コーヒーブレイク 新生モンキチョウと気温

各地で春一番が吹きましたが、私のブログはこの冬をまとめたもの。

チョウばかりを見つけていたこの冬、少しは息抜きをせねばと海岸沿いの喫茶店へ家内と出かけました。(2月初旬)
薪ストーブの火が赤々と燃え、心地良い暖かなスペースで、海を見ながらちょっと休憩。



b0301570_21271036.jpg



ついでにチーズケーキセットも注文してみる。こんな休日を過ごすのは久し振りだな。



b0301570_17222290.jpg



といつもと違うブログの出だし。



この下に続く内容もいつもと違う。


この冬に、新生モンキチョウを3頭も見るなんて、いったいどうなっているんだろう。5年間観察していてこんなことは初めてです。
暖冬の影響と勝手に思ってはいるものの、気温との関係をちょっと整理したくなった。

コーヒーを飲みながらまとめたい、と言ってもお洒落な店じゃなくて、家で気温のデータと睨めっこです。

なぜこんな冬にモンキチョウは羽化してしまったのか。
自分なりに推測してみた。

ただ、今までチョウの研究なんてしたことは無いので、あくまで素人ならではの推測に過ぎません。



モンキチョウの下調べを原色日本蝶類生態図鑑で行うと

・成虫の出現回数は北海道や東北では年2~3回、本州中部では3~5回、九州南部では5~7回と推定されている。
・冬は2~3齢幼虫の状態で越冬する。夜から朝にかけては食草の根際や茎の下部に降りているが、日がのぼって気温が上がると少しずつ動き、正午近くに摂食する
とある。

これよりモンキチョウの卵から成虫に至る活動は、気温に大きく影響すると推測できる。

また、いろいろなホームページで春や夏に飼育した記録をみると
おおよそ卵から羽化までの期間は3週間から1ヶ月。
成虫の寿命は2週間から1ヶ月(エビデンスは無い)とあった。


こんな情報を元に

1)成虫として出現するために、卵、幼虫から成虫へと活動する気温を推測する。
2)今シーズンの冬の気温の推移から、新生モンキチョウに出会った時期に羽化する理由が付くか推測する。

を行った。

気温のデータは、西尾市いきものふれあいの里のデータを持っていないので
AccuWeather.comで西尾市の2015年11月から2016年1月の気温、および過去からの平均気温グラフを代用した。

以下結果を1枚にまとめた。


b0301570_20305157.png




1)については、例年モンキチョウが西尾市ふれあいの里で見られる最後の時期、11月末より成虫の寿命(推定平均3週間を適用)を遡り、過去の平均気温から推定してみた。

その結果、例年最後に羽化する11月10日近辺の平均最低気温は9℃、平均最高気温は16℃となった。
これより高い気温が継続すれば、卵から成虫までのサイクルを繰り返すことが予想される。
冬でもこの気温を越える期間があれば、ある確率で幼虫は2~3齢にとどまらず、5齢を経て蛹、そして羽化するのではないだろうかと考えた。

2)については、新生チョウを確認した日を矢印で示した。

その結果次のことに気が付いた。

11月6日から11月24日の期間で、最低気温が例年の平均最高気温に近い値で何日も推移していた。
この期間にて2~3齢にとどまらず、成長を続けたのではないか。
また、12月中旬にも、10℃を超える日が6日間続いている。
例年は昼から摂食する幼虫達が、朝早くから摂食し、成長していたと考えられる。

新生チョウを確認した3回とも、当日は寒く感じたが、確認する1日から3日前には最低気温が9℃を超え、最高気温も15℃近くまで上がっている。
おそらくこの頃に、新生チョウとして羽化したと考えられる。


最初にお断りした通り、あくまで素人の推測。
また、西尾いきものふれあいの里の他の要因(食草、日当たり、DNA)も重なっていることと思う。

検証していくには、気候とチョウの数の関連を示すような地道なモニタリング、
飼育による温度要因調査、食草との関連等が必要になる。
さて、どうしたものか・・


長いブログになりました。
コーヒーもすっかり冷めました。
ここまで読んで頂けた方には感謝です。


b0301570_18470144.jpg



暖冬の影響を追った冬でした。

少し、春のチョウが出現するまで、私も他の事にも興味を持ち、充電したいと思います。

MIYAKOUTA









[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-02-14 16:01 | モンキチョウ | Comments(18)
Commented by chappy at 2016-02-14 17:24 x
こんばんわ~♪
素敵な喫茶店でのコーヒーブレイク、いいですね~(#^.^#)
ちょっとした贅沢と気分転換は必要だからね
新生モンキチョウの発生と気温の関係、ずいぶん詳しく調べられたんですね
凄いなって思います
好きじゃないとここまで出来ない事ですよね

Commented by kazenohane at 2016-02-14 18:17
こんばんは。
モンキチョウの発生と気温推移のグラフ、興味深く拝見しました。
一目瞭然に分かりますね。
蝶の生態を知るには、データの積み重ねが大切だなと思いました。
近い将来、愛知県ではモンキチョウが周年発生する蝶にならないとも限らないですね。
温暖化によって寒い地方の蝶が見られなくなるという怖さもありますが。
Commented by miyakokoto at 2016-02-14 19:13
始めまして<(_ _)>
 薪ストーブで海を見ながら・・・良い感じですね
海は大好きで何時までも眺めて居たいです。
↓の蝶・・・フグリちゃんもこんなに咲いているのですネ
自然観察は良いですネ お越しくださり イイネ 有り難うございました。
Commented by rindon3190 at 2016-02-14 20:34
貴重なデータですね。
気温に大きく左右され、今年の暖冬では様々な生き物にも
変化があるのでしょうね。
南方系のチョウが増えたり、数も減ったりすることも。
今年はできるだけしっかり確認したいと思います。
コーヒータイムの充電期間、ゆっくりお過ごしくださいませ。
Commented by Lapis-k at 2016-02-14 21:12
こんばんは。
チョウを追う合間にも、ご家族との時間もを大切にされていますね。
海辺でのコーヒータイム、ケーキも美味しそうですね♪
気温とチョウとの関係を丁寧に考察され、素晴らしいと思いました。
温暖化が進むと、チョウの生態系も変化していくのでしょうね。
Commented by だい at 2016-02-14 21:28 x
 こんばんは! (^_-)-☆
おぉ~! す・ご・い・凄い、詳しくよく調べられましたネ。
なかなかここまで出来ないこと! ホンと素晴らしい! (´・ω・`)
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-15 05:28
chappy さん
おはようございます。
我が家はたまに夫婦でコーヒーに行きます。
気持ちが落ち着きますよね。
モンキチョウのこと、今回のブログは
気温のデータなどで、時間かかりましたぁ。

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-15 05:32
kazenohaneさん
おはようございます。
滅多に見ない冬のモンキチョウでしたので
珍しく調べてみました。
まとめも極力分かってもらえるように頑張りましたよ。
温暖化で、冬でもチョウが見られるのは複雑な気分ですね。
やはり、高山のチョウが少なくなっては・・
環境を微力ながら守って行きたいです。

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-15 05:34
miyakokotoさん
はじめまして。
コメントありがとうございます。
こちらこそ、いいねを頂きましてありがとうございました。
なんかニックネームが似ておりますねえ。
チョウや野草の拙いブログですが、
今後ともよろしくお願い致します。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-15 05:38
rindonさん
おはようございます。
珍しく、データ添付のブログになってしまいました。
最後まで読んでいただきましてありがとうございます。
この冬は暖冬、寒波、そしてまた昨日に記録的な暑さ。
この影響は、昆虫達には大きなストレスだと思います。
これから先の状況も確認していきたいと思います。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-15 05:43
Lapis-kさん
おはようございます。
我が家はたまにコーヒー行きますよ。
冬の期間は夏の期間の罪滅ぼしに近いのですが・・
まとめるのに時間がかかってしまいましたが、
読んでいただきまして嬉しいです。
温暖化の影響は、地球全体の問題かと思いますが、
微力ながら、時には身近なデータで変化を訴えながら、
環境を大切にして行きたいなと思います。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-15 05:47
だいさん
おはようございます。
まとめるのに時間かかってしまいました。
いつもと異なるブログでしたが、
読んでいただきまして、嬉しいです。
今後もいろいろと、チョウのこと、自然のこと、
精進して調べていきたく思います。
Commented by 22wn3288 at 2016-02-15 09:14
素敵な喫茶店がありますね。
良い雰囲気が漂っています。
モンキチョウの発生、気温との関係、良く調べられましたね。
土地によっても異なるかもしれませんが、各地で調べて比べるのも興味がありますね。
データの積み重ねも大事でしょう。今後にも期待します。
Commented by Sippo5655 at 2016-02-15 20:12
ここまで詳しく記述をまとめられて、
凄いですね!
記録は大切ですね。
気温の関係は大きいと思います。
植物にも、ある程度当てはまるのではないでしょうか。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-16 05:48
蝶・旅の友さん
おはようございます。
喫茶店は吉良町の和カフェ「たらそ」です。
モンキチョウ、今年は特殊でしたのでまとめてみました。
いろいろな視点で調査しないと、推測に終わりますね。
また機会があれば調べてみたいです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-16 05:51
Sippoさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
植物、野草も早いのですが気温でしょうか。
桜は平年並みか遅くなるとか。わからないものです。
Commented by may-s618 at 2016-02-17 13:44
こんにちは。
海の見える喫茶店でコーヒタイム、ほっとしますね~♪
チーズケーキセットも美味しそう~(^o^)
私たちも時々ゆっくりコーヒーとケーキを楽しむ時があります。
景色もステキな所だといいですね~。
この寒い時期のモンキチョウの発生には驚きました。
不思議に思ったことをいろいろと考えて調べられ
データとしてまとめる・・興味深いことですね。

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-02-18 04:55
さつき鳥さん
おはようございます。
冬の殺風景なフィールド中ばかりで観察していますと、
こんなくつろぎの場所と時間が欲しくなりますよね。
さつき鳥さんのところは景色の良い場所多そうですね。
モンキチョウ、
今年は12、1月と観察されましたので、
気になって調べてみることにしました。
暖冬の影響が大きかったと思います。
名前
URL
削除用パスワード
<< ブログ仲間の写真展 1月末の新生モンキチョウ >>