人気ブログランキング |

カテゴリ:クジャクチョウ( 5 )

花舞台にて クジャクチョウ

今年はこのチョウが多いと聞く。

クジャクチョウ。
 
近年の激減状態を嘆いていた方は、さぞかしほっとしているのではないかと思います。
私も今年の光景を見るにつけ、児童の頃、視界の中に沢山のクジャクチョウが花に止まっていたのを思い出しました。

日本に分布するクジャクチョウは I. i. geisha 、芸者と呼ばれる。
妖艶な翅は、花により魅力が引き立ち、また印象も変わるので、今年は花との組み合わせを沢山撮ろうとしました。
しかし、陽射しが強すぎたのか、翅を閉じてばかり。
4つの蛇の目紋をしっかり撮る事が難しかった。



マツムシソウにて。
淡い青紫の花ではチョウが穏やかに見える。




b0301570_08432450.jpg




ウラギンヒョウモンかギンボシヒョウモンか区別できませんが、
脇役としてクジャクチョウを引き立てます。


b0301570_07473748.jpg








ようやく4つの目が見えたかな。


b0301570_07484437.jpg







b0301570_08425302.jpg








と思いやすぐに半開。それでも背景の茎や花の暈けは撮っておきたいシーン。




b0301570_07483869.jpg






この背景が好きなのですが、翅をもっと広げてくれれば・・




b0301570_07492641.jpg





マルバダケブキにて

おそらくこの花が最も妖艶になると思うのですが
ちょっとかぶりつきすぎました(笑)



b0301570_08012400.jpg







いかにも花舞台。されど裏翅・・・




b0301570_08013235.jpg






背景のススキが舞いを飾ったのですが、これも半開





b0301570_08375774.jpg






ヒヨドリバナにて、
何か翅の彩りを地味にしてしまう印象です。




b0301570_08042723.jpg







アキノキリンソウにて。
ようやく4つの蛇の目紋が撮れたかなと、ここで終了。





b0301570_08062317.jpg







花舞台に3時間カメラを向ける。ちょっと疲れました。



8月24日 長野県









by MIYAKOUTA5040 | 2019-09-01 17:20 | クジャクチョウ | Comments(10)

マツムシソウにクジャクチョウ

早いものでもう9月。

あっという間に月日は過ぎて行きますが、
せめて穏やかな秋であって欲しいものです。





今年も出会えたクジャクチョウ。

その年毎に、このチョウを撮る姿を思い描くのですが、
そうそうイメージ通りにはならないものです。


イメージも大事なのでしょうが、
やはりはっとするような出会いが有ってこそ、
写真は楽しいんでしょうね。





今年は秋の風を感じるようなクジャクチョウを撮りたい、
と思っておりましたがこの程度・・





背景にてススキが揺れていたんですよ。





b0301570_04533094.jpg









こちらはマツムシソウが揺れて・・




b0301570_04534607.jpg









結局は近くに止まるクジャクチョウに夢中になってしまう自分です。




b0301570_04541587.jpg







b0301570_04542771.jpg







この花は何だろうとつぶやいてみたり




b0301570_04543939.jpg










気を取り直して、引いて撮らねばとまた思い・・・






b0301570_04545342.jpg







あれやこれやと試します。




b0301570_04550463.jpg







後翅のクジャク模様を魅せてくれたらなんて身勝手に思うも、



b0301570_04552698.jpg








只時間だけが過ぎて行きました。





b0301570_04555605.jpg






揺れていたのは秋の風による風景ではなく、
私の気持ちだったんですねー





来年もまた、クジャクチョウに会えるのでしょうか?








8月19日 長野県












by MIYAKOUTA5040 | 2018-09-02 18:03 | クジャクチョウ | Comments(10)

また来期 高原のチョウ達よ・・

週末から月曜日にかけて、台風18号が日本列島を縦断。

実家への移動もリスクがありますので中止としました。
ですので故郷のチョウに会うことができません・・

思えばこの夏は、故郷の山や高原に拘って撮影したシーズンでした。
私自身シーズン最後に撮影した日の、高原のチョウ達を沢山載せて〆ましょう。





マルバダケブキにスジボソヤマキチョウ。
葉っぱのように見えるこのチョウも、この花に止まると花びらですよね。



b0301570_20581820.jpg








この日は沢山のクジャクチョウに出会えました。


b0301570_20591686.jpg





ようやくマツムシソウに止まるクジャクチョウの姿にも会えました。


b0301570_20590123.jpg







なかなか上手く撮れなくて、ずいぶん時間をかけました。



b0301570_15532268.jpg





b0301570_20595496.jpg





裏翅での姿でしたが、2頭がマツムシソウにて遊んでくれました。



b0301570_20593513.jpg




クジャクチョウは止まる角度や翅の開き具合によって、
見せる表情も色々だなと感じました。

妖艶さだけでなく、地味さも秘めたチョウなのだと今年は気付きました。


b0301570_21001278.jpg




b0301570_15531076.jpg





b0301570_21004473.jpg





b0301570_21011073.jpg





マクロレンズでも何とか撮らしてくれました。



b0301570_21013079.jpg




ヤマハハコの白い花だと、こうも雰囲気が変わるものなのかと…


b0301570_21002546.jpg




シータテハとジャノメチョウもマツムシソウに止まってくれました。


b0301570_21014309.jpg





いつまでも、自然の中でチョウが戯れてほしい。

来期、また会いましょう。









by MIYAKOUTA5040 | 2017-09-17 15:01 | クジャクチョウ | Comments(16)

初秋に似合う

今年も信州の高原に、羽化したアサギマダラが飛ぶ季節となりました。

久し振りに晴れた8月17日。 空の色はもう秋色かなと感じます。

訪れたのは峠なのですが、高い所にアサギマダラも集まる習性があるのか、沢山上がって来ていました。


b0301570_05380759.jpg






これから南下の長い旅が始まります。充分にここで休息して、また三河で会いましょう。



b0301570_05381912.jpg




b0301570_05384729.jpg






エルタテハもガードレールのポールにくつろいでいました。
久し振りに近くで撮ってみると、濃いオレンジの濃淡に黒と白の色合いは魅力的なチョウです。
こんどは自然の中にて会いましょうね~。


b0301570_05385922.jpg




ふと見ると、大好きなヤマハハコにクジャクチョウが止まっていました。
そろそろドライフラワー化が始まるかなと思わせる白い愕に色が変わりつつある黄色の花。

ゆったりと吸蜜していましたよ。



b0301570_05392958.jpg





b0301570_05395267.jpg





閉じ気味の翅からは、妖艶さよりも陰影を秘めたような趣きがあるなと気付きました。


b0301570_05393671.jpg







ちょっと後翅にはビークマークが、鳥さんにつかまりそうになったのかな。



b0301570_05401364.jpg





b0301570_05011660.jpg





一度飛んで止まったのは別の花。この花はヨメナかな。


b0301570_05403958.jpg





ヤマハハコ(山母子)にヨメナ(嫁菜)
優しそうな女性を想像する花に、クジャクチョウもなにか甘えているような気がしました。


高原の秋に似合うチョウ。もう少しこの初秋に出かけて出会いたくなりました。











by MIYAKOUTA5040 | 2017-08-26 18:48 | クジャクチョウ | Comments(14)

残暑に魅せる4

コウリンカ(紅輪花)
背丈が高い高原の植物の中で、決して抜きん出るほど目立ちはしない花だった。
しかし、近づいて見れば見るほど情熱を帯びたそれは高原の花火のようだった。
一見地味に見えても、隠されたパワーを感じるこの花に挽かれた。

b0301570_20314490.jpg



この日(12日)もう一つ高原に色を放ったのはクジャクチョウ。
妖艶な翅だ。

b0301570_2035282.jpg


クジャクチョウは世界広く分布するらしい。
ウィキペディアによれば
日本を含む東アジアに分布するものは亜種 I. i. geisha (Stichel, 1908)とされている。 なお、この亜種名 "geisha" は芸者に由来し、鮮やかな翅の模様を着飾った芸者に喩えたものである。

そう芸者。酔わせる魔力を持っているのだ。

b0301570_20391240.jpg

  


私が小さい頃、このチョウは高原にもっとたくさん居た。見飽きるほど居た。
だからかこのチョウの派手さは子供心にくどさを感じたのを覚えている。

時が過ぎ、このチョウはいつの間にやら少なくなってきているように思う。
私も歳を重ね、芸者さんに抵抗感が無くなり、このチョウの美しさを素直に感じるようになってきたかな。

b0301570_2053397.jpg

   

とは言え、やはり小さい頃からの性格か?または小さい頃、母親が黒い裏翅を見ては、腹黒い。とこのチョウに嫉妬に近いことを喋ったのを覚えているせいか?
見た数は2頭と少なかったのに、思ったよりこの日すぐにこのチョウに見飽きてしまったのも事実で、素朴なチョウに魅力を感じる自分に改めて気付きました。
   
   

久し振りに会えたクジャクチョウさん、こんな私で申し訳ない。
これからも万人を魅了して下さいね。
by MIYAKOUTA5040 | 2015-08-26 21:28 | クジャクチョウ | Comments(18)