カテゴリ:クモマベニヒカゲ( 2 )

八ヶ岳 クモマベニヒカゲ

笹薮が茂る急坂道をぜーぜーして登り、ようやく開けた尾根に出た。
高山植物は水滴を湛え、私の疲れなどは取るに足らないことだ。と言うかの如く静かに咲いていた。

花は岩場で咲くシナノオトギリ。
花びら、蘂の黄色と、赤みを帯びた蕾が鮮やかだ。
霧の中でも輝きを放った。


b0301570_18561470.jpg





この夏、どうして八ヶ岳にこれほど拘ったのか?
自分でもよく分からない。

ただ登っている最中に頭に浮かんだのは、
小さい頃、父親が何回か西岳にきのこ採りに連れて行ってくれた事や、
中学校の登山の行事で天狗岳や赤岳に登った事だった。
やはり自分の成長の過程にて、何らかの影響を与えた故郷の山が八ヶ岳なんだろう。

チョウの写真を撮るようになって7年目。
国内の色々な場所に出かけてはチョウを撮りながらも、
故郷の山のチョウを撮らずにいることに自分自身情けない。と思っていたのも事実である。


この日拘ったチョウはクモマベニヒカゲ(雲間紅日陰)
高山チョウらしい名前だ。

本州では標高1800m以上で見られるチョウとあるが、
向かったのは標高2000mを優に超える、歩いて2時間半の場所。
時期的には遅いと知りつつも、なんとか会わねば・・


シナノオトギリソウを撮った場所よりさらに標高を上げた。



ベニヒカゲが飛び交う中にぽつんとマツムシソウに止まるチョウ。
会えた!♀だ。

翅に傷みはあるものの、歩いた分喜びも大きい。
登山って苦労するほど感動も大きくなるものなんだと気付く。




b0301570_19221237.jpg






b0301570_19230509.jpg







b0301570_19232072.jpg






b0301570_19242854.jpg








霧が覆った。チョウは一斉に姿を消す。
辺りはオンタデにベニヒカゲの食草、ヒメノガリヤス?が露に濡れて幻想的だ。



b0301570_19315640.jpg





霧が晴れた。
飛び出すベニヒカゲに混じってクモマベニヒカゲはキオンに止まった。
どうやら先ほどと同じ個体だ。



b0301570_19344741.jpg









黄色のキオンとの組み合わせはちょっと華やかに感じる。




b0301570_20212194.jpg







b0301570_19345301.jpg





裏翅の白帯が目に焼き付いた。



b0301570_20214496.jpg







b0301570_20213856.jpg



雨の中の下山であったが、会えた喜びを噛み締めた。



タカネヒカゲ、ミヤマシロチョウ、ベニヒカゲ、クモマベニヒカゲ。
なんとか4種類、八ヶ岳の高山チョウにこの夏会えることができました。
今年のマイブックには八ヶ岳の高山チョウの写真を載せて、父親にも見せてあげよう。
八ヶ岳に反応してくれると嬉しいのだが・・

少し尖がった夏でした。
チョウのシーズンも後半突入ですが、息抜きしたいです。



8月13日









[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-08-19 18:02 | クモマベニヒカゲ | Comments(12)

山に登る

7月26日。上高地へ行きました。
この日も猛暑が続く中の晴天です。朝も早めに到着したのですが、既に多くの人が訪れていました。

b0301570_19543489.jpg


蝶の写真を撮り始めて4年目。まだオオイチモンジが撮影出来ていない事に、自分自身、おいおいと感じていますが、
なぜか会いたかったのはオオイチモンジではなく、タカネキマダラセセリでした。
選んだ場所も、高低差のある山でした。

昨年1回登っていますが、朝日とともにチョウが飛び出すのが嬉しくて、あれよあれよと降りてしまった苦い思い出があります。
その時の記憶でこんなに疲れるなら行かなくても・・とも思ったのですが、
それ以上に突き動かされる気持ちがありました。

今回は内容を分けて載せたく思います。

山の入り口からは暫らく日陰道が続きます。
ヒメキマダラヒカゲやクロヒカゲが沢山飛びますが、他のチョウの期待が大きく撮る気持ちがしません。

最初の日向で撮ったのは、ヤマキマダラヒカゲ。
葉の上に止まるのを久し振りに見た気がしました。

b0301570_20102782.jpg


さらに登ります。急な坂道ですので頻繁に休憩です。
1回目の休憩場所はヒメシジミが沢山飛んでいました。
2回目の休憩場所で、クモマベニヒカゲに会えました。

クガイソウに止まります。
残念ながら日の向きが逆光で、綺麗な橙色は出ませんでしたが、吸蜜する姿に何回もシャッターを押しました。

b0301570_20165655.jpg


b0301570_20174617.jpg


b0301570_20181326.jpg


b0301570_20183879.jpg


こんな写真もチョウらしさが有っていいかな、と追加です。

b0301570_21314663.jpg


b0301570_2021075.jpg


他の登山の方も私が夢中でシャッターを押していることに興味を示し、綺麗なチョウだと言ってはカメラを向けていました。

ゆっくり登っていると同好の方が下から上がって来ました。
yodaさんでした。
初めてお会いできました。
会話をしながら目的のタカネキマダラセセリを探すことになりました。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-07-27 21:06 | クモマベニヒカゲ | Comments(20)