カテゴリ:ヒガンバナにチョウ( 1 )

天上の花とチョウ

曼珠沙華の名が仏典に由来し、「天上の花」という意味を持っていることを知ったのはつい最近のことです。
たくさん並んで整備された赤い花は天上の道を飾っているのでしょうか。

私が撮った曼珠沙華は、川岸の雑草の中のもの。
流されたどり着き花を咲かせたのか、
ママコノシリヌグイを従えて、その花をぼかし役とし、ここでも主役の存在感でした。

b0301570_20522196.jpg


曼珠沙華が天上の花ならば、花の周りに飛ぶチョウ達も天上のチョウとなるのか。
 


9月19日。暑い日でした。
私もこの花とチョウを撮影しに行きました。

花無心招蝶 蝶無心尋花
はなはむしんにしてちょうをまねき
ちょうはむしんにしてはなをたずぬ

赤い花の曼珠沙華と黒い翅の蝶は因縁で結ばれているのか。
ならば暫しその縁の中に私も混ぜてくださいな。
 


ナガサキアゲハ

b0301570_205072.jpg


 

蜘蛛の糸もここでは光の縁となって加わりました。

b0301570_20512249.jpg

 


カラスアゲハかと思って観察していましたがどうやらミヤマカラスアゲハ。
色褪せてもここでは曼珠沙華を引き立て、曼珠沙華はチョウを引き立て。。

b0301570_2053191.jpg

 


ジャコウアゲハ。

麝香という甘い香りをこのチョウから感じたことはないのですが、
曼珠沙華に麝香の組み合わせもなにかしら妖艶な縁だ。
 

b0301570_20555535.jpg



煩悩は捨ててありのままを撮りなさい・・

そんなこと言われても、あなた達の舞が魅せすぎですよ。。
 


b0301570_20582669.jpg

 


b0301570_20584843.jpg

 


b0301570_20591924.jpg

 


年に一回の出会い。これも私の記憶に刻まれて、来年は輪廻のようにまたこのチョウ達の子孫に会えるかな?

 
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-09-23 21:18 | ヒガンバナにチョウ | Comments(22)