<   2015年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

座禅

3月28日。
もう一度ギフチョウを見に行こうかと一瞬考えましたが、
たまにはのんびりとチョウ以外もいいかなと、設楽町を散策しました。

まずは座禅草を。

はじめて見ました。う~ん渋い。

b0301570_19313547.jpg


Wikipediaによれば、
開花する際に肉穂花序(にくすいかじょ)で発熱が起こり約25℃まで上昇する。そのため周囲の氷雪を溶かし、いち早く顔を出すことで、この時期には数の少ない昆虫を独占し、受粉の確率を上げている。
とある。

そんなシーンを一度見てみたいものです。

b0301570_193571.jpg



雑念を捨てて、無の境地・・

いや、やっぱりチョウが浮かんでしまいますねー。

座禅草に合わせて、少しは渋めの画像を・・

ギフチョウのこんな画像も決して嫌いではありません。

b0301570_19393965.jpg


やはりこの時期座禅草の渋さに対抗できるのはこのチョウか。

ミヤマセセリ

b0301570_19411390.jpg


展翅の姿は周りの色と同化し、渋いより生き物の知恵でしょうね。

b0301570_19413123.jpg


b0301570_19415351.jpg


チョウの写真は何れも3月22日のものでした。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-29 20:02 | ミヤマセセリ | Comments(16)

雪割草 

週の前半の寒さから一転、後半は気温が上がりました。今日は桜が一気に開きました。

こんなうららかな日が続くのは確かに嬉しいのですが、早春の花ももう少し楽しみたいものです。
載せるのは3月21日のもの。足助のカタクリの後は、民家の方が育てる雪割草。
ご挨拶に訪れた時、ちょうど出かけられる直前でしたが、持ち山に案内して頂けました。

人の居ない静かな場所にて、色とりどりの雪割草の花が咲き、気持ちも落ち着きました。

b0301570_20161547.jpg


b0301570_20255100.jpg


b0301570_2031928.jpg


b0301570_2034069.jpg


b0301570_2042745.jpg


b0301570_2044527.jpg


見終わった後、迎えてくれたのはルリシジミ。
見慣れたチョウですが、雪割草の余韻を保つにふさわしい翅色でした。

b0301570_20132490.jpg


b0301570_20140100.jpg

[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-28 20:14 | 野草 | Comments(20)

スプリングエフェメラル カタクリ

3月21日、出かけたのは足助町。香嵐渓の飯盛山でカタクリが見頃を迎えていた。
私自身はここのカタクリとは5年ぶりとなる。

山の斜面に一面のカタクリは見事であった。

b0301570_525229.jpg


ちょうど斜面に日が差し込む時間帯。斜面に沿った道より見上げると、朝露と逆光の組み合わせとなった。

b0301570_5301783.jpg



b0301570_5304515.jpg



b0301570_5423550.jpg


何枚も撮影したのですが、たくさんの花が咲きすぎると、写真も花でごちゃごちゃしてしまい難しいものだ。
数ある花からこの花を撮ろうと選ぶのが大変なくらいの花の数でした。

b0301570_5352934.jpg



3月22日、静岡県西部。
ギフチョウが目的でしたが、たくさんのコツバメにも会えました。

b0301570_5372234.jpg


翅を擦り擦りし、僅かに見える表翅。もっと表翅を見るには飛翔写真しかないのだが、これが毎年撮れずにいる。

b0301570_5383866.jpg


スプリングエフェメラル。贅沢な2日間が過ごせた。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-25 05:58 | 野草 | Comments(18)

馬酔木にて チョウのスプリングエフェメラルの始まり

この土日は、ぽかぽか陽気に恵まれました。

色々な写真を撮りましたが、
何だかんだで、土日とも馬酔木(アセビ)との付き合いが多くなりました。

3月21日 足助にて
b0301570_1920393.jpg


こんな綺麗なアセビにチョウは来ないのかと思っていると、今年初見のコツバメに会いました。
花も背景も抜群だったのですが、翅が黒くなってしまいました。残念。
フラッシュを使わないとあかんようです。

b0301570_19472796.jpg


3月22日、気分を払拭したく出かけたのは静岡県西部。そう、ギフチョウに今年も会いたくて。

数は少なかったのですが、いましたよ。
まずは日の丸のような大きな画像で、今シーズンも(は?)大きな蝶運に恵まれますようにっと!

b0301570_19515716.jpg


冬の間の運動不足の解消をと、蝶友と付近を歩き、ちょうどアセビの前に到着すると。。

b0301570_19535429.jpg


上を仰ぐ姿は気持ちが良いので、上の写真のトリミング画像。

b0301570_19543916.jpg


スプリングエフェメラル。
この土日の写真、あと2回載せたく思います。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-22 20:19 | ギフチョウ | Comments(18)

土筆

土筆、
春になると、ついチョウばかり追ってしまい、土筆の写真を撮ることが無かった。

b0301570_2134292.jpg


今回撮れたのも、実はキタテハが飛んで止まった近くにたまたま土筆があったわけでして。。

b0301570_21362672.jpg


まあ、この組み合わせも春らしくて良いのかな。

b0301570_21373151.jpg


ギフチョウが発生したとの情報が飛び込む季節となりました。
そろそろ出かけたく思います。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-21 21:47 | キタテハ | Comments(12)

裏高尾にて

昨年の12月、都内でふと立ち寄った写真展。
高尾の野草のいきいきとした姿が印象に残っていました。

3月15日、朝起きると晴れの天気。急遽諏訪の実家から遠回りして裏高尾に寄ってみました。

この日は高尾は梅祭りで、たくさんの人が来ていました。まだ梅は来週が見頃のようです。

b0301570_21332433.jpg


どうしても見たかったのがハナネコノメ。
写真展で見た花びらの白さと赤い蘂の姿を実際に見てみました。

5mmあるかどうかの大きさの花でした。

b0301570_5264378.jpg


マクロレンズのファインダー越しで見ると、この花のもつ清さや可愛さにジーンと来ます。

b0301570_21351444.jpg


ちょっとだけ日が射して、花びらの白さにも表情が感じられました。

b0301570_21362994.jpg


b0301570_21372772.jpg


こちらはまだ咲かぬネコノメソウでしょうか?

b0301570_21384846.jpg


ハナネコノメの近くにこんな質素な花も。コチャルメルソウのようです。

b0301570_2138428.jpg


b0301570_21382850.jpg


こちらはユリワサビでしょうか?
b0301570_21391669.jpg


まだ俯き加減の花、アズマイチゲかな?

b0301570_21394624.jpg


こんな時、コンデジは便利です。下から見上げて花を写せます。

b0301570_21401184.jpg


三河へ帰るため、滞在時間は1時間半でしたが楽しめました。
今度はゆっくり歩きたい場所でした。
チョウの季節も行ってみたいですね。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-18 05:43 | 野草 | Comments(20)

梅に...

いつもの年と同じように、いきものふれあいの里はサンシュユの花が咲く時期を迎えた。
梅も花を咲かせ、いよいよ春を迎えたなと感じた3月8日の写真です。

b0301570_16335633.jpg


梅に鶯とは言うものの、実際は鶯ではなくメジロのようだ。
私も初めてそんな風景を撮りたくてメジロを狙ってみたが、素早しっこくて上手く撮れなかった。

b0301570_16345647.jpg



梅の時期はチョウが少なく、なかなか花には止まらない。
でも今年は何とか撮りたいものですねと、市内の別の場所に行きました。

テングチョウが来てくれました。

b0301570_1638144.jpg


越冬明けの吸蜜です。長く寒い冬を耐え、お疲れ様です。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-15 17:08 | テングチョウ | Comments(16)

春それぞれ ベニシジミ

暖かい日が一転、冬の寒さに逆戻りです。
3月10日、愛知県は雪が舞い、うっすらと積もりました。

会社の同期との飲み会を終え、家に着いた時にiphoneで写真を撮りました。
椿の花に雪、特別珍しくはないのでしょうが、
春を迎えて、散る前の花びらに雪化粧。なんとも別れや出会いの季節を象徴するような、なごり雪です。

b0301570_22282296.jpg


暖かな日曜日に飛び出した新生蝶には、この雪は早試練ですよね。

日曜日、モンシロチョウを見つける前の時間帯、今年の新生蝶との最初の出会いはベニシジミでした。
このチョウ、翅がちぎれていました。

b0301570_22324156.jpg


気の毒にと思う間もなく、このチョウは飛びました。
しかも、いきものふれあいの里、ネイチャーセンターの屋根を越えます。
ベニシジミがこんなに高く飛ぶんだと、気付かされました。

止まった先は菜の花です。
ミツバチの中に割り込むたくましさ。不憫さなんてまったく感じさせない元気さに、ほっとします。

b0301570_22371398.jpg


方や、羽化したばかりと思われる雄と雌の姿。もうちょっと独身を楽しんでからでもと思うのは人間の勝手な考え方ですかね。

b0301570_22413360.jpg


春をそれぞれ、逞しく生きて欲しいものですが、やはり昨日今日は寒すぎます。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-11 22:56 | ベニシジミ | Comments(18)

もんしろ便り 2015

三寒四温の温の日と休日が重ならず、やきもきしていました。
先週の日曜日はフキノトウを見に行って、少しは春らしい気分を味わいながらもやはり寒さを感じていました。

b0301570_19352962.jpg


3月8日。愛知県は最高気温18℃まで上がるの予報の下、今日は絶対チョウが見られる日でしょう、と近くを散策しました。

過去の経験でも、この日前後にモンシロチョウが出るはずです。極力市内でも暖かな場所の菜の花畑を探しました。
午後も1時近くになって、出ましたよ。おそらく羽化したばかりなのでしょう。それほど飛びません。
葉に止まり、モデルさんになってくれました。ありがとね。

b0301570_19432570.jpg



b0301570_1952030.jpg



今年購入したオリンパスのTG-3、広角写真も今年は少しは載せますね。

b0301570_19423376.jpg



うららかを超えて少し汗ばむ陽気でした。
ここ数日後また寒の戻りがあるとか、モンシロチョウ頑張れ!
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-08 20:05 | モンシロチョウ | Comments(18)

三寒四温

3月に入りました。
寒い日と暖かい日が繰り返されるようになりましたが、今日は雨予想。
ゆっくりと家でくつろぐ一日になればと思います。

曇り空にスイセン。先週の日曜日に撮ったものです。毎年この時期はこの花を撮ることが多いのですが、
私は下から見上げるように撮るのが比較的多い。
ナルシストが人見知りするようにレンズから視線をそらしているように感じます。

b0301570_7264424.jpg



菜の花畑では、たくさんのミツバチ達がせっせと花粉を集めていました。
昆虫達の始動も始まったようです。

b0301570_7261562.jpg


載せるチョウは2014年秋のもの。
ミヤマシジミといえばコマツナギ、クロツバメシジミといえばツメレンゲの組み合わせが欲しいところですが
違う花との組み合わせも絵になりますね。

b0301570_7312090.jpg


各地でチョウの便りが届くようになりました。
私も来週あたりは見つけに行きたいところです。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2015-03-01 07:43 | 2014年セレクト | Comments(18)