<   2017年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ギフチョウの鱗粉は・・

ふれあいの里で冬の間ずっと花を咲かせていたのはナズナ。
ふとマクロレンズで写してみるとこれがなんとも美しかった。

花束をそっとプレゼントしてもらったような気持ちになった。




b0301570_22401147.jpg


ぺんぺん草なんて呼ばれている雑草も、拡大してみると知らなかった世界が見えてくる。そう気付かされた冬でした。


チョウだって同じ。

「綺麗な翅」という表現はよく使われていても、その翅を拡大してみる機会は少ない。
だから「綺麗な鱗粉だね」なんて会話はチョウ友との間でも無い。


我が家には娘が児童期にチョウに興味を持った時期があり、家族で作った標本がある。
年を経て、朽ちた翅が出ると電子顕微鏡にて極力観察するようにしています。

私的には日の目を見ることがなかったチョウ達の翅を、ブログにて紹介することがせめてもの供養だと思っています。

昨年の夏のことではありますが、ある機関にて電子顕微鏡(SEM)をお借りして、新たに3種類のチョウを観察しました。
機会があれば載せたいと思っていましたが今回はそのうちのひとつを載せます。
ブログにするのはこれで3回目。
(過去の2回は鱗粉観察のカテゴリーにて載せています)




ギフチョウ

翅も綺麗だけど、鱗粉の形が印象的だった。
200倍の世界。鱗粉の幅は0.1mm程度です。
丸みを帯びた形が今までみたチョウと比較して可愛らしかった。ほら、画像を逆さにするとチューリップみたいでしょう。



b0301570_22410058.png





ちなみに裏翅をレーザ顕微鏡で観察するとこんなチューリップが並んだ。




b0301570_19421935.jpg






拡大していきます。倍率1000倍の世界です。
一つの鱗粉に入る縦の筋、これをリッジと呼ぶのですが、
チョウの鱗粉に共通して存在するので、私自身、この部分にどんな機能があるのか色々と調べようとしているのですよ。




b0301570_22410972.png



倍率3000倍の世界。リッジの間隔はおおよそ3μm程度。髪の毛の太さの30分の1位ですね。
リッジの間に網目模様。この網目の下に色素があるのか。



b0301570_22412035.png




何億年という環境の変化に応じて進化してきた昆虫達。
そこには生き抜いてきた合理的な機能が有って、今やものづくりにも着目されている。
また、デザインでも生物模倣が着目されている。


この水を弾く商品のデザインはギフチョウの鱗粉から・・なんて事もこれから先あるのかも知れない。






それにしてもギフチョウが里山に飛ぶ春が待ち焦がれます。





(2015年4月画像 再掲)

b0301570_17385769.jpg









[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-02-20 19:20 | 鱗粉観察 | Comments(14)

凍てつく寒さ 新生チョウはまだ見られない

立春も過ぎましたが先週半ばより寒波が続き、ここ三河は雪も舞いました。

2月11日
夜中に降った雪が一度溶け、明け方の冷え込みにて凍ったのでしょうか。
植物の葉の付け根には氷が乗っていました。



b0301570_12101263.jpg




オオイヌノフグリの花もこの寒さの中、花開かずに氷に冷やされていました。




b0301570_12103172.jpg



西尾市のいきものふれあいの里、この寒さではチョウは舞いません。

そういえば、昨シーズンは新生モンキチョウを冬の間に3回確認してます。
(昨シーズン画像再掲)



b0301570_07495765.jpg


ちょうど一年前の今日、新生モンキチョウが見られた理由を気温から推測しブログにしていました。今年見られないことを、昨年の推測より検証しておこう。
http://miyakouta.exblog.jp/25359176/

昨年示したグラフに今シーズンの気温を破線で加えてみました。




b0301570_12110824.png

私の推測は
「11月に9℃を超える日が続くと、卵から幼虫や蛹へと成長を続ける。
12月以降に数日続く暖かな日があると、一部は羽化し、真冬でも新生モンキチョウは見られる。」でした。



うーん、当たっていたどうか、明確なことを言うレベルには無いですね。でも、11月10日以降の気温を確認すると、昨シーズンは9℃を上回る日が2週間も続いているのに対し、今シーズンは少なく変動も大きい。

12月の第2週、昨シーズンは異常に暖かかった事がよく分かります。
今期の最高気温より前期の最低気温は上回る日が続いた。
昨シーズンの記録的な暖冬とはこの時期を指すのだろう。

食草に関しては、観察の限りではシロツメグサは昨年とあまり変わらないのですが、カラスノエンドウは昨年のほうが青々として多かったように思います。
いきものふれあいの里のモンキチョウの食草は、カラスノエンドウが主なのかな。
引き続きもっとしっかり確認して行きたく思います。


この日、寒い中我が家の敷地にテングチョウが飛んだ。
庭の畑に止まったはずだが綿密に探しても見つからなかった。側溝の蓋の下にでも隠れたのかな?

まだまだ新生チョウを見るのは先のことか・・ブログの更新も難しいシーズンです。








[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-02-14 19:52 | モンキチョウ | Comments(12)

立春  ふきのとう

寒い日が続きます。気温が高めの日も北風が冷たく感じる三河です。

2月4日。立春。

のんびりと立春らしい植物を撮ろうと豊橋の公園に行きました。
あわよくば、ムラサキシジミも飛び出さないかなと思ったのですが、
風が強くて出ませんでした。


梅も花を咲かせていました。
花の撮影には少し晴れすぎました。

普段チョウと野草用に持ち歩いているマクロレンズと
300mmの望遠レンズですと、
結局梅を撮影すると木のごく一部になってしまいます。



b0301570_05395387.jpg




紅梅と白梅を背景に入れても、なにかごちゃごちゃとなります。

梅の撮影って難しいものです。



b0301570_20104354.jpg






あっさりとした背景を撮ったほうが、自分らしいようです。



b0301570_05401973.jpg



この日撮りたかったのはふきのとう



b0301570_19085590.jpg




b0301570_19090438.jpg






b0301570_19091634.jpg







ふきのとうをマクロレンズらしい画像にしたいなと
かねがね思っていたのでした。



b0301570_19093874.jpg






帰り道、走らす車の中よりチョウが一頭飛ぶのを見た。


でも寒い日が続きそうです。

チョウのシーズンまで、まだ辛抱です。






[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-02-08 21:47 | 野草 | Comments(16)

節分草 2017

2月に入りました。
先週末の暖かさはどこへやら・・、平年並みの気温なのに寒く感じてしまいます。

明日は節分。
とのことで、載せるのはセツブンソウ。

と言っても、撮影したのは大寒二日後の1月22日のこと。
前ブログのキタキチョウを飛ばしてしまった日の朝の時間帯である。


まだほとんどが蕾。僅かに花開いた数輪がそっと佇む。

寒い日であった。花も下向きに咲いていた。

何とか顔を見せてよと、這いつくばっての撮影。



b0301570_20292280.jpg




毎年、似たような画像になってしまう。


b0301570_20272218.jpg




もっと沢山咲いていればと思いながら、まもなく咲くであろう蕾も撮影。



b0301570_20275391.jpg

今頃は沢山咲いていることでしょう。




もう少し近づいて・・


b0301570_20282167.jpg



・・・・・・








ネコヤナギもそろそろ花穂の時期を迎えそうだ。




b0301570_20285131.jpg



これから先、春の足音を感じながら散策したいものです。










[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-02-02 20:25 | 野草 | Comments(12)