クロコムラサキ探し

 大きな台風が過ぎ去り、朝晩、爽やかな天気となりました。
 今日は中秋の名月。綺麗な月夜です。秋は一変に深まりそうです。

 あっというまに今週も週末に近づき、ブログに載せるタイミングを逸してしまいました。
 写真は台風が接近する日曜日のものです。

 LUFFYYさんからご連絡をいただき、地元にクロコムラサキを見つけに行きました。

 午前中にLUFFYYさんにお会いしコムラサキを眺めました。
こんな近くにもコムラサキが多い場所があったのだと知り、地元もきちんと歩いて探さねばと思いました。

 クロコムラサキの存在も分りましたが翅を広げるシーンが撮れませんでしたので、午後もう一度出かけました。
 なるほど、これがプチ酒場ですね。
b0301570_17445639.jpg


 
 この集団の中にクロコムラサキはいました。遠くからの撮影で大きくトリミングしています。
 ちょっとしたピンボケが大きな画像では目立ちます。前のブログでは誤魔化せたのにねぇ。
b0301570_1746035.jpg



 ここでのクロコムラサキの綺麗な写真は、LUFFYYさんやLapis-kさんのブログで取り上げていますので是非どうぞ。

 この日の午前の帰り際、まだ羽化したてと思われるコムラサキが綺麗な青紫の翅を魅せました。
 コムラサキの紫色は見る角度で変わることを知りながら、これほどまでに青さが際立つとは思いませんでした。

 砂地に口吻を落としながら、翅を開いたり閉じたりする様に、暫くカメラが釘付けです。
 翅を広げる角度により、一瞬きれいな青紫さを解き放ちます。自然光の干渉がもたらす美です。
 精密な厚さと緻密に並んだ鱗粉を持つ、チョウならではの技ですね。

 人も自然の創り上げたチョウの姿にときめきます。
b0301570_17472693.jpg


b0301570_17475144.jpg


b0301570_17482040.jpg


 LUFFYYさん、ありがとうございました。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-09-19 22:17 | コムラサキ | Comments(16)

おやじのチョウの観察日誌 華蝶の夢のはじまり

ファインダーを覗くとチョウの仕草に引き込まれることがある。
こんな時のチョウは、人の存在に気付きながらも花からの吸蜜や、大地からのミネラル吸収に夢中になっている。そんな夢中になっている姿に人間は感動を覚える。
感動は時間が経つにつれて安らぎに変わり、やがて時空を超えた思い出となる。
そんな思い出が蘇る時にふと思うことがある。

チョウも夢を見るのだろうか?

プロローグ編;おやじのチョウの観察日誌を前の住居に置き忘れたまま、乗り込んだ私の船は、このキャンパスに辿り着きました。
このキャンパスがチョウ達の安らぐ場所となりますようにと念じます。

 
b0301570_2105794.jpg


b0301570_1241226.jpg


新たなブログになり、チョウを通して感じるものを表現したいものです。

それにしても前のブログよりも大きな写真となり、綺麗に撮らないとまずいなあ。
[PR]
# by MIYAKOUTA5040 | 2013-09-17 05:59 | Comments(28)