カテゴリ:ハヤシミドリシジミ( 1 )

梅雨時 カシワゼフィルス

梅雨も真っ只中。
ここ数週間、土日のどちらかは雨の日となっています。
それでも日頃の喧騒から離れて、自然の中で過ごしたいと感じています。

諏訪の実家と三河との道中で、転々と車を止めては写真を撮りました。
雨も小降り程度ならチョウも挨拶をしてくれる。


ホタルブクロも沢山咲く時期です。



b0301570_06321254.jpg





載せるのはカシワの葉を食草とするゼフィルス(樹上性のシジミチョウ)



ウラジロミドリシジミ(6月19日)
他の方が見つけて撮影していた中に、参加させていただきました。
翅は開かなかったけれど、淡い白さが魅力的な裏翅ですね。




b0301570_06104309.jpg





ハヤシミドリシジミ(6月25日)
夜中に降り続いた雨も小雨となり、見られるものかどうかも分からずに出かけました。

気温が高めなのが幸いし、飛んで止まってくれました。



b0301570_06111607.jpg




翅を広げます。




b0301570_06112610.jpg


青緑の翅が梅雨空でも輝いて、しばし見とれていました。

梅雨時の雫とゼフィルス、魅力ある組み合わせだなぁ。






[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-06-26 17:07 | ハヤシミドリシジミ | Comments(16)