カテゴリ:スミナガシ( 2 )

尾根筋のスミナガシ

少し湿気を感じる季節になってきました。
歩くだけで汗が吹き出る。もうそんな時期なのですね。


5月14日
隣県の尾根筋を歩いてみる。
ここは3年前に初めて訪れて道に迷い、脚も攣り大変だった場所。
あの時疲労の末に会えたスミナガシの子孫達に、再会できるだろうか・・


尾根の道沿いには花が無い。一見荒れた場所だ。
それでもチョウ達は、生まれながらの習性で午後になると尾根に登ってくる。


例えばアオスジアゲハ。
平地で元気よく飛ぶこのチョウも、尾根の高い場所ではオスがくるくる回りながら占有行動をとる。



b0301570_20114636.jpg


時折何かを見つけては猛スピードで追う。自分のテリトリー(縄張り)に侵入する生物を許さないようだ。


モンキアゲハは尾根伝いにメスを探して飛び回る。
アオバセセリも木の周りを飛び続けてテリトリーに入るチョウに絡む。


彼らは見ている限りは飛び続けている。いつになったら休むのだろう。




そんな中、スミナガシの子孫達に再会した。
スミナガシは葉っぱの上に止まり縄張りを張る。付近を通るメスを待っているのだ。


下を見下ろす姿は威風堂々と。



b0301570_20240140.jpg



マクロレンズでこの距離まで近づくのを許してくれた。

墨流したる由来の翅の美しさはもちろんのこと、ちょっと毒々しい赤い口吻も魅力的だ。

そして眼は光沢を帯びた深い青緑色。少し哀愁をも感じてしまう。
この色の眼をしたチョウはあまりいないのではないかと思う




b0301570_20243267.jpg




この日一番多く見かけた場所には約10mおきに4頭。
ちょっとでも隣のオスが自分のテリトリーに入ってくると猛然と追い回す。

私に対しても威嚇するかのように近づいては葉っぱに止まる。
羽音の振動が伝わってくる。
人を拒むような動作にこちらもドキドキする。



b0301570_20560947.jpg




b0301570_20581607.jpg



こんな尾根筋にメスは飛んでくるのか甚だ疑問なのですが・・





この止まり方。なんか不恰好だね。後ろ翅が葉っぱに持ち上げられ、緑色が強調された。






b0301570_22035545.jpg



 


  

やがて陽は西に傾く。。。ウバメガシの緑が輝く美しい時間帯だ。




b0301570_21000892.jpg




b0301570_21014114.jpg



陽の光の加減で、表翅もさまざまな色を表現してくれた。



b0301570_21015381.jpg




午後も4時を過ぎると少しづつ縄張りを張るのを止めてどこかに飛んでいった。


最後まで残った一頭。君はまだメスを待つのか・・

大きなスズメバチに威嚇されながらも葉を変えて止まった。



b0301570_21064229.jpg



そっと手を差し出してみた。

躊躇していたが「君の手の上には乗らない」とつぶやくように飛び去り私の視界から消えた。


スミナガシ、
尾根で激しく飛びかう姿と、葉の上の美しい姿に威厳を感じたよ。











[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-05-18 19:35 | スミナガシ | Comments(16)

墨流し

GWも終わり、いつもの生活が始まりました。期間中に撮った写真で更新したく思います。

5月4日、故郷から帰ったばかりなのに、GW中の天気が良いのはこの日まで、とのことで
ついつい出かけてしまいました。

この時期のスミナガシ、アオバセセリが見たい。
連休だから少々の無理は承知で、場所の探索をしました。
スミナガシは3年前に一度撮っただけ、アオバセセリはまだ撮っていないのですよね。

途中綺麗な黄色い花を見つけました。黄色からは元気がもらえるような気がして、ブログに3回連続で使っています。
クマバチがぶんぶん飛んでいました。調べたところ、ジャケツイバラのようです。
b0301570_17485294.jpg


おおよその場所を推定して臨んだのですが、考えが甘かったです。
朝から川や山を歩き続けて8時間が経ちました。
足は攣ってしまうし、車までたどり着けるのかの不安が先行している中、
午後も4時を少し前です。高速でタテハチョウが駆け抜けました。
止まって西日に照らされます。

b0301570_17544712.jpg


テリトリーを守るように次々と他のスミナガシを追いかけて止まるを繰り返しました。
こんなに高速に飛んだかと、私の記憶をもはるかに超えていました。

b0301570_17574416.jpg


b0301570_17585922.jpg


b0301570_17594436.jpg


b0301570_1804820.jpg


他の場所ではアオバセセリとスミナガシがテリトリーを張り、追いかけっこをしていました。
アオバセセリはちょっと遠くて、画像としては課題が残りました。

b0301570_1824110.jpg


トリミング画像です。

b0301570_1832558.jpg


それにしてもスミナガシ;墨流
こんなに日本人の感性にマッチする名前を誰がつけたのでしょう。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-05-07 05:19 | スミナガシ | Comments(26)