南信スケッチ

先週末は各地でギフチョウが見られ、色々な場所のギフチョウの写真がブロ友さんから届いています。
皆さん風土を活かしたブログがすばらしいですね。

4月13日、私は、チョウ友ご夫妻と南信州にご一緒させていただきました。
新車での送り迎え付き。ゆったりしたチョウ行をプレゼントして頂きまして、ありがとうございました。

南信州の桜の美しい日でした。写真好きでしたら景色もたくさん撮りたいだろうな。
なんか見るもの皆、スケッチブックを眺めているような気持ちになりましたよ。

望遠しか持っていませんでしたので、枝垂桜も一部ですが綺麗でした。
b0301570_624274.jpg


土手の上のヒメオドリコソウを撮ると、ほんと踊り子が並んでいるように感じます。
b0301570_641826.jpg


フキノトウもだいぶ背丈が伸びていましたが、花としては一番良い時期ではないかと思いました。
b0301570_623818.jpg


さて、今回の目的はギフチョウが桜に止まるシーンを撮りたい。これに絞りました。
日差しが弱かったせいかなかなか飛ばずヤキモキしましたが、
11時53分、飛んできたギフチョウがピタっと翅を広げて止まりました。
b0301570_6133255.jpg


b0301570_6135837.jpg


12時8分、もう一度来ました。5秒ほどの時間でしたが、運良く写っていました。
b0301570_6153284.jpg


どの写真もスケッチブックに残したくなるようなシーンですよね。
今度は、もっと近くに止まって、トリミングも無く、バシッとギフチョウの色もはっきり分かるシーンがいいですねー。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2014-04-16 05:45 | ギフチョウ | Comments(16)

キブシに渋き

4月12日。久し振りに週末に良い天気となりました。
しばらくギフチョウを追いましたので、昨日は一時中断して、昨年撮るタイミングを逃したチョウを追うことにしました。

スギタニルリシジミ。
とにかく地味な裏翅で、なかなか表翅を開かない。翅の渋いこのチョウを撮っておきたくなりました。

まだキブシが咲いています。こんな花に止まるイメージを持って待ちました。

b0301570_20491378.jpg


10時前から飛ぶ姿は有るのですがすぐ見失ってしまいます。
この時間帯はコツバメを撮りながら待っていました。

b0301570_20495824.jpg


11時過ぎてもなかなか止まりません。止まっても敏感ですぐに逃げてしまいます。
ようやく11時半を超えた頃より、眼が慣れたのか撮影出来ました。

b0301570_20505894.jpg


ウリカエデの花に止まり、吸蜜です。


b0301570_20543755.jpg


b0301570_20552888.jpg


キブシにも止まり吸蜜しました。
どうも翅が渋いせいか、持っていたイメージとは異なり見栄えがしないものですね。
b0301570_20555318.jpg


枯葉との組み合わせがむしろ渋さを活かしているようにも感じます。

b0301570_20565467.jpg


春にしか発生しないこのチョウも何とか今年は撮れました。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2014-04-13 05:01 | スギタニルリシジミ | Comments(14)

カタクリの里

平日は晴れて暖かく、週末が寒い・・
こんな状況が続くと、今年はチョウとの出会いに恵まれないのでは、と思ってしまう。
いや、まだチョウのシーズンは始まったばかり、きっといいこともあるさ。

4月6日(日)。前日の夜から冷たい雨が降り、この日の最高気温の予想は12℃。
チョウの写真は撮れなくても、せめてカタクリの花でもと向かった先は隣県、岐阜県でした。

10時に着くも、まだ10℃には届かず。花も閉じて雨露に濡れた状態でした。
b0301570_5414879.jpg


カタクリとギフチョウ。チョウに興味がなくても写真の被写体としては素晴らしいのでしょう。
立派なカメラを持った方が何人も待っています。

私はチョウの写真を始めて、これから4年目が始まる。しかし、カタクリとギフチョウの組み合わせを目的としたことは不思議と無かった。
カタクリとギフチョウの保護地は人が多いだろうとの気持ちも有ったためだと思う。

カタクリの花は残念ながらだいぶ傷んでいました。
11時になった頃です。ようやく飛び出しました。この寒さの中、よく飛んだな。

b0301570_5433989.jpg


時間が経つにつれ、少し数も増えます。寒いので、飛んでもすぐに草の中に潜りました。

いつものように枯葉に止まった写真。別にこの光景を求めて来たわけでもないのですが、
撮れただけでもちょっと安堵です。

b0301570_5455527.jpg


12時も回った頃、一角で声が上がりました。行ってみるとカタクリの花にギフチョウが止まっています。
しかも歩道のすぐ脇ですから、このモデルさん、カメラを持つ方から一斉にレンズを向けられています。

まだ羽化したばかりなのでしょうか、吸蜜はせずに花びらにしがみついた格好です。

b0301570_5473092.jpg


b0301570_5463545.jpg


別のカタクリにも移動しました。

b0301570_5493024.jpg


b0301570_548573.jpg


イメージしていたカタクリにぶら下がりながら吸蜜する姿ではないけれども、私にしては上出来でしょう。
カタクリもちょっとはこんな私を笑ってくれているようです。
b0301570_5495344.jpg


それにしても週末の天気、良くなりませんかねー。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2014-04-09 05:47 | ギフチョウ | Comments(22)

スイセンにギフチョウ

4月5日。
平日のポカポカ陽気から一転して寒の戻り。どうも風邪気味です。
家で静かにしているほうが無難かと思いながらも、近くならそうそう悪化はしないだろうと、向かったのはK湿地でした。

4月1日の午前中には咲いていなかった、上の場所のコバノミツバツツジが花を咲かせ、鮮やかな色が気分を高めます。

b0301570_34735.jpg


湿地のハルリンドウの澄んだ青さも心地良いです。

b0301570_3495763.jpg


この日の予想気温は13℃。寒の戻りの中ギフチョウが見られるか心配でしたが、7頭ほど見かけました。
気温が上がらなかったので活発には飛ばず、飛んでもすぐに地面に止まってしまう場面が多かったです。

b0301570_3513054.jpg


b0301570_352830.jpg


なかなか花に止まらない中、お昼過ぎに一頭がスイセンに来ました。
スイセンとの組み合わせは期待していませんでしたが、私自身は今回で2回目です。

b0301570_356252.jpg


ナルシストへ女神がキスです。
b0301570_3573443.jpg


ギフチョウも絵になるシーンを求めて、また出かけそうです。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2014-04-06 04:24 | ギフチョウ | Comments(18)

ユキヤナギ 真白く

新年度に入りました。
昨日(4月1日)は、ぽっかりと午前中のみ仕事のスケジュールに空きが出来ましたので有休を取得しました。
この流れだと、もう何処に向かったか分かってしまうようなものですね(笑)

早起きだけを取り柄としている私は、まずは西尾市の歴史公園で写真を撮りました。
桜を撮りたいところだったのですが、レンズを蝶仕様にしているので、桜が沢山写る広角写真は駄目です。

この時期、桜も良いのですが、ここのユキヤナギは見ごたえがあります。

b0301570_4155254.jpg


桜にメジロが来ました。

b0301570_4165840.jpg


さてK湿地。風もなく、気温も上がり絶好のチョウ日和だったのですが、
私が見かけたギフチョウは3頭でした。これからたくさん出るでしょう。

見つけるまではコツバメと遊びました。
b0301570_4202427.jpg


ギフチョウの写真は?
残念ながらこの程度しか撮れませんでした。
b0301570_4281849.jpg


せめて拡大写真で、眼の魅力を。

b0301570_434455.jpg



現地でお会いしたハゲノヤセウマさんが綺麗に撮られていましたので、近くブログに載ると思います。
また、この後訪れるチョウ友さんが、綺麗な写真を載せられることに期待して、
私は後日また訪れたいです。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2014-04-02 04:49 | コツバメ | Comments(20)