カテゴリ:ウラキンシジミ( 2 )

時期を外して

7月に入りました。今年もあっという間に時間が過ぎています。

梅雨の週末は天気が読めません。
どこに行くかを前もって決めておくことはあまりしていませんので、
当日朝の天気予報を元に出かけることが多くなっています。

6月27日、どこもぱっとしない天気予報の中、近県も太平洋側は晴れマークでした。
しかし到着するとその場所は雲厚く、風もちょっと強めです。

そんな中、今年見逃していたササユリを見つけました。時期外れだと思いますがなんとも綺麗な花です。
これだけで満足な気持ちになれました。

b0301570_5205725.jpg


チョウはなかなか姿を現しませんでした。
それでも僅かに挨拶に来てくれる?チョウには感謝です。

ウラギンヒョウモンは晴れればもっと飛ぶのでしょうが、僅かに一頭目の前に現れました。
裏翅が綺麗だね。

b0301570_525070.jpg


ミズイロオナガシジミも寒いので飛ばない分、近くで撮影できました。
風が強いので、翅を縮むように止まります。

b0301570_526345.jpg


b0301570_526486.jpg


時期がもう遅いとは知りながら、ウラキンシジミが撮れないかと訪れた場所でした。
今年は少なそうです。
描いたシーンとは程遠いのですが、翅痛んだメスが止まっていました。

b0301570_5301258.jpg


来年また来てね。綺麗な時期に撮ってよ。
はい。そうします。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-07-02 05:46 | ウラキンシジミ | Comments(12)

チョウセンアカ と ウラキン

今朝は日曜日と雨が重なり梅雨らしい天気です。チョウの散策もなく、久し振りにゆっくりした日が過ごせそうです。
載せるのは早一週間前のもの。6月15日、越後での続きです。
立葵の花と葉が重なり、やは、おはようと我々に挨拶をしてくれているような穏やかな朝でした。

b0301570_7251798.jpg


前日の夕方に目的であったチョウセンアカシジミを見ていることもあり、私は夕方に見る翅色とは違った画像を撮りたいと思っていました。
チョウ友は、朝、下の葉に並んだチョウセンアカシジミをイメージしているようでした。
トリネコの木を叩くと眠そうなチョウセンアカシジミが下の葉に並んで止まります。
イメージに近い状況をチョウ友が作り上げてゆきます。

b0301570_7293594.jpg


私は一杯止まったチョウセンアカシジミの中、翅の痛みも無く、赤味の濃い個体を探して写しました。

b0301570_734427.jpg


b0301570_735099.jpg


チョウ友はさらに木を叩きます。すると表翅の黒いチョウが降りました。
やったね。ウラキンシジミ。

目の前で翅を擦り擦りしてくれました。綺麗なオスです。

b0301570_7561041.jpg


b0301570_7562875.jpg


b0301570_7564627.jpg


今回の場所は、チョウ友を通じて情報を共有させて頂きました。ありがとうございます。
また、粋な演出を作り上げたチョウ友さん、ありがとうございました。
越後に乾杯ですね。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-06-22 08:19 | ウラキンシジミ | Comments(14)