カテゴリ:クモマベニヒカゲ( 1 )

山に登る

7月26日。上高地へ行きました。
この日も猛暑が続く中の晴天です。朝も早めに到着したのですが、既に多くの人が訪れていました。

b0301570_19543489.jpg


蝶の写真を撮り始めて4年目。まだオオイチモンジが撮影出来ていない事に、自分自身、おいおいと感じていますが、
なぜか会いたかったのはオオイチモンジではなく、タカネキマダラセセリでした。
選んだ場所も、高低差のある山でした。

昨年1回登っていますが、朝日とともにチョウが飛び出すのが嬉しくて、あれよあれよと降りてしまった苦い思い出があります。
その時の記憶でこんなに疲れるなら行かなくても・・とも思ったのですが、
それ以上に突き動かされる気持ちがありました。

今回は内容を分けて載せたく思います。

山の入り口からは暫らく日陰道が続きます。
ヒメキマダラヒカゲやクロヒカゲが沢山飛びますが、他のチョウの期待が大きく撮る気持ちがしません。

最初の日向で撮ったのは、ヤマキマダラヒカゲ。
葉の上に止まるのを久し振りに見た気がしました。

b0301570_20102782.jpg


さらに登ります。急な坂道ですので頻繁に休憩です。
1回目の休憩場所はヒメシジミが沢山飛んでいました。
2回目の休憩場所で、クモマベニヒカゲに会えました。

クガイソウに止まります。
残念ながら日の向きが逆光で、綺麗な橙色は出ませんでしたが、吸蜜する姿に何回もシャッターを押しました。

b0301570_20165655.jpg


b0301570_20174617.jpg


b0301570_20181326.jpg


b0301570_20183879.jpg


こんな写真もチョウらしさが有っていいかな、と追加です。

b0301570_21314663.jpg


b0301570_2021075.jpg


他の登山の方も私が夢中でシャッターを押していることに興味を示し、綺麗なチョウだと言ってはカメラを向けていました。

ゆっくり登っていると同好の方が下から上がって来ました。
yodaさんでした。
初めてお会いできました。
会話をしながら目的のタカネキマダラセセリを探すことになりました。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-07-27 21:06 | クモマベニヒカゲ | Comments(20)