カテゴリ:ミヤマカラスシジミ( 2 )

朝のチョウの光景

6月も残すところあと僅かとなりました。早いものです。

週末毎に出歩くのを楽しみにしていますが、梅雨の季節のフィールドは晴れるとすぐに蒸し暑くなる。
暑さの中でチョウを観察するのを避けるため、この時期は早く到着するようにしている。

6月20日、長野県のとある場所の写真を載せます。
朝到着後、歩いていて見つけたムラサキシキブの花。少し咲いていました。
秋の紫の実が印象的ですが、花も美しいものですね。

b0301570_18132321.jpg


この日の朝のチョウの様子を少々・・

一番早起きで目立ったのはミヤマカラスシジミ。写真は8時30分頃のもの。まだ活発には飛ばなかったので、近接して撮影ができました。
後ろ翅の赤い模様が綺麗なチョウです。

b0301570_18171486.jpg


b0301570_18173464.jpg


スジボソヤマキチョウは葉のようにじっとしています。

b0301570_18211074.jpg


こちらは9時前に活動を始めました。朝日で翅を透かせてくれました。

b0301570_18232064.jpg


オオムラサキも見つけました。
ちょっと葉を揺すると、ふらふらと飛んで止まりました。
王者の風格とはかけ離れた寝ぼけた姿がユーモラスです。


b0301570_1827081.jpg


オオムラサキの表翅は?
意気地無しの私は蒸し暑さに堪えられず、早々に退散です。はい。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-06-28 18:45 | ミヤマカラスシジミ | Comments(12)

蒸し暑さを感じて

梅雨も終盤なのか、蒸し暑い日が続くようになりました。
一週間前の7月6日もやはり暑かった。
こんな実を見ると思わず捥いで食べたくなりますが、お腹を壊しますよね。

b0301570_20533330.jpg


暑かったせいか、期待したゼフィルスは現れず、出てきたのはウラナミアカシジミだけでした。
ミヤマカラスシジミは元気で、暑さをそれほど苦にはしていないようでした。

ウラナミアカシジミ

b0301570_20562762.jpg


b0301570_20565751.jpg


ミヤマカラスシジミ

b0301570_20573319.jpg


b0301570_2058572.jpg


私も暑さにばてて、もう少し標高の高い場所へ移動しました。
スジボソヤマキチョウに会えました。、オスもメスもカメラなどにはお構いなく、吸蜜していました。

オスです。

b0301570_2121264.jpg


b0301570_2123491.jpg


b0301570_2134646.jpg


メスです。


b0301570_2141759.jpg


暑いと葉裏に隠れるこのチョウも標高が少し変わるだけで見せる姿が変わるものです。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-07-13 04:38 | ミヤマカラスシジミ | Comments(16)