カテゴリ:タカネキマダラセセリ( 1 )

高嶺

7月26日の続きです。
この日は晴天に恵まれ、山は美しく雄大な景色を楽しむことが出来ました。

b0301570_21212283.jpg


クモマベニヒカゲには何とか会えたものの、一人で山を登り、疲れも出ている頃にyodaさんにお会いできました。
まだ見ぬタカネキマダラセセリを探して一緒に登ります。

高山蝶らしい名前のチョウで深山(ミヤマ)や雲間や(クモマ)は見たことが有っても高嶺(タカネ)の名のつくチョウはまだ見たことがありません。疲れていても何とか見たいの一心でした。

居ました。初見の個体は随分翅色の渋いオスでした。

b0301570_21305789.jpg


最初は見ることが出来たら降りるつもりでしたが、もっと上まで登ることにしました。

途中、同好の方が降りて来て、たくさん飛んでいて堪能したと仰いました。
それを聞くと益々会いたくなります。

しかし脚は攣り、前になかなか進めません。二人で登っていた事で何とか元気を持続出来たと思っています。
ありがとうございました。

目的地に着きました。
ほんとたくさん飛んでいました。もう言葉は要りません。暫しチョウの姿を眺めたり、写真を撮ったりの時間が続きます。

このチョウはハクサンフウロが好きなようです。

蕾に止まる個体です。

b0301570_214116100.jpg


b0301570_2142736.jpg
 


花弁にぶら下がっている姿を捉えましたが、よく見ると、ちゃんと花弁の隙間から吸蜜していました。

b0301570_21424518.jpg


b0301570_21432286.jpg


この日は暑かったせいもあり、なかなか翅を広げません。
かろうじて撮れた一枚です。

b0301570_21435124.jpg


もっとピントがばっちりな、翅を広げた姿を撮るのが次回の目標ですね。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-07-30 05:40 | タカネキマダラセセリ | Comments(22)