先輩方の写真展とヤクシマルリシジミ

今週末(10月26日)は、同好の諸先輩方の写真展を見に豊橋に行きました。

b0301570_1819329.jpg


皆さんの写真が素晴らしくて、長く見入ってしまいました。ほんと、綺麗です。
当番役でいらっしゃった、蝶・旅の友さんと、長い時間チョウや写真のことでお話させていただきました。
楽しいひと時を有難うございました。

和やかな時間を過ごせたからでしょうか、午後には日差しが射しました。
久し振りに晴れた空を見た気がします。
暫く会えなかったヤクシマリリシジミを見たく、豊橋の動植物公園へ行きました。

オスが綺麗な青色の表翅を見せてくれました。

b0301570_1833251.jpg


10月もいよいよ終盤。
秋風が少し冷たく感じる午後でした。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-10-26 18:40 | ヤクシマルリシジミ | Comments(16)

雨のルーミス

このチョウを見に行こうとすると、車で片道5時間の距離となる。現地で見られるのはいいところ3時間位。

ルーミスシジミ、このチョウを見に行くと決める時は、衝動にかられてて決めることが多い。
何が魅力的と言われてもうまく答えられない。行って必ず見られる訳でもない。

行くことを決めた前々日の天気予報は晴れであったが、当日になると雨予想。
10月19日。ほぼ見ることは絶望的と思いながらも、同行者から中止の声は出ない。

現地は雨が止んだり降ったりの状況でした。そんな中、同行の方が見つけてくれました。

雨の中のルーミスを初めて見ました。葉が雨で光り、葉先に滴が溜まりました。

b0301570_4375251.jpg


b0301570_4384076.jpg


b0301570_44324.jpg


地味な裏翅ながら、微妙に斑紋を浮き上がらせるような鱗粉の並び方があるのでしょうか。
撮った写真を何回も拡大しては、同行の方に絨毯のようだと呟いていました。

b0301570_4475823.jpg


こんなルーミスにはなかなか出会えないかも知れませんが、やはり晴れの天気の中見に行きたいですね。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-10-23 05:01 | ルーミスシジミ | Comments(14)

信州から紀州へ

チョウの散策の楽しみは、その土地毎の風景や気候を感じながら撮影ができることかな。
先週の小布施から今週は紀州へと訪れました。それぞれでの写真を並べて載せてみました。

13日、信州小布施の街の周りは林檎が実ります。
b0301570_5152542.jpg


リンゴの木にモンシロチョウ。葉に止まる姿になにかホッっとするものがあります。
三河では見られない光景にちょっと北信州への憧れを感じました。
b0301570_5213330.jpg


19日、ここは太陽の輝く紀州。。
のはずでしたが雨が振ったり止んだりの、あいにくの天気でした。
先週紀州を訪れたばかりの愛知県のチョウ友さんが、有り難いことに私を案内してくれました。
ほんとチョウが好きなのですね。(笑)

信州を訪れた時よりむしろ寒い気温でしたが、クロマダラソテツシジミに会えました。
b0301570_5505153.jpg


b0301570_5313462.jpg


b0301570_532828.jpg


b0301570_5322784.jpg


やはり、南国らしいシジミチョウですね。石垣島に何回も行っている同行の方曰く、
ウラナミシジミと同じ位の大きいクロマダラソテツシジミが、沖縄にはもっとたくさんいるとか。

日本は広く、まだ見たこと無いチョウと、その場所の光景への憧れが広がった2週間でした。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-10-20 05:56 | クロマダラソテツシジミ | Comments(24)

小布施にてツマグロヒョウモン

 10月13日。この日は秋空も爽やかに、チョウの観察には絶好の日でした。が、私は家内との約束にて、信州、小布施町に行きました。
 小布施と言えば栗の里、また葛飾北斎が晩年住んだ町。

b0301570_2112835.jpg


 多くの観光客で町が溢れる中、栗の小径は小さいながら静かな空間で、安らぎを感じました。
b0301570_2163639.jpg


 豪農商、高井鴻山記念館の庭にはホトトギスが今が盛りです。
b0301570_21101561.jpg


 この町にはツマグロヒョウモンがたくさんいました。三河よりはるかに多い数に、ちょっと驚きました。
信州北部も、今やツマグロヒョウモンが支配的なのですね。
b0301570_21482213.jpg


 鴻山記念館の庭で一頭の雄が葉に執着して止まろうとしていました。交尾をする2頭の邪魔をしていたようです。
b0301570_21174653.jpg


b0301570_21255298.jpg


 ツマグロヒョウモンの交尾は初めて見ましたが、裏翅が派手なせいかちょっと不気味さの混じる美とでも表現したくなります。 

 この後、北斎の八方睨み鳳凰図を見に行きましたが、色使いの見事さに感嘆です。
チョウばかりに気が行ってしまう私に、鳳凰は何かを訴えるかのような姿です。

 でも北斎が交尾するツマグロヒョウモンを見たら、この派手な翅をどう描いただろうかとも思いました。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-10-16 21:51 | 観光地とチョウ | Comments(10)

カバマダラ 南国への夢

 朝晩が急に涼しくなりました。
ちょっと暑かった真夏日の秋も、これで終わりかなと思います。

 真夏日のカバマダラ。風船唐綿に止まったり、優雅に飛ぶ姿にしばし時間を忘れました。
b0301570_1456575.jpg


b0301570_14574892.jpg


b0301570_1458223.jpg


b0301570_14585193.jpg


b0301570_1459181.jpg


 秋も深まり寒くなるにつれ、南国に行ってみたいと思う訳ですが、我が家の事情では残念ながらまだ先の夢の話のようです。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-10-14 15:11 | カバマダラ | Comments(20)