カテゴリ:ウラギンヒョウモン( 1 )

初秋の高原にて

9月最初の週末。
夏蝶のシーズン最後かな、と思いながら高原に出かけた。



こんな時期に春を彷彿とさせる花が咲く。

どうやらヤマキケマンのようだ。

日陰で涼んでいる時の花との出会いは、
暑い中チョウが飛ばないもやもやした気持ちを落ち着かせてくれた。



b0301570_19540405.jpg





b0301570_19541025.jpg




花も終盤のアザミにウラギンヒョウモンが止まった。
なんと綺麗な裏翅だろう。
9月なのに裏翅がこれほど美しいのにはちょっと感動ものだ。




b0301570_19545152.jpg




このチョウは夏眠するらしい。

翅が美しいのは、暑かった高原でひっそり隠れて寝ていたからでしょうか。


思えば7月1日、
ぴっかぴかの羽化したばかりのウラギンヒョウモンが迎えてくれたのが
今夏季の高原のスタートだった。 
故郷のヒョウモン達


その時の情景を思い出させた個体だった。



来年も元気な姿で高原を賑わせてくれることでしょう。



b0301570_19550041.jpg





b0301570_05432367.jpg





ふと見れば高原にも見慣れたチョウがいた。


もう秋なんでしょう。

モンシロチョウもスジグロシロチョウも何故かやけに美しく感じた。




b0301570_19541532.jpg





b0301570_19542103.jpg






残暑の眩しい光にも、どこか秋の気配を感じた日だった。



b0301570_19554519.jpg




9月3,4日 長野県





[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-09-07 20:19 | ウラギンヒョウモン | Comments(16)