ミヤマシジミ 結ばれ


それはあっと言う間の事だった。


実家から三河に戻る途中に立ち寄ったポイント。そこは初めての場所だった。
というより、車を走らせながら導かれるように到着した場所がここだった。

信州のミヤマシジミもこの秋2箇所目。

コマツナギが咲くも、なぜかこの場所のミヤマシジミはメドハギに吸蜜する機会が多かった。

住む場所が異なると花の好みも異なるのでしょうか?


b0301570_16594995.jpg





オスの表翅のブルーは何時見ても綺麗だ。



b0301570_17000906.jpg



このオスを拘って追ってみた。


暫くして、ふと視野の中にメスが入った。

私自身これは結ばれるなと思った。



人間でもお似合いだよねって感じる事があるでしょう。
何故だかそんな気が漠然としたのです。



メスに近づき2頭が舞い、止まった先は枯れた月見草の上。



結ばれるまで5秒とかからなかった。
結ばれた直後は人の気配に逃げることも多いのですが、
この2頭は私をマクロレンズの距離でも拒まなかった。





「ひたむき」


チョウが結ばれている姿を表現するとしたら、私はこの言葉を使いたい。



b0301570_17005614.jpg






右のメスの脚の懸命に掴まっているような姿に感動も覚えた。



b0301570_17021229.jpg




b0301570_17021890.jpg






反対側からやや逆光気味に撮影。


縁毛が白く輝きほんと美しかった。



b0301570_17033752.jpg



ミヤマシジミの結ばれる姿は昨年の遠州に続き2回目。
信州のこの場所も永く繁栄して欲しいと願う。

ミヤマシジミ、この秋まだまだ登場させたいところです。


9月17日





[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-09-25 18:10 | ミヤマシジミ | Comments(12)
Commented by rindon3190 at 2016-09-25 21:19
こんばんは。
きれいなミヤマシジミですね。
私はまだみたことがないので、みられたのが羨ましいです。
ミヤマシジミの交尾は美しいですね。
運命的出会いだったのですね(?)
来年もこの子たちの子孫がここで飛んでいる姿を観られるといいですね。
Commented by chappy at 2016-09-25 21:58 x
こんばんわ~♪
きっとチョウに呼ばれたんでしょうね
導かれるようにというのもこの美しいシーンに出会うためですよね
オスのミヤマシジミ、体に近い部分の翅がほんのりとブルーなんですね
お似合いのカップル、来年のシーズンにはこのカップルの子孫にたくさん出会えるといいですね(^_-)-☆

Commented by kazenohane at 2016-09-25 22:45
こんばんは。
ミヤマシジミの交尾、予感が当たりましたね。
こんな素敵なシーン、いちどは見てみたくなりますね。
個人的な好みですが、縁毛が白く輝いている逆光のシーン、素敵ですね。
ミヤマシジミの「ひたむきさ」が画面から伝わってきました(^^♪
Commented by Lapis-k at 2016-09-26 00:16
こんばんは。
珍しいメドハギでの吸蜜とカップルの誕生♪
運が良かったですね。
青い光も見えて、とても綺麗です。
胸がドキドキしたでしょうね(^^)
Commented by だい at 2016-09-26 01:00 x
 こんばんは!(^_-)-☆ いつもご訪問コメントありがとうございます!
いいね、いいね!ミヤマシジミのカップルたちの「ひたむきさ」(^_-)-☆
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-09-26 05:28
rindonさん
おはようございます。
ミヤマシジミが近くで見られ、恵まれた場所に実家があると思っています。
秋に限らずいますが、
チョウが少なくなるとブログに多く登場してきます。
交尾が綺麗でした。
遭ってすぐ交尾、チョウならではの生態ですね。
たくさんまた子孫が舞う姿が見たいです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-09-26 05:31
chappyさん
おはようございます。
何度も散策に出かけていると、
チョウの住む環境を見つけるのに慣れてくるのでしょうね。
でもこんな出会いがあるからこそ、止められなくなるのかなと思っています。
綺麗なミヤマシジミでした。
子孫もきっと綺麗ですよね!

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-09-26 05:34
kazenohaneさん
おはようございます。
交尾って表現するのが難しいです。
運命的な出会いと美しさを写真にしたかったのですが、
これが精一杯でした。
逆光の姿、やはりこちらがいいですよね。
でもメスの脚からひたむきさを表現したかったんですよね!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-09-26 05:37
Lapis-kさん
おはようございます。
どのミヤマシジミもコマツナギでなくメドハギに止まっていました。
不思議でした。
さっとメスに絡んだ時からずっと撮影しました。
交尾の表現は難しいですよね。
青い鱗粉も意識して時間をかけて、頑張りました!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-09-26 05:38
だいさん
おはようございます。
こちらこそいつもありがとうございます。
綺麗なカップルでしたよ。
ひたむき
そう写真で表現したくて頑張りました!
Commented by 22wn3288 at 2016-09-26 09:15
信州のミヤマシジミも綺麗ですね。
遠州と花の好みが違うのも面白い。
いいカップルで次の世代に続きますね。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-09-26 22:02
蝶・旅の友さん
コメントありがとうございます。
裏翅の黒い紋の中の青い鱗粉は、遠州が一番綺麗だと感じています。
コマツナギよりメドハギこれは意外でした。
ここも永くミヤマシジミが繁栄してほしいなと思いました。
名前
URL
削除用パスワード
<< 「波・ナミ・ウラナミシジミ」 秋へのうつろい 湿原にて >>