白いコマクサの花 高山のツバメシジミ

タカネヒカゲ発生の時期、八ヶ岳では色々な花が咲く。



高山植物の女王コマクサ。

以前見た大雪山系のコマクサよりも、八ヶ岳のコマクサは小さく、花の色が淡いものが多かった。




b0301570_05424172.jpg






岩場を選ぶように咲く風情には、他の植物との同居を許さない誇りを感じます。

でも実際近づいて見れば花の形はハートに近いのです。女王は可憐だ。




b0301570_22512654.jpg






b0301570_05424791.jpg










白いコマクサの花に出会えた。白い女王は清楚、清楚!





b0301570_05430431.jpg










b0301570_05430955.jpg







コマクサを眺めていたら一頭のシジミチョウが止まりました。


えっ、ツバメシジミ。標高は2600m。こんな高山にいるんだ。
メスの表翅の褐色が新鮮だった。高山の小さな姫だ!

ここでの食草はなんなのだろう。それらしいマメ科の植物には気が付かなかった。




b0301570_19053560.jpg




調べて見るとこのチョウは標高差での適応能力も高いらしい。標高2000mの記録はあるようです。
そうすると2600mはかなり貴重なデータなのかもしれない。

ほかにもスジグロシロチョウとミドリヒョウモンは飛んでいた。





チシマギキョウの紫色が鮮やかだった。

歩き疲れた中、この色に出会えると不思議と眼が冴えた。



b0301570_05442477.jpg






b0301570_05442916.jpg




b0301570_05443464.jpg







ミヤマダイコンソウの鮮やかな黄色は元気をくれた。



b0301570_05445127.jpg





この花は見逃すところでした。コバノココメグサ。

高山でこんな園芸種的な色をした花があるのですね。



b0301570_19063367.jpg




山に登るのにカメラやレンズは重く、300mmしか持って行けなかった。
マクロレンズで撮れなかったのは残念だった。


それでも、
あなうれし、高山の植物は心に沁みた。










[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2017-08-03 20:28 | 野草 | Comments(12)

八ヶ岳 タカネヒカゲ

この夏、登山靴を買った。

最初にこの靴で山に登った時は、爪が黒くなり皮が剥がれた。
その時はもう懲り懲りだと思ったけれど、
不思議と物置行きとする気にはならなかった。


もう一回登ってそして会いたい。





高山ならではの植生。
ハイマツが一面に広がり、
時々ハクサンシャクナゲが顔を覗かせる場所を歩く。








b0301570_18531469.jpg





やはり自分の心の片隅に
このチョウに会いたいという気持ちが強かったのでしょう。



タカネヒカゲ

標高2500m以上の高山に生息。
成虫になるまで3年もの期間をようすr。


高山チョウを愛した田淵行男はこのチョウをハイマツ仙人と呼んだ。


八ヶ岳亜種は絶滅危惧Ⅰ類のようだ。





会うのにそれほど時間はかからなかった。
でも、ちょっと飛んではハイマツに隠れるように止まった。


b0301570_05413366.jpg




なかなかチョウ自身が、全身を見せてくれない。


でもなんだろう、
このチョウは奥ゆかしく感じる。

ファインダー越しに見る姿は遠くの光景ばかりだけれども
翅色が思ったよりも穏やかで地味ながらも品があるのだ。



b0301570_05422585.jpg







僅かに翅を開き気味の姿。翅は薄いのか・・・



b0301570_05425801.jpg






突然近くの花にやって来た。

私自身予想もしないチョウの行動に見惚れるばかり。
シャッターチャンスを完全に逃したが、その分心にしっかりと焼きつけた。

この瞬間だけは仙人というより無邪気な子供のような仕草を感じた。



b0301570_05431673.jpg








もう少し体を起してくれたら言うこと無しだったんですけれど・・





b0301570_05430910.jpg









この花はハクサンイチゲだと後で知る。
黄色い蘂が何とも可愛い。




b0301570_05434109.jpg








ああ、山っていいよね。赤岳が清清しく感じた。




b0301570_05432885.jpg




また高山のチョウに会いたい。

彼らは地球の歴史を背負って飛んでいる。
そんな想いをチョウに重ねた。


7月21日





[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2017-07-30 17:32 | タカネヒカゲ | Comments(14)

嬉しかった! 故郷のコヒョウモンモドキ

毎年訪れている故郷諏訪の高原の事。

ここは日本チョウ類保全協会の2年前の会誌21号にて、鹿の影響でチョウが激減と写真入りで載った場所である。

チョウの名前はコヒョウモンモドキ。

確かにここ3年間ほど、ほとんど会えずにいた。


今年はと言うと、多かったです!
飛び交う姿がなんとも微笑ましく嬉しかった!!


イブキトラノオの花にて扇形に翅を広げた。

この時期ここではヨツバヒヨドリの花に止まる事が多いのですが、
今年はまだ咲いていなかった。
その分この花にて止まってくれたのだ。

白い花穂とこのチョウの表翅の彩りは憧れていた組み合わせ。




b0301570_05413711.jpg





求愛行動も見られた。見守ったが残念ながら実らなかった。



b0301570_20483836.jpg





b0301570_05415641.jpg





b0301570_05432171.jpg






翅を広げこの草原を満喫するかのような吸蜜でした。




b0301570_05433369.jpg



b0301570_05431583.jpg








たまにはマクロレンズのアップもいいでしょう。




b0301570_05433803.jpg




あらあら、焼きもちでしょうか、ヒョウモンチョウがコヒョウモンモドキを追っ払って同じ花に止まりましたよ。

あんた、最近ブログへの出番が多いでしょ。
ちょっとはコヒョウモンモドキを主役にさせてあげなさいよー



b0301570_05434464.jpg



鹿対策が実ったのでしょうか?
そういえばニッコウキスゲの花も今年は見事に高原を染めました。


いつまでも沢山のコひょうモンモドキが舞う故郷の高原であって欲しいものです。


7月16日








[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2017-07-26 21:42 | コヒョウモンモドキ | Comments(12)

梅雨明け空色 

草原の道を歩いていたら
私の周りを飛び始めたヒョウモンチョウ。

手を差し出したら向こうから乗ってきた。


ヒョウモンと言えば繊細なイメージなんだけれど
この子は妙にフレンドリーだった。

裏翅の薄黄色と淡い茶色の模様は美しいよね。




b0301570_16235171.jpg






いつも草の間を穏やかに飛ぶイメージのこのチョウ。
地面ばかりを見ないで
たまには青空と一緒に写してあげよう!



b0301570_16191516.jpg




b0301570_16185637.jpg



梅雨明け色の空だね。




画像:iphone







[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2017-07-22 18:41 | ヒョウモンチョウ | Comments(12)

高山の花と高原のチョウ3

「この花は何て言うんですか?」
「私も分からないんですよ」

登山道で花にレンズを向けていた時に、3人から問いかけがあった。


オサバグサ(筬葉草)
ケマンソウ亜科の多年草らしい。




b0301570_20170490.jpg








危惧される花だから見に行く。
それはそれで一つの目的なのでしょうが、

何も知らずに出会った花と向き会う喜び。
名も知らず咲く純白の花が、通る人を魅了する。

これだからこそ自然散策は止められないのだろう。






b0301570_20173382.jpg






b0301570_20181463.jpg



この日登山道でのチョウとの出会いは無かった。

唯一買ったばかりの登山靴にカミキリムシが止まった。


こんな高い場所でのカミキリムシ。
どうやらシラフヒゲナガカミキリと言うらしい。



b0301570_20191440.jpg





下り道で、小さなカタバミに出会った。 
ミヤマカタバミより花びらにピンクの線が入った小さな花。

コミヤマカタバミ




b0301570_20202552.jpg



新しい靴での登山道の練習は、体には堪えたが、
花との出会いは嬉しかった。






次の日の高原。

「このチョウはなんて言うんですか?」
「ああ、ウラジャノメって言うんですよ、ここら辺では不思議と多いんですよ」





b0301570_20220904.jpg





b0301570_20224038.jpg





b0301570_20233978.jpg




b0301570_20240936.jpg





集団で止まるチョウの姿を、通った人はどう感じたのだろうか。




7月8,9日 諏訪地方








[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2017-07-18 21:12 | 野草 | Comments(10)