カテゴリ:ミヤマモンキチョウ( 1 )

遠くでしか撮れず

蒸し暑さに耐えられず、この時期はついつい標高の高い場所へとチョウの散策に出かけてしまうものです。
7月12日、私が向かったのは信州も東でした。

標高の高い場所は、カラマツソウの白い花が今が盛りと緑の中に映えました。

b0301570_543893.jpg


この日の目的はミヤマモンキチョウ。
標高1700m以上に生存する高山チョウだ。
昨年も撮影しましたが、食草であるクロマメノキの花での吸蜜シーンを今年は撮りたかった。
しかし、ちょっと時期が早かったのか花がまだ少なかった。

ポイントに向かう途中に出会ったクジャクチョウ。
板目模様と意外と合うことに気付きました。

b0301570_5433397.jpg


ミヤマモンキチョウは居ましたが、あまり近くには来なくて、遠くからの撮影ばかりでした。
載せる画像もほとんどがトリミングです。
時期的にまだメスはいなくて、希望していたようなシーンには巡り合えませんでした。

遠くからでしたので、逆光にして撮影しないと、モンキチョウとの区別も付きにくい状態でした。

b0301570_5442446.jpg


b0301570_545319.jpg


b0301570_5462322.jpg


クロマメノキの花にも止まりましたが、もっと間近でチョウの仕草を見たかったです。

b0301570_5454078.jpg


ちょっと残念な結果でした。また来年訪れたいです。


帰りがけにコチャバネセセリが妙に綺麗に感じたのは、ミヤマモンキチョウに未練が有ったからか知れませんね。


b0301570_5464680.jpg

[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-07-16 05:39 | ミヤマモンキチョウ | Comments(18)