カテゴリ:八重山のセセリチョウ( 2 )

波照間 碧き海

午後になると雲が広がりました。

雲が空を覆いつくす前に、
見ておきたかった景色を目指し、
疲れた脚を励ます自分。


見たかった海の色。


波照間島ニシ浜の海。





b0301570_08533439.jpg





シュノーケリングする人、
カップルで泳ぐ人、
景色のみ楽しむ人。


人がここまで訪れる理由は、

この海の色の魅力なんでしょう。



b0301570_08534905.jpg









波照間島で出会ったチョウ達。
特に珍しいチョウが居たわけではない。

フィッシュアイで初めての撮影はクロボシセセリ。


レンズをチョウに接するくらいにしないと、
臨場感が出ないのですね。
難しいものです。



b0301570_08544472.jpg






リュウキュウアサギマダラ


b0301570_08551419.jpg






いつものレンズでの画像は以下。


リュウキュウミスジ



b0301570_08542551.jpg





b0301570_08540468.jpg







ネッタイアカセセリ


b0301570_09000295.jpg






それにしてもこのセセリ、
前翅の付け根の毛が長いんですね。



b0301570_08595781.jpg






この日の夜は雨。
次の日も一日雨。

雨の島は寂しかった。



雨の天気ですと、退屈。


b0301570_08591622.jpg







ほんとは満天の星を見たかった。




b0301570_08552963.jpg




最南端の島。

南十字星も見てみたい。

さて、いつになることやら・・


11月10,11日











[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-11-26 17:36 | 八重山のセセリチョウ | Comments(16)

八重山のセセリ

八重山のチョウシリーズも後半に入ります。
石垣島もメインの道路から、ちょっと脇道に外れただけですが、道沿いにはパパイアが当たり前のように実っていました。

b0301570_22113595.jpg


別に育てているわけでもなくこんなに立派な実が出来るところが大らかな土地だ。

石垣島で会ったセセリチョウを載せます。

一番多く見られたのがこのセセリ、クロボシセセリでした。ミルクの効いたココアのような翅は本州のセセリの仲間では見かけません。

b0301570_223321.jpg


b0301570_2235534.jpg


b0301570_2245199.jpg



もっとたくさん見られるかと思いましたが思ったより少なかったのが、
ユウレイセセリ。
チャバネセセリかとも思い図鑑で比較しましたがユウレイセセリと思われます。
ユウレイは漢字で幽霊。どうしてこんな名前なのでしょうか?

b0301570_2219498.jpg


この翅はキマダラセセリとそっくりです。
でも八重山にキマダラセセリはいないそうで、ネッタイアカセセリでした。

b0301570_2253924.jpg


b0301570_2251648.jpg


b0301570_2262012.jpg



高速で飛んでいて、何頭も見かけるのですが、なかなか止まらず撮るまでに時間がかかりました。
コウトウシロシタセセリ。
ダイミョウセセリのような形ですが、白い部分の面積が大きいです。

b0301570_2282160.jpg


b0301570_5354316.jpg


b0301570_2291417.jpg


このセセリチョウ、止まると常に翅を開くとか。裏翅が見られたのは台風の風に煽られたおかげです。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-10-30 21:31 | 八重山のセセリチョウ | Comments(12)