人気ブログランキング | 話題のタグを見る

岩手発その28 厳寒の日々

寒い日が続く岩手です。

住む北上市の一日の平均気温は、
2月に入っても-2℃。(気象庁データ)
地元の人にとってはこの季節これが当たり前なのかもしれませんが
私にとっては厳寒。



人間も寒く感じますが、
ハクチョウやカモだってきっと寒いに違いない。


あれほど沢山いた池も、全面結氷となり、確認できたのは8羽。
他の仲間達は何処に行ってしまったのでしょう。





岩手発その28 厳寒の日々_b0301570_07555880.jpg











夏の間チョウの撮影をした公園を歩いてみる。

風により幹には偏って雪が積もる。

誰かの足跡・・
静かに時間が流れる。






岩手発その28 厳寒の日々_b0301570_07564545.jpg







雪色の世界だけでは少し寂しいと思う今日この頃。
それだけ雪を見てきた証拠なのでしょう。


暗がりに赤い実。ツルウメモドキだろうか?
嬉しい被写体だ。
雪を手前や背景で暈かしてみる。







岩手発その28 厳寒の日々_b0301570_07570479.jpg








少しだけ実の上に雪が付いていた。






岩手発その28 厳寒の日々_b0301570_07570899.jpg







別の場所では鳥も顔を出す。

ホオジロ







岩手発その28 厳寒の日々_b0301570_07554067.jpg







ベニマシコ

背景が白いのはこれまた雪。




岩手発その28 厳寒の日々_b0301570_07564101.jpg







チョウが見つからない世界。

別の物に興味を置く日々ですが、
何とか寒い冬を乗り切りたいと思います。







# by MIYAKOUTA5040 | 2023-02-05 17:00 | Comments(6)

岩手発その27 裂織に魅せられて

10年に一度の寒波、
住む北上市は雪が降り、1月25日は最高気温が-6℃。
東北の冬の厳しさを痛感致しました。

今回は自然写真も無くなり、
いつもと趣向の異なるブログとなります。

岩手への長期出張期間、通うようになったのは日帰り温泉、
と以前書きましたが
もう一つ、足繁く通うお店がございます。

花巻の はたや


岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08510919.jpg






何を取り扱っているかと言いますと、
裂織(さきおり)






岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08531449.jpg




裂織とは、古く着られなくなった衣類を細く裂いて、織り上げた布のこと。
その布を使った作品に私も魅せられたわけです。


「私も」と書いたのは、もっと熱心になっているのは私の家内。
私がお店に行き、愛知の家内と岩手の店主をビデオ通話で仲介して作品を入手している状況です。


きっかけは一冊の本。
家内が40年前、学生の頃に購入し、宝物のように大切にしていた本の中に
取り上げられていたのが店主の小田島さん。
記事の中では娘の修さんとなっている。






岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08505575.jpg





はたやにたどり着くまでにはこんな過程がありました。

家内が私の出張期間に岩手に初めて訪れた際、壊れた鞄の代わりを裂織で探しました。
お土産さんにて2個見付け、
1個は下を買いましたが
もう1個はその場で買うのを控えました。


岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_10032348.jpg





後日、家内に頼まれ私がもう一度お土産屋さんを訪れた時、買いたかった鞄は無く、
裂織の店を調べ訪れたのが「はたや」。

入った瞬間、目に入る作品の光景は、お土産屋とは全く別の世界。
織った布の質や色合いが異なる。
作品は、店の空気を品で包み込む。


その店主が小田島さんであり、
本の内容と一致していることに家内が後で気付いた。

再度家内は10月に岩手を訪れ、
40年前の本の記事を小田島さんにお見せし、
縁を感じて頂いた。

その後、私が仲介として通うようになっている。



布に景色が見えると家内は言い、
その布の内容や作品の内容を小田島さんが説明する。
このやりとりをビデオ通話で行っている



岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_10533910.jpg








この地域の裂織の内容を本で確認すると、実に歴史的な奥の深さがある。







岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_11042210.jpeg







40年の歳月により小田島さんご自身もご高齢となり、
さらに古着も手に入らない時代となったことより、
お店の後継者もいらっしゃらないとの事です。





岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08532243.jpg







そんな貴重な作品に私も魅せられている。

寂しい一人の岩手の生活も、
この裂織のコースターがあるだけで彩りが変わる。






岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_09295605.jpeg







家内が購入した数々の作品は載せきれないほどになった。
以下は家内から送られてきた画像が主となります。


小物入れの数々。






岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08532973.jpeg









布に絵が見えると言う鞄の作品。







岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08530786.jpeg







岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08382221.jpg







岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08382833.jpg








岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08383398.jpg














岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08392207.jpg










コースターも色取り取りを楽しんでいます。







岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08510131.jpg








床の間に花瓶を置くために裂織を2枚重ねてみる。






岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08221113.jpg






岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08490488.jpg






ちょっとした空間に彩りを作っては楽しんでいるようです。






岩手発その27 裂織に魅せられて_b0301570_08501844.jpeg







寒い季節が続きます。
小田島さんにはお元気でいらして、
長く、貴重な作品を手がけて頂ければと願っております。





















# by MIYAKOUTA5040 | 2023-01-29 17:04 | Comments(12)

岩手発その26 ハクチョウ飛翔

この週末、岩手も大関級の寒波となり、再び雪景色となりました。
24,25日は横綱級の寒波の予想、さてどんな寒さになるのやらです。



岩手の冬の期間の撮影で、一番気持ちが安らぐのはオオハクチョウの観察。
姿と鳴き声に癒やされています。
ですのでほぼ毎週撮影に行っています。
オオハクチョウを取り上げたブログも今回で5回目となります。



1月7日
雪景色も良いですが、池に凍りが張るとまた光景も新鮮です。
氷の上で鳴き交わす。その鳴き声が響き渡る。




岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08162407.jpg







氷と氷の間の水でも鳥たちは密集する。





岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08212327.jpg


ハクチョウとともに居るカモの多くはオナガガモ
光景に良いアクセントを添えている。



オオハクチョウが羽を広げる。




岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08190488.jpg




羽を広げるまでは撮れていましたがまだ撮影していないのが飛翔。
飛翔する姿を何とか撮りたいと思っていました。



1月8日、だいぶ氷が溶けました。

この日、池に降りてくる集団と出会えました。
空高くから降りてくる様子を順次載せます。




空が晴れていれば・・





岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08270947.jpg






  だいぶ高度を下げました。






岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08271888.jpg







池の周りを飛びます。









岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08274146.jpg






雪化粧とのコラボは嬉しいのですが、
白い鳥ですのでコントラストを出すのが難しいものです。






岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08275767.jpg







着水直前






岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08280903.jpg







着水!






岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08282287.jpg







ハクチョウとは別にのんびりとした姿のカモも印象的です。



オナガガモ



岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08243640.jpg





岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08244062.jpg






オオバンもまた泳ぎます。






岩手発その26 ハクチョウ飛翔_b0301570_08372994.jpg



寒い岩手での安らぎの時間、
愛知に戻ってもこの感慨はきっと忘れられないですね。












# by MIYAKOUTA5040 | 2023-01-22 17:06 | Comments(12)

岩手発その25 めがね橋

ここ数日岩手も暖かい日が続き、雪もだいぶ溶けました。

雪の多い生活は大変ですが、
冬の間の撮影を岩手で楽しむとなると、雪があった方が良いです。


雪が溶ける前の1月8日、
夏の間チョウを観察した公園を写す。

この公園のどこかにきっとチョウが越冬していると思うのですが、探すのは難しいです。




岩手発その25 めがね橋_b0301570_08193807.jpg







陽が射してきました。
逆光の中の公園。なかなか愛知では撮れない光景です。








岩手発その25 めがね橋_b0301570_08194773.jpg






昆虫は観られませんが、鳥は元気です。
空に連なり飛びます。

真雁です。
これも北国ならではの光景かと思います。






岩手発その25 めがね橋_b0301570_15532258.jpg









岩手発その25 めがね橋_b0301570_15534047.jpg









自然以外でも岩手ならでは冬らしい光景を撮りたい。

そう思い出かけたのは遠野市めがね橋。(昨年12月25日)







岩手発その25 めがね橋_b0301570_08154664.jpg





撮鉄で有名な場所。


不思議なもので、到着すると、
鉄道写真が好きなチョウ友より別件でスマホに連絡が入りました。
電車の時間を教えて下さいました。
感謝!


私が電車を撮るのはほんと希なことです。
お粗末ですが載せておきます。




10時22分 釜石行き





岩手発その25 めがね橋_b0301570_08152319.jpg








10時47分 花巻行きの1車両の電車






岩手発その25 めがね橋_b0301570_08152201.jpg






11時7分 ポケモントレインが通りました。
この電車目当てに写真を撮る方が多かった。
ただ遠景ですとポケモンの絵は小さくて分かりません。







岩手発その25 めがね橋_b0301570_08152174.jpg






もう少し雪が多い時、もしくは雪が降っている中で
再度チャレンジですかねぇ。









# by MIYAKOUTA5040 | 2023-01-15 17:16 | Comments(14)

年末年始はチョウに出会えて

年末年始の休暇が終わり、岩手にて仕事が始まります。
今年も健康に気をつけながら生活したく思います。

年末年始は久し振りに愛知に戻りました。
岩手では観ることが出来ない冬のチョウ達に出会えました。


まずは12月28日

岩手から家に到着すると、
庭のラベンダーの花にてヒメアカタテハとウラナミシジミが吸蜜していました。

私が家に帰るまで待っていてくれたのでしょうか?
次の日からは観ることが出来ませんでした。








年末年始はチョウに出会えて_b0301570_07503086.jpg







この時期は人目につかない場所にて
越冬していることがほとんどだと思います。
暖かさがあり吸蜜に来たのでしょう。








年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06561387.jpg







ウラナミシジミは翅の傷みも無く、きっと晩秋に羽化した個体かと。






年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06561105.jpg







どこか暖かい場所に移動して、冬も元気で居て欲しいものです。






年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06561262.jpg








12月30日は毎年訪れる公園へ。
ムラサキツバメがマテバシイの葉にて集団越冬中です。






年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06564000.jpg







別の場所でも集団でいます。







年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06564280.jpg








日差しが有りましたので翅を開くかと期待しましたが
寒さがあり残念ながら叶いませんでした。





年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06564655.jpg









ウラギンシジミも越冬中。







年末年始はチョウに出会えて_b0301570_16592848.jpg










じっと葉裏にて動かずに過ごす姿に感動です。







年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06564775.jpg







もう一頭見つけました。
こちらはやや高いマテバシイの葉裏です。






年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06570662.jpg









1月1日 元旦
いきものふれあいの里に行ってみました。


土手の草が刈られてしまい、
観られたのは
常緑種の葉裏にて越冬するキタキチョウ一頭。






年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06572209.jpg









来春まで頑張って、次の世代に種をつないで欲しいものです。






年末年始はチョウに出会えて_b0301570_06572291.jpg







岩手では越冬中のチョウを観ることができていません。
雪深い地で、一体どこに潜んでいるのだろう・・









# by MIYAKOUTA5040 | 2023-01-08 17:18 | ヒメアカタテハ | Comments(12)