ルーミスブルー

11月16日。前々からこの日を今年最後の遠出の散策にしようと決めていました。
向った先は房総半島。一年振りです。

アクアラインの海ほたるから風の塔を眺め、渋滞からのストレスを少し和らげました。

b0301570_4274043.jpg


それにしてもわざわざ房総まで行かなくてもと思うわけですが、行く理由はやはりルーミスシジミ。
紀伊半島で雨のルーミスを見て、裏翅の気品に引き込まれたのですが、翅を広げる姿も見たいとの思いが強く出かけました。

この日は朝は寒かったものの最高気温の予想は17℃。小春日和です。見つかれば翅を広げる可能性が高いです。

現地に到着したのが9時半。すこし寒く、なかなか飛び出しませんでしたが、10時半も過ぎると下に降りてくれました。
翅を開いたルーミスシジミ。ムラサキシジミと異なり水色に近いブルーです。

b0301570_4473124.jpg


b0301570_4372239.jpg


b0301570_4381646.jpg


今までとは違う場面も同好の方が見つけてくれました。次回載せたく思います。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-11-17 04:52 | ルーミスシジミ | Comments(24)

晩秋のベニシジミ

だいぶ冷え込み、晩秋だと実感する今日この頃です。
なかなか良い天気と自分の都合が合わず、ちょっと散策に出かける機会が少なくなっています。

11月4日。久し振りに西尾いきものふれあいの里に出かけました。
静かな秋の光景です。

b0301570_6323981.jpg


カラスウリも色づきました。

b0301570_6344291.jpg


この日、撮影したチョウはベニシジミ、低温期に入り、表翅のオレンジが鮮やかでした。
夏の精悍な黒い表翅も良いけれど、光によって表翅の付け根が黄色から金色っぽく見える、低温期が私は好きです。

時期はずれに咲く蕎麦の葉に止まりました。

b0301570_6391420.jpg


さて、今年もあと何回チョウに会えるでしょうか。土日が晴れて欲しいものです。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-11-10 06:45 | ベニシジミ | Comments(20)

サツマの白さ

10月27日に南伊勢町にてサツマシジミが翅を開く姿を撮りました。
いつもならその年にもう一度追うことは無いのですが、日に日に物足り無い気持ちが強くなりました。まだ白い翅を上手く表現できていないのですね。

そこで11月2日、思い切って南紀まで同好の方と行きました。南紀はサツマシジミの多い場所。ここで見つからなかったら諦めも着くでしょう。

このチョウの翅の白さを表現することは、私にとって鬼門なのかもしれません。
翅の痛みが早いから、できるだけ綺麗な個体の多い時期に会いたい。
しかし綺麗な個体に会っても、撮る写真は白がつぶれたり、灰色になってしまうことが多い。
昨年、あれほどたくさん居たのに白がつぶれた写真が多かったことを思い出しました。

現地に着いてだいぶ時間が経ってから、同行の方が数頭集まる場所を見つけてくれました。
翅の痛みが少ないメスとの、ファインダー越しの会話が続きました。

順光での翅。支脈に沿って皺が立体的に見えます。

b0301570_21571832.jpg


コセンダングサの花びらの白さとは質が違いながらも合います。
b0301570_2224151.jpg


やや逆光気味で翅を透かしました。
b0301570_2231213.jpg


今年はこれで精一杯です。また来年チャレンジしたく思います。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-11-05 04:52 | サツマシジミ | Comments(20)

ヤクシマルリシジミ 翅を透かして

この秋、ヤクシマルリシジミをブログに載せるのは3回目。

10月27日、南伊勢町でサツマシジミを探している間に出会いました。
今回は逆光でちょっと透かした翅です。外縁が白く輝いて見えることが魅力なのでしょうかね。

雌の透かし翅。
b0301570_153410.jpg


こちらは雄。
b0301570_214037.jpg


この週末、柔らかな光を感じる心地良い天気に恵まれることを期待します。
来週から冷たい風が吹くとのことで、今日(2日)がチャンスと出かけます。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-11-02 02:17 | ヤクシマルリシジミ | Comments(20)

翅を半開 サツマシジミ

10月27日、久し振りに朝から晴れました。
この秋まだ見ていなかったサツマシジミに会いに、南伊勢町へと出かけました。
ちょっと小高い場所からの撮影。景色も晴れるとやはり気分が違ってきます。

b0301570_4113353.jpg


昨年はたくさんいたのに、今年はなかなか見つけられず、色々な場所を探しました。
セイタカアワダチソウは台風のせいか傷んでいて、センダングサはまだこれから花が開く状態でした。
花の状態もずいぶん去年とは異なっています。
サツマシジミの数少ないのか、それとも発生が遅れているのか、どちらなんでしょうね?

何とか3頭見つけ、2頭がちょっと翅を開きました。

b0301570_427454.jpg


b0301570_428198.jpg


少し寒かったのでしょうか、花に止まり吸蜜する姿は見られませんでしたが、
暖を求めて半開して行く表翅の美しさに惹きこまれました。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-10-29 05:09 | サツマシジミ | Comments(26)