カテゴリ:ムモンアカシジミ( 1 )

故郷のムモンアカシジミ

今年の夏季の長期連休は天気が悪く、寒い日が多かった。

そんな中でのチョウとの出会いの一こま・・



8月15日 終戦の日 小雨。


この日は諏訪湖の花火大会の日であり
市内の駐車場はすぐに一杯となった。


私は実家から歩いてその場所に向かった。


着くや否やふわっと飛んで、なんと目の前に止まった!


ムモンアカシジミ。


シーズン最後に発生する真夏のゼフィルス








b0301570_20173727.jpg




実はこの一週間前、この場所で県外の採集者夫婦とばったり出くわした。

網によって木よりたたき出された赤いシジミが飛ぶ姿・・
叫び喜ぶ採集者の奥さん・・
これが目と耳に焼き付いた。

私は撮影すること無くすぐにその場を離れました。



 そんな脳裏のシーンを振り払うように現れたのがこのチョウだ。


採集に巻き込まれなかったムモンアカシジミの姿が確認できてホッと!

綺麗な♀のようです。



この娘は何回も目の前を飛んでは
写してよと言わんばかりに近くの葉の上に止まってポーズを取ってくれた。



b0301570_20172664.jpg





b0301570_20174379.jpg






b0301570_20175111.jpg



採集圧の強い場所ですが、
負けないでしっかり生き抜いて!!



・・・・


近くに咲いていたのはキンミズヒキ(金水引)


水引には、
魔除けや人と人を結び付けるという意味があるらしい。




b0301570_20181462.jpg





この日のムモンアカシジミも連れ合いを見つけて、
しっかり結ばれ、
子孫達が来年以降も元気に飛んで欲しいものです。



真夏の太陽は輝かなかったけれど、
赤い翅のこのチョウは輝いていた。











[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2017-08-22 21:21 | ムモンアカシジミ | Comments(14)