カテゴリ:コヒョウモンモドキ( 2 )

故郷のヒョウモン達

暑い日が続きます。
暑い中でも出かけ、汗びっしょりになって顔も火照る。

こんな時はチョウも隠れていて出てきません。



載せるのは7月1日、故郷の高原のもの。


ちょうどニッコウキスゲが咲き出した頃でした。



b0301570_20263149.jpg




まだ出始めた頃の高原のヒョウモン達です。




ウラギンヒョウモンは羽化してまさに翅が伸びた瞬間の姿。
長い口吻を丸めて整えている個体でした。


高原にさあ飛び出すぞ。



b0301570_20264702.jpg






こちらはヒョウモンチョウ。草の合間を飛びました。

裏翅の模様が好きです。



b0301570_20271709.jpg




跳ねるように飛んで、イブキトラノオに止まったのはコヒョウモン。



b0301570_20273294.jpg




b0301570_20273861.jpg



嬉しかったのがコヒョウモンモドキ。故郷も訪ねた2ヶ所のうちの1ヶ所で会えました。

鹿対策がしっかりされた場所です。絶滅が危惧される中、なんとか生息を続けて欲しいと願いました。



b0301570_20280919.jpg




緑の葉が織り成す上に、豹柄の着物を見せびらかせて・・  君、粋だねー



b0301570_20281963.jpg




ウラジャノメとの組み合わせは故郷ならではの光景。
獣糞に集まる写真ではありますが、これもチョウの生態。 


沢山群れていた中、歩いていた人に踏まれてしまったウラジャノメも・・

そんな哀れな姿を見て「君たちの仲間は・・」

とチョウに声を掛けても、ひたすら口吻を伸ばし答えてくれません。




b0301570_20285011.jpg



b0301570_20284596.jpg



私もチョウの群れから離れ、ゆっくり歩く。



イブキトラノウが高原の優しい風になびいていた。



b0301570_20333913.jpg



諏訪地方にて










[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-07-12 20:50 | コヒョウモンモドキ | Comments(20)

コヒョウモンモドキに会いに

今年はこのチョウの発生も早いらしい。


この日は雨も降る天気。周りに誰一人いません。
カラマツソウが咲き始めた草原にてこのチョウもひっそりと潜んでいました。



b0301570_21543230.jpg




ヒョウモンの仲間にしては小柄。表翅の豹柄が繊細にして美しい。


b0301570_21561626.jpg





裏後翅に至っては、薄色の花びらを敷き詰めたような幾何模様。



b0301570_21554324.jpg






コヒョウモンモドキ



天気の影響もあり、近づくと飛んでは止まり、じっとしていてくれました。



b0301570_21560230.jpg




少し寒かったのでしょうか。翅を縮めたような愛らしい止まり方。
チョウの形としては翅全体が見られるのが理想ですが、
後ろ翅の模様を強調するにはこんな姿も良いのかもしれません




b0301570_20435575.jpg





場所は平凡でも、翅を開くとなんとも美しい光景に変わるのは、このチョウが繊細すぎるからでしょうか。


b0301570_21553726.jpg





カラマツソウに止まった姿にはどきどき。




b0301570_21562204.jpg






b0301570_21562507.jpg


故郷の諏訪では鹿の影響で食草が減り、このチョウの減少が著しい。
この夏、故郷でも会いに行こうと思う。


6月25日 長野県







[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-06-29 20:54 | コヒョウモンモドキ | Comments(14)