2018年 07月 08日 ( 1 )

マクロレンズで ジョウザンミドリシジミ

各地で大雨による災害が発生しました。
被害に遭われた地域の皆様にお見舞い申し上げます。

早朝に出かけて散策した時の事・・・

まだ7時だというのにカシワの葉の上で動き始めたゼフィルスがいました。
ハヤシミドリシジミかなと思いましたがどうやらジョウザンミドリシジミです。

すぐに飛び始めます。
少し高い場所で半開。
やや逆光気味の翅の先端の色は赤紫。


b0301570_05545356.jpg




ミドリシジミといってもこのチョウの翅色は青緑。
角度によってはこんな赤みも出るんだ。


そこに気付いたからか、
この日はこの出会った個体の美しさを表現してみたくなりました。


一頭のチョウの撮影に費やした時間は1時間半。

チョウの撮影の楽しみ方は色々ありますが、
あまり種類に拘らずに、一頭に没頭することが私はよくあります。



b0301570_05550707.jpg





没頭できる時は大抵マクロレンズ。
「チョウと向き合っている。」
その距離感やらチョウとの会話感覚やらが好きなのです。


ジョウザンミドリシジミは比較的低い場所でテリトリーを張りますので
マクロレンズでの撮影に向いています。

少しずつ止まる位置が下がってきます。
マクロレンズの出番です。



b0301570_05551447.jpg






逃げることなく、何回も翅を広げてくれました。

チョウの情景としてはこの位の距離が良いのかもしれません。


b0301570_06141266.jpg





しかしこの日はもっと近づいてみたくなりました。



b0301570_05564788.jpg






翅の美しさはもとより、
ややグレイがかった眼の色。その周りの白い縁取り。


b0301570_05570779.jpg






こんな事に気付くと、チョウへの興味は深まって行く。



b0301570_05573045.jpg








途中から少し暑くなり、眼鏡が曇ってばかりでしたが、
一頭のチョウと向き合った喜びを感じてこの日の撮影を終了しました。




6月24日 長野県












[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-07-08 18:15 | ジョウザンミドリシジミ | Comments(14)