メドハギにて吸蜜

ようやく日中も30℃を超えない秋らしい天気になってきました。
相変わらず忙しく、のんびりと散策できておりません。
それでも僅かな時間を作っての機会だからこそ、チョウとの出会いは嬉しいのだと思っております。

9月後半、昨年見つけたミヤマシジミの場所へ実家からの帰路に寄ってみた。
川沿いながら周りに建物も結構有って、そう環境に恵まれた場所ではない。
保全されているわけでもなくほったらかしなのですが、ツメレンゲが生える場所である。



b0301570_08144783.jpg




ツメレンゲと言えばこの植物を食草とするクロツバメシジミがいるのでは・・
と昨年の秋は3回通ったものの会えなかった。
幼虫の食痕はあったから居るはずなのですが。

今回ようやく会えました。でも一頭だけでした。メドハギに止まって吸蜜です。


b0301570_08145410.jpg




この時期この場所のチョウの生息をささえるのはメドハギなんだな。
ほかの花もあるのですが、何故かメドハギに吸蜜しにチョウは集まる。



ウラナミシジミ


b0301570_08150459.jpg





キマダラセセリ。どのチョウも夢中に吸蜜だ。



b0301570_08150944.jpg





ミヤマシジミも健在。♂です。


b0301570_08155015.jpg




こちらは♀



b0301570_08161237.jpg




絶滅危惧類のミヤマシジミもクロツバメシジミもそこに生息する食草だけでは生き残れない。
各生息場所に生き残るための花があるものだと実感して三河に戻りました。




そろそろ陽が傾く頃、
秋風が川沿いに吹き、痩せたツルボの花が揺れた。

一頭のメスのミヤマシジミが吸蜜する姿が愛おしい。
女神が何か訴えているような表情だった。



b0301570_08183586.jpg



b0301570_08182606.jpg



b0301570_08174393.jpg




b0301570_08175389.jpg



この場所が破壊されることなくチョウ達の憩いの場であって欲しいです。

長野県








[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-10-08 17:20 | クロツバメシジミ | Comments(14)
Commented by himeoo27 at 2017-10-08 18:08
クロツバメシジミ&ミヤマシジミとは栃木県某所と
同じように素晴らしい環境ですね!
両種とも無事生き残って欲しいです。

↓タイワンツバメシジミは数多い未見・未撮種です。
何れの日か出逢いたいです。
Commented by rindon3190 at 2017-10-08 20:01
こんばんは
貴重なクロツバメシジミとミヤマシジミ
どちらもきれいに撮られていてうっとりです。
未だみたことがありませんので羨ましく思います。
生息域がそっとそのままであってほしいですね。
Commented by Sippo5655 at 2017-10-08 21:42
秋風が 少しずつ その濃度を増しながら
この地をも ゆったりと包んでゆく
そんな 優しい時の流れを感じました。
食草だけでは、生きられない・・
マメ科のお花は蜜も美味しいのか、本当にいろんな子たちが集いますよね。
ツルボにとまるミヤマシジミ女の子の姿も
なんかじーんときちゃいました。

Commented by chappy at 2017-10-08 22:13 x
こんばんわ~♪
まだ会えずにいるクロツバメだけど、こうやって可愛い様子を見るたびに会える日への期待が深まります
紹介していただいたあの本ね、実家の母も欲しいと言うので注文して届きましたよ~笑
これでやっとじっくりと見る事が出来ます
秋の深まりで紅葉が楽しみな季節になって来たけど・・・・・
もう少しだけこうやって可愛いチョウたちに会える季節が続けばいいなって思います
みんな素敵な写真ですね~(^_-)-☆

Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-10-09 05:25
ヒメオオさん
おはようございます。
栃木の場所、
憧れています。行きたいなぁ。
ここは痩せた土地です。
何時破壊されてもおかしくないです。
ほんと生き残ってほしいです。
タイワンツバメシジミ、何とか会えました。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-10-09 05:29
rindonさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
そうですね。
関東も太平洋側ですと
ミヤマシジミやクロツバメシジミは見られませんね。
遠出は大変かもしれませんが是非!
ここもたまたま見つけた場所です。
永く生き残ってほしいです。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-10-09 05:37
Sippo☆さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
秋風が 少しずつ その濃度を増しながら
この地をも ゆったりと包んでゆく。
なんて素晴らしい表現^^
嬉しいです。こちらこそじーんときました。
チョウは色々な植物と縁を持ちながら生きていますよね。
植物も昆虫によって繁殖す。
自然の繋がりの中、人間だけが開発をし破壊する。
この事実を深く捉えて開発のあり方を考えないといけませんね。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-10-09 05:40
chappyさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
本、保全協会も喜んでいると思います。
10月はチョウのシーズンも終盤。
シジミチョウも低温期の色合いが綺麗になります。
ヤマトシジミのメスを撮りたいと思う私です。
良いチョウに出会えるといいですね!
Commented by 22wn3288 at 2017-10-09 09:11
クロツバメシジミもミヤマシジミも健在で何よりです。
長く生き延びてほしいですね。
ツルボとミヤマシジミ 美しいです。
Commented by だい at 2017-10-09 09:17 x
おはようございます! (#^.^#)
昨夜は真夜中の2時頃まで起きていたのに回り切れず寝てしまいました。 ( 一一)
メドハギの蜜は美味しいのでしょうか? ウラナミシジミやキマダラセセリ、ミヤマシジミも集まってくるのですね・
どのお写真も良いですネ。(^_-)-☆ ツルボとミヤマシジミとのコラボ写真も素敵ですね。
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-10-10 05:40
蝶・旅の友さん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
この場所は、T川の河口よりも狭く
何時開発されてもおかしくないような場所です。
細々と命を繋いでいるチョウ達にエール。
ツルボが綺麗でした!
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-10-10 05:43
だいさん
おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。
メドハギのほかにコマツナギも有ったのですが
何故かこの花にて吸蜜でした。
きっと美味しいのでしょう。
ツルボの花とミヤマシジミのメスは
ほんと良い色合いでした。
Commented by ageha at 2017-10-12 19:53 x
ツメレンゲって見た事無いのですが高山植物なのでしょうか??
特殊な植物が食草だと今後心配になりますね。
それにしてもどの写真も生き生きと輝いていて素晴らしいです。
ちっちゃいシジミチョウに紫の可憐な花はよく似合いますね。
これぞ眼福というものです^^
Commented by MIYAKOUTA5040 at 2017-10-13 05:24
agehaさん
おはようございます。
コメントありがとうございます。
ツメレンゲは河原や、家の石垣なんかに生息しています。
でも開発で減っていて、準絶滅危惧です。
だからツメレンゲを食草とするクロツバメシジミも絶滅危惧です。
シジミチョウは小さいので、
マクロレンズで向き合えるのが魅力。
ツルボとミヤマシジミの組み合わせ、
私も嬉しかったですよ!
名前
URL
削除用パスワード
<< シルビアに会いに 2017 タイワンツバメシジミ 鹿児島 >>