カテゴリ:八重山のシロチョウ( 3 )

南の島に想いを託して

八重山の旅から一ヶ月が過ぎた。

私にとって出会ったたくさんのチョウ達は、悠々と過ごす楽園の中の生き物に思えた。
その光景は、日常生活の中で重たく感じる出来事を忘れさせてくれた。

チョウ達の記憶が薄れないうちにという思いと、いつもより丁寧に書き留めておきたいという気持ちが交錯し、
ブログも一ヶ月で収めるのが良いかなと思っていた。


旅の最終日(12日)。この日もすばらしい晴天で、午前だけの撮影では勿体無いと感じるほどだった。

この期間中、何回も見かけるも撮り損ねていたシロオビアゲハ。
出かけた石垣島の公園のランタナの花に吸蜜に来た。
傷みが無いことが幸いし、後ろ翅の蛍光を帯びた白い帯と真っ黒な翅のコントラストが美しい。



b0301570_20021001.jpg



ハマセンダンの木を見上げれば多くのチョウに混じって白いチョウが日差しに輝く。
このチョウはモンシロチョウのお化け・・ではない。

ナミエシロチョウ。
オスは、青春のきらめきを感じさせるように花から花へと踊り、時折下に付く花に止まって翅の艶やかさを魅せつけた。



b0301570_20021672.jpg




b0301570_20023398.jpg




翅傷んだメスも南国らしい裏翅の黄色っぽさと黒い縁取りが素敵だ。




b0301570_20023884.jpg





最後は前回の旅と同じくウスキシロチョウが沢山飛ぶ場所で時間を費やした。


どうやらウスキシロチョウのメスがナンバンサイカチに産卵しているようだ。



b0301570_20025857.jpg




そのメスを巡ってオスたちが飛び回る。



b0301570_20031138.jpg



メスは卵をいっぱい産んだようだ。近くに寄らずとも葉の上にて卵は光った。
夢中に卵を産むメスの近くに一頭のオスがちょっとだけ止まった。



b0301570_20033870.jpg


まるで夫婦のようにオスはメスに語りかけた。

「ここでまた我々の子供達が沢山遊んで暮らせるね。。」



なにか心温まる光景を見たような気がして撮影を終えた。


またいつかここに来たい。たくさんのチョウ達が飛んで、植物と戯れる姿が見たい。

そう思った。




b0301570_20034802.jpg



最後までお付き合い頂きまして有難うございました。


















[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-11-10 21:36 | 八重山のシロチョウ | Comments(14)

黄色い翅の魅力

この八重山シリーズも、今回含めて残り2回かと思っています。
撮った植物もほとんどなくなりました。

もっと多いかと思っていましたが意外と少なかったのはトウワタ。
石垣島では、畑で栽培している場所は少ないのかなと思いました。

b0301570_5484411.jpg



ウスキシロチョウ。
台風に悩まされた八重山も、旅の後半には晴れ、それまで見かけなかったウスキシロチョウが飛び出しました。
このチョウ、シロチョウの仲間ながら、大きめで高速で飛びました。
この高速で飛びまわる姿がなんとも格好良く、見ていているだけでも気持ちが良かった。

12、13日はまだ見つけた数が少なく、何とか撮影していました。

高い木から下りてきて、センダングサで吸蜜してはまた飛んでいきました。
無紋です。高温期のようです。
b0301570_5532062.jpg


西表島では、ハイビスカスに止まりました。

b0301570_5534832.jpg


14日、バンナ公園でオオゴチョウの花に何回も止まってくれました。
小紋も見えました。低温期のオスでしょうか。

b0301570_5543397.jpg


こちらは無紋、高温期のオスかな。

b0301570_5544849.jpg


こちらは、黄色が濃い。低温期型のメスかな。

b0301570_555412.jpg


翅色が多様なようです。無紋のオスの薄黄色は爽やかな色ですね。

タイワンキチョウ。
撮った中にはミナキミチョウもあるだろうと思っていましたが、どうやら皆タイワンキチョウのようでした。
翅の形で見分けるのは、瞬時では難しそうです。

b0301570_4182142.jpg


b0301570_4185173.jpg


これはキタかミナミかタイワンかその場では区別が付きませんでしたが、どうやらタイワンキチョウのようです。

b0301570_4194873.jpg


石垣島で唯一見たモンキチョウ。
何となく本州で見るものより、翅の先端が尖り、顔も尖っているように感じた。
八重山では普段見ているチョウでも違うチョウのように感じてしまうものです。
ガイドさん曰く、春は沖縄本島から飛んでくることもあれば、秋は大陸から飛んでくる可能性もあるとのこと。
このモンキチョウも迷蝶なのかも知れません。

b0301570_4255771.jpg


八重山は色々な地域のチョウも飛んできて、魅力のある場所でした。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-11-06 04:50 | 八重山のシロチョウ | Comments(14)

暗い林道沿いにて

石垣島ではアダンチャンプルなるものを食べました。
柔らかくしこっとした歯ごたえと一緒に、甘みとも苦味とも言えない風味がありました。

アダン。こんな植物です。
実はパイナップルに似ていますが、ヤシガニの好物のようです。
新芽をチャンプルに使うようですが、どうやら観光客向けの料理のようで、島の方は食べないとか。。

b0301570_18565128.jpg


10月11日、
台風の影響で風が強い中、極力風を避けるようにガイドさんとチョウ友と林道を歩きました。
暗い林道でもたくさんのチョウが飛ぶのが八重山の魅力ですね。
ミナミキチョウやタイワンキチョウが飛ぶ中、一頭の白いチョウが低い場所を飛びます。

なかなか止まらないチョウでしたが、草陰に止まりました。
クロテンシロチョウでした。

b0301570_19535531.jpg


b0301570_19543655.jpg


b0301570_1955482.jpg


本州でいえば、形はヒメシロチョウとよく似ていました。
こんなシロチョウは私の好きなタイプです。
名の由来と思われるクロテン(黒点)は飛んでいる時でないと分かりません。
後で気が付き、飛翔写真も撮るべきだったと思ったときは時既に遅しでした。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-10-18 20:34 | 八重山のシロチョウ | Comments(10)