2018年 07月 01日 ( 1 )

夏 ヒメシジミ アサマシジミ


関東甲信越で梅雨が明けた。
確かに今週末、実家で見た天気予報はずらっと晴れマークが並んだ。
でも東海地方は火曜日から土曜日まで雨マーク。
それほど遠い距離ではないのに、ずいぶん天気が異なるものだ。


今年はチョウの発生が早い。
ヒメシジミも随分早かったのか、6月中旬には盛んに求愛が行われていた。



b0301570_21283445.jpg






♀の周りに飛び交う♂達


b0301570_21282466.jpg





シャッタースピードを速めれば、周りのチョウ達も明瞭に映るのでしょうが、
私の場合、自然体でチョウを捉えようとしますので
こんな画像になってしまいます。


いったいどうしたのだろうと観ていたら、交尾中だったのですね。
他の♂は威嚇するように飛んでいた。


b0301570_21280971.jpg





チョウの世界は大変だ。
せめてゆっくりと愛を成就させてあげたいものだ。





こちらはアサマシジミ。
時間が昼でしたので、陽射しが強すぎて
なかなか翅を広げてくれなかったのが残念。



b0301570_21291651.jpg






b0301570_21292613.jpg






大きな個体でした。おそらくアサマシジミの♀かな。
いや、でっかいヒメシジミか!
斑紋異常ですが、悠々とアカツメグサの蜜を吸っていました。


b0301570_21294442.jpg





他のヒメシジミと比べて大きさの違いが分ります。





b0301570_21300790.jpg






b0301570_21301758.jpg





故郷の諏訪ではアサマシジミはこれからか・・
機会が有ったら見つけたいものです。



6月17日 長野県 








[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-07-01 21:49 | アサマシジミ | Comments(16)