カテゴリ:コツバメ( 3 )

カタクリ巡り 2

4月16日
実家から車で1時間ほどのカタクリの場所に向かった。
前日の雨の新潟は、見ず知らずの人との出会いがきっかけで山野草に会えた。

この日はどうだろう・・


人の縁は連鎖するのでしょうか、
ポイントに着くと故郷の諏訪のOBの方や、名古屋の方達に初めてお会いでき、話が弾んだ。

チョウはというと、早春にまともに会えなかったコツバメがここには沢山いた。いきもの達との出会いも縁なのだ。


マクロレンズでここまで近づいて撮らせてくれた。
ロープに止まる姿。周囲から見る分には花に止まるほどの興味は引かないのですが、ファインダー越しでは何とも魅力的だった。

ロープの網目模様とコツバメの渋い翅色。この日一番のチョウからのプレゼントなのかなと思った。


b0301570_04364394.jpg




そうそう、タイトル名がカタクリ巡りでした。

今回は私がカタクリを巡るのではなくて、チョウがカタクリを巡るのつもりでしたが、
こちらは陽射しや背景も影響してチョウやカタクリの魅力を引き出すには遠く及びませんでした。


この日、ヒメギフチョウとの出会いはこの1回のみ。

羽化不全で右前翅の一部が伸び切らなかった子でした。でも、健気にカタクリに来てくれました。




b0301570_04375150.jpg





b0301570_05262981.jpg





b0301570_04381352.jpg






b0301570_04381948.jpg



このチョウとの出会いはきっと次に繋がるよ。そう言い聞かせて三河に帰りました。







[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-04-20 22:10 | コツバメ | Comments(10)

ミツマタにて 2016

この週末、
寒の戻りはありましたが、三河は天気に恵まれ爽やかでした。

3月26日。
一年振りに訪れたミツマタの群生地。
景色と同時に花に訪れるチョウをと、午後のひと時を楽しむ。


b0301570_18241824.jpg



b0301570_18242750.jpg






多かったのはテングチョウ


b0301570_18251139.jpg




コツバメ、
今年初めてのこのチョウとの出会いはミツマタの花。


b0301570_18252276.jpg



甘い香りにコツバメも酔ってくれれば、と思いましたが、
しっかりと翅を閉じて凛々しい姿でした。




PS.
ブログを見ていただいた方から、以下コメントを頂きました。

ミツマタ群落はシカ害を象徴する、シカが嫌いな植物だけが残った林床風景です。きれいだと喜んでばかりいられませんね。


その通りですね~




[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-03-27 19:13 | コツバメ | Comments(12)

ユキヤナギ 真白く

新年度に入りました。
昨日(4月1日)は、ぽっかりと午前中のみ仕事のスケジュールに空きが出来ましたので有休を取得しました。
この流れだと、もう何処に向かったか分かってしまうようなものですね(笑)

早起きだけを取り柄としている私は、まずは西尾市の歴史公園で写真を撮りました。
桜を撮りたいところだったのですが、レンズを蝶仕様にしているので、桜が沢山写る広角写真は駄目です。

この時期、桜も良いのですが、ここのユキヤナギは見ごたえがあります。

b0301570_4155254.jpg


桜にメジロが来ました。

b0301570_4165840.jpg


さてK湿地。風もなく、気温も上がり絶好のチョウ日和だったのですが、
私が見かけたギフチョウは3頭でした。これからたくさん出るでしょう。

見つけるまではコツバメと遊びました。
b0301570_4202427.jpg


ギフチョウの写真は?
残念ながらこの程度しか撮れませんでした。
b0301570_4281849.jpg


せめて拡大写真で、眼の魅力を。

b0301570_434455.jpg



現地でお会いしたハゲノヤセウマさんが綺麗に撮られていましたので、近くブログに載ると思います。
また、この後訪れるチョウ友さんが、綺麗な写真を載せられることに期待して、
私は後日また訪れたいです。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-04-02 04:49 | コツバメ | Comments(20)