亜熱帯多雨林の中の吸水姿

11月に入った。
八重山のチョウのブログも今回を含めて残り3回となりそうだ。

西表島のリュウキュウウラボシシジミが生息する林道を歩いた後、
場所を変えてアダンやヒカゲヘゴが生茂る亜熱帯多雨林の中を歩いてみた。

セミだけでなく怪鳥が奇妙な声で鳴き、蛙の声が響く。
自分の足音が周りの生き物達の鳴く音にかき消され聞こえない。
川沿いではイノシシが暴れた跡かと思う地面や、これはひょっとしてイリオモテヤマネコの糞?なんて思うような物も見た。



暗い。それでも時折太陽の光が届き、その中で咲くハイビスカスは美しい。



b0301570_05395419.jpg



こんな中だからこそ、生息しているのだ思われるチョウもいた。


シジミチョウも日向の場所に多かったルリウラナミシジミからアマミウラナミシジミに生育環境が変わった。




b0301570_05413771.jpg



暗い場所から日が射す葉に止まった。



b0301570_05415899.jpg



翅も開いてくれた。



b0301570_05414576.jpg




20mほど離れた日差しの中でチョウが翅を広げた。

初めて見るコノハチョウ。思っていたより大きなチョウだ。うっそうとした中で生息しているんだと納得。



b0301570_05402268.jpg




そうか、亜熱帯多雨林の中でも日差しのある場所はチョウにとって憩いの場所となるんだ。
そう思いながら歩いていたところ、なにやら暗い地面の上で少しだけ動いている物体がいた。


近づいてみるとチョウの吸水だ。

クロアゲハ。
ずいぶん本州で見慣れたクロアゲハより小さく地味だ。尾錠突起も短い。
沖縄諸島八重山諸島に生息する亜種だ。




b0301570_05424066.jpg


その隣に大きなヤエヤマカラスアゲハ。
不思議とこちらはカラスアゲハの名前で束ねていない。
近似の別種ということになる。表翅に散りばめたような緑色が魅力的だ。



b0301570_05430808.jpg



写真より実際は暗い場所での吸水だった。カメラの感度のおかげで何とか翅色が再現できていると思う。




b0301570_05431344.jpg




イシガケチョウも日陰で吸水。八重山の秋を感じる光景だった。




b0301570_05440116.jpg



暗い場所での吸水。八重山に住みなれたチョウにとっても暑いのでしょうか。
亜熱帯多雨林の暗い場所もチョウには必要なんだ。


ふと見上げれば、ハマセンダンの木の上に綺麗な青空が覗く。
そこにスジグロカバマダラが舞った。





b0301570_05450659.jpg



生茂る木々の中のチョウ達も、こんな綺麗な空を見ながら生息しているんだ。

光できらきらと輝く葉っぱと舞うカバマダラが、やけに眩しく感じた。


10月11日 西表島





[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-11-04 21:06 | 八重山のアゲハチョウ | Comments(10)
Commented by kazenohane at 2016-11-04 21:59
こんばんは。
人ひとりいない密林の中をひとりで歩く気分はどうでしたか。
どんな未知の蝶が飛び出すのか、興味深々だったことでしょう。
コノハチョウもそんな蝶ですね。
蝶も植物も含めた亜熱帯の森の宇宙の中を、
彷徨い歩く楽しみが画面から伝わってきました。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-11-05 07:12
kazenohaneさん
おはようございます。
いつもコメントをありがとうございます。
暗い中一人足を踏み入れるのはちょっと怖い。
でも好奇心で一杯でした。
こんな暗い場所で吸水をしているんだと気付かされました。
コノハチョウはまた綺麗な状態で会いたいです。
上空をスジグロカバマダラが舞う姿も印象的でした。
kazenohane さん、お忙しそうですね。
そろそろブログの更新はと期待をしております。
Commented by だい at 2016-11-05 07:43 x
おはようございます! (#^.^#) 自然の中で咲くハイビスカスも良いですね。 園芸品種のハイビスカスしか見たことがありません。
色々なチョウがいるものですね。コノハチョウ、イシガケチョウなんて初めて拝見しました。スジグロカバマダラの乱舞いも青空の中、綺麗で素敵ですね♪
ヤエヤマカラスアゲハの吸水も上手く撮れていて良いですね! (#^.^#) 色々なチョウの仕草に心癒されます! 

Commented by 22wn3288 at 2016-11-05 08:41
熱帯雨林の中に咲くハイビスカス 静かに美しく咲いていてホッとしますね。
その中で見つけるチョウたち 印象に深いでしょうね。
自分で歩いて探してみるのも楽しいでしょうね。
Commented by chappy at 2016-11-05 19:26 x
こんばんわ~♪
ちょっとしたジャングルのような場所を探検してきたんですね(#^^#)
何か野生動物に出会ったりしやしないかとドキドキしたのではないでしょうか
3枚目の写真、アマミウラナミシジミが深々とお辞儀をしているように見えるのがとても印象的です
紳士か淑女か・・・・・・遠いところからやって来たKOUTAさんに挨拶しているようですね
南国のチョウたち、図鑑の中と本物はやっぱり違うんだろうな~

Commented by rindon3190 at 2016-11-05 19:33
こんばんは。
沢山の珍しい八重山諸島のチョウたちを楽しませていただいております。
イシガケチョウやカバマダラなど昆虫館などで観ていても
自然の中に飛んでいるチョウはやっぱり新鮮ですね~
ハイビスカスの花もきれいだし、亜熱帯多雨林の林の雰囲気が分かります。
撮影者はさぞ、汗もかいたでしょうね。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-11-06 07:10
だいさん
コメントありがとうございます。
八重山は、チョウも花もそのままが風景のように感じました。
奥の深い南の島。
こちらでは見られないものばかりでした。
青空も綺麗でした!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-11-06 07:13
蝶・旅の友さん
コメントありがとうございます。
鬱蒼とした中に足を踏み入れるのはどきどきしました。
だからかハイビスカスの花が余計に綺麗に感じました。
色々なチョウ達に出会えて、南の島の自然の豊富さを感じました!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-11-06 07:17
chappyさん
コメントありがとうございます。
そうなんです。
リュウキュウイノシシが出てくるのではと思いました。
鳥のけたたましい声もちょっとどきっとします。
アマミウラナミシジミは同じ葉っぱに何回と止まりました。
日当たりの良い場所の写真は陣を張ったオスだと思います。
図鑑よりずっと実際は楽しいですよ~
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2016-11-06 07:19
rindonさん
コメントありがとうございます。
ほんと鳥の声や蛙の声にはどきっとしました。
このシリーズ長くなりましたが、あと少しです。
いつも見ていただきましてありがとうございます。
南の島のチョウ、植物園では味わえない景色があります。
残りも丁寧にまとめたいと思っております。
名前
URL
削除用パスワード
<< 切り絵のような翅 ヒメアサギマダラ リュウキュウウラボシシジミ >>