発見されたミヤマシロチョウの場所が八ヶ岳。
これから先、健全な姿でこの美しいチョウが生息し続ける事を祈りたく思います。



7月29日 10:09 ミヤマシロチョウ撮影

日本チョウ類保全協会会員  MIYAKOUTA












[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-08-07 18:50 | ミヤマシロチョウ | Comments(14)

心地良い時間

草地に座ってこのチョウを見続ける喜び。
心地良い時間が流れた。

7月12日。ミヤマシロチョウに会う。

b0301570_13483282.jpg


妖精のようにふわりと飛んで止まった先はウツボグサ。
吸蜜しては、うつぼに付く花を変える。
始めチョウに合わせて位置を変えていた私も、長く同じ花に止まる状況を見て、どしりと胡坐をかく。

b0301570_13595528.jpg

 

こんな状態がこの日2回あった。至福の時だ。



b0301570_13592884.jpg

 


他の花にも止まった。

ニガナに

b0301570_143228.jpg



ハクサンフウロに

b0301570_1414578.jpg



b0301570_1453657.jpg



 
同じ場所にミヤマモンキチョウも訪れる。


b0301570_1463652.jpg



b0301570_147122.jpg




深山 美山 ミヤマ ミヤマ。。

おっ、タカネシュロソウ。

b0301570_1492126.jpg


 
いつまでも心地良い余韻が残る日でした。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-07-26 14:29 | ミヤマシロチョウ | Comments(18)