カテゴリ:ウラゴマダラシジミ( 1 )

ウラゴマダラシジミ

初夏から梅雨にかけての季節
エゴノキの花がそんな季節を彩る。

この花、不思議と今まで撮っていない。
私自身つい標高を上げて、
往く春を惜しむ機会が多かったからか・・


b0301570_03583236.jpg



同じようにいつでも撮れるような気がしているからか、
あまり載せられずにいたチョウもいる。



ウラゴマダラシジミ
イボタノキで育つゼフィルス。

羽化して翅の傷むのも早いから、今年は時期を合わせて撮ってみた。



午前中見つからなかったこのチョウも、
午後も2時前になると
ちょこんとイボタの葉に止まっていた。



b0301570_04231052.jpg





まだ眠いのだろう。
動かずじっと・・




b0301570_04272775.jpg







2時30分位になり飛び始めた。


イボタノキより下にある葉に止まった。




背景の日陰の空間と翅が同系色で重なる。
このチョウの裏翅の白さが
むしろ輝くように感じた。



b0301570_03593209.jpg







眠気が少し残りながらも活発に飛ぶ前の時間帯。

どうやらこの時間に翅を広げる機会が多そうだ。




b0301570_04001154.jpg





b0301570_04000007.jpg







背景に緑の葉が広がる中で・・




b0301570_04004472.jpg




翅をゆっくりと開き全開するかなと思ったら、
別のウラゴマダラシジミが来て飛んで行った。


3時を過ぎると
オス同士が絡みながら飛び回り続けた。



ゼフィルスの季節が始まったな。


5月21日 東三河にて







[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-05-29 19:16 | ウラゴマダラシジミ | Comments(10)