人気ブログランキング |

カテゴリ:ギフチョウ( 17 )

霧明け 朝の表情 

載せるのは連休の後半、
渋滞を避けるために早朝に到着した岐阜県の北部の光景。


道中かかっていた霧は到着直後に晴れた。

平地では陽が当たっていても山間の木々に囲まれた場所は
まだ陽は射さない。
普段はカメラを向けない時間帯だけれども
移り行く時間を少し捉えてみた。


霧の影響で林縁は朝露で濡れ、
植物達はしっとりとした姿を魅せてくれた。

普段撮る機会の少ない菫(スミレサイシンか?)にも
カメラを向けたくなる。




b0301570_06000102.jpg




暗くても、花びらの青さが瑞々しい。



b0301570_07370500.jpg




ヤマエンゴサクが暗い中で露を湛えて暗く沈む。


b0301570_06022799.jpg




林際に広がる沼にはミズバショウが咲く。

白さが際立つも水の表情は強かった。





b0301570_06003023.jpg





b0301570_07385982.jpg





空が明るい場所では水の表情が柔らかくなった。




b0301570_06005237.jpg





ここは今が早春。
ネコヤナギが美しく咲き、清清しい。




b0301570_06033138.jpg







朝日が射し始めた。

枯草も新緑も輝き始める。

日が射す場所とまだの場所のコントラストは
おそらくありふれた光景だからこそ際立つように感じた。




b0301570_06262346.jpg




さあ、とチョウを探して歩く。


まだ8時半だと言うのに
陽射しが強いからかギフチョウが飛び出し
いきなりヤマエンゴサクで吸蜜を始めた。




b0301570_06035626.jpg




この花とギフチョウの組み合わせは私は初めて。



止まる姿勢は悪いが素朴な花との組み合わせは
住むチョウの姿をも素朴に感じさせた。




b0301570_06042512.jpg





しかしその後ギフチョウは飛び続け、花に止まることは無かった。





植物をもう一度撮りに歩く。


暗がりのキクザキイチゲも
うなだれた頭をようやく起こす。




b0301570_06361639.jpg





ここのキクザキイチゲは淡い青紫が多い。




b0301570_06355182.jpg





林縁のミヤマカタバミが明るく笑う。





b0301570_06025352.jpg





優しい表情だ。



b0301570_06030070.jpg




贅沢な朝の時間だった。


午後もここに居つづけるより
渋滞する前に移動することのほうが
私にとっては心身ともに充実するだろうなと思った。


さあ、帰りましょう。


ネコヤナギに止まったルリシジミが
見送ってくれるようにさりげなく止まっていた。



b0301570_06034484.jpg



5月4日 













by MIYAKOUTA5040 | 2019-05-12 17:43 | ギフチョウ | Comments(14)

花は美しく されどチョウは止まらず

春の長期連休が始まりました。
初日に実家に移動しましたが、寒い・・
午前中は雨が降り、最高気温は10℃に満たない。
今朝は氷点下1℃
日中は気温が上がったものの
チョウは少ない。
故郷の春は全体的に遅れているのかな?


10日ほど前の事、
ぽかぽか陽気に誘われて、岐阜県に出かけました。

すこし標高がありますでの
三河の平地では散ったハクモクレンが満開でした。



b0301570_06305877.jpg







こちらは沢山の花をつけていますのでフデリンドウ?



b0301570_06335130.jpg







横から見ると茎に分岐がないのでハルリンドウなのでしょう。




b0301570_06340177.jpg





山桜、ユキヤナギも咲き、綺麗な場所なのですが、
この日出会ったギフチョウは飛び回るばかり。

コバノミツバツツジが咲き出していましたので、
止まらないかと期待したのですが、
花以外にも止まること自体が少ない・・。



この日の撮影は1回の機会でした。

まだ蕾も無いツツジの小枝に止まります。




b0301570_06374598.jpg




翅が綺麗ですし、背景も良い場所。
これも一期一会ですね。


b0301570_06382264.jpg






それにしても寒暖の差が激しい春です。



4月18日






by MIYAKOUTA5040 | 2019-04-28 16:39 | ギフチョウ | Comments(12)

馬酔木に酔いて 1 ギフチョウ

週末になると天気がぱっとせず、寒波も来てしまう・・・

チョウに会いたい気持ちを抑えきれず、
ぽかぽか陽気の27日に休みを頂きました。


ここ数年会えずにいた、
アセビの花とギフチョウの組み合わせを
無性に見たくなったのです。


途中に咲くアブラチャンの花が清清しい。
こんな花を見ると素朴な気持ちになってきます。



b0301570_06412894.jpg




アセビ(馬酔木)、
「馬」が葉を食べれば毒に当たり、「酔」うが如くにふらつくようになる「木」




ギフチョウはこの花の吸蜜にてじっと止まってくれました。



b0301570_06413895.jpg





b0301570_06414700.jpg





アセビの花にてぶら下がる・・


b0301570_06415905.jpg






マクロレンズでもこの距離で。



b0301570_06420804.jpg






b0301570_06421384.jpg







酔ったのは・・

間違いなく
この情景を見て夢心地になった私ですね(笑)


静岡県








by MIYAKOUTA5040 | 2019-03-31 17:46 | ギフチョウ | Comments(12)

桜に夢中

桜、さくら

人はサクラの花を見ては心が動く。

蝶はこの花の美しさを感じているのでしょうか?



桜にギフチョウが訪れる。

花に埋もれるように蜜を吸う姿が愛おしい。



b0301570_07505281.jpg






ともに美しい時期は短く、
春の女神はこの世に余韻を残すかのように
花の房にて戯れた。





b0301570_07511774.jpg







柔らかな花色にくっきりとしただんだら模様。

夢の中の如く花と蝶が空に映えた。



b0301570_07512952.jpg



桜とギフチョウ、
いつの時代もこの光景が
日本の美の象徴でありますように。


4月4日 岐阜県










by MIYAKOUTA5040 | 2018-04-15 18:17 | ギフチョウ | Comments(12)

カタクリ巡り 3


赤味帯びたカタクリに
叶うならチョウも止まって欲しい。

今シーズンこれが最後のカタクリ巡りと決めて
訪れたのは岐阜県の北部。


雪が多い場所のカタクリは、
やっと春を迎えたと囁く。



b0301570_05290044.jpg






b0301570_05290664.jpg








だいぶ大きくなった蕗の薹の花にルリシジミが止まった。



b0301570_05291679.jpg









カタクリに止まるギフチョウには今年は会えないのか・・・・




帰ろうとしていると・・



b0301570_05304820.jpg






止まった。



b0301570_05303846.jpg






b0301570_05304289.jpg






ここのギフチョウは後ろ翅の赤い色が黒い縁に沿って伸びる、
通称、赤上がり。



お互いの美しさを称えるかのような吸蜜






b0301570_05310297.jpg






b0301570_05312040.jpg




カタクリとギフチョウ
何度撮っても思うような絵にはなりません。


来年も会いたいものです。



(4月後半)










by MIYAKOUTA5040 | 2017-05-04 20:24 | ギフチョウ | Comments(14)

進む春を惜しむように

週末になると悪い天気が続いた春も、
ここに来てようやく晴れの周期になったように感じます。


4月23日
夕方から隣県にて所用が有り、
通り道になる場所を選んで散策に出かけました。

といっても過去に訪れたことが無い場所、
巡り逢いも運任せです。


今年撮り忘れていたハルリンドウ。
場所を変えれば三河では過ぎた春の姿がここにはありました。



b0301570_07280539.jpg






ハルリンドウを背景にぼかしてコツバメ




b0301570_07282054.jpg






ショウジョウバカマにも止まってくれた。



b0301570_07282453.jpg






まだ何とか咲いていたアセビにも老いたコツバメが止まった。



b0301570_07283429.jpg







こんな環境ですからギフチョウも数少ないながら居ましたよ。
まだ初々しい翅でしたが、残念ながら花には止まらず。



b0301570_07284107.jpg





そろそろ移動しなくてはという時間帯にようやくミツバツツジに止まりました。
この春、会う機会が少なかったのをチョウが察してくれたのでしょうか・


b0301570_07290911.jpg




b0301570_07292364.jpg





進む春を惜しむように、
私はもうちょっとスプリングエフェメラルとの出会いを楽しみたく思います。



岐阜県にて














by MIYAKOUTA5040 | 2017-04-29 07:48 | ギフチョウ | Comments(10)

チョウを楽しむって・・

4月2日。
久し振りに静岡県西部に出かけた。

小高い山道を歩き、春の息吹に触れるのは気持ちが安らぐ。

僅かに咲き出していたのはアブラチャン。対に並ぶ花の姿が微笑ましい。


b0301570_05335703.jpg


天気は薄曇りで、思ったほど気温は上がらなかった。
アセビはほとんど花芽がなく、ギフチョウを演出するには残念な年となった。




集団から離れ、一人で座る同世代思われる方と会話した。

この場所に来るのは約8年ぶりだと言っていた。
「写真を撮るわけではない。舞うギフチョウを見て楽しみたいんだ・・」


そう、これこそチョウを楽しむ極みのように感じる。
自分の中にもそんな楽しみ方を求めている部分がある。


「前回来た時とは様変わりだ。花がこれほど少ないとは。昔はもっとカタクリがあった・・」

カタクリの花穂はほとんど無く、葉だけが残っていた。この場所も鹿の影響が出ているのか…
これから先が心配だ。

カンアオイは沢山見かけるものの他の花は少ない。




b0301570_20010088.jpg




今年も現地でお会いしたチョウ友より ギフチョウが出た!と呼ばれ、声の方向に向かった。


花が無いながらやはりギフチョウは美しい。ここのギフチョウは白さが際立つね!


b0301570_05343064.jpg




今年は僅かに咲くスミレにて吸蜜するギフチョウを見る程度で、撮影は地べたに止まる姿に留まった。




b0301570_05350047.jpg



ミヤマセセリにも会えた。

ギフチョウを目的の方ばかりでこの蝶にカメラを向ける方は居なかった。



こちらもベタっと翅を広げた。
色合いは地味ながら、枯れ草の造形との組み合わせも面白いものです。


b0301570_05353003.jpg



翅を閉じてる時に横から撮影、この直後に人が歩いて飛んでいった。



b0301570_05360031.jpg



春のみに発生するチョウ達。今度は花と一緒にまだまだ会いたいものです。















by MIYAKOUTA5040 | 2017-04-05 20:26 | ギフチョウ | Comments(16)

桜とギフチョウ

桜の季節には色々な想いがあって、木を見上げ花に語る。

桜もその地域に根を張り、自然の変化を見続けて来たのだろうか。



b0301570_20145823.jpg


一年に一度の発生となるギフチョウ。
じっと一年間を目立たない場所で過ごし、この時期に成虫として華開く。




桜とギフチョウ。
美しいもの同士が称えあい、そしてまた新たな一年の営みを始める。



b0301570_20160283.jpg






b0301570_20154429.jpg






b0301570_20162171.jpg






桜の花びらにギフチョウはまた来季の繁栄を託したか・・




b0301570_20163285.jpg



4月9日 岐阜県にて撮影






熊本を中心とした九州での大きな地震にて被害に遭われた方に心よりお見舞い申し上げます。
被害がこれ以上広がらないことを祈ります。







by MIYAKOUTA5040 | 2016-04-17 06:34 | ギフチョウ | Comments(20)

ようやく春の女神に

住む地域の桜もかなり散りました。
標高の高い場所にて桜をゆっくり眺めながら、止まるチョウに会えたらと思うこの頃です。

今年はギフチョウの発生が早いかなと思っていたのですが、
どうもここに来て平年並みなのか、
山野草と一緒に会えたらと思って回った場所では、見られない日が2回ほどありました。

ぶらぶらと散策しながらショウジョウバカマやカタクリを撮っては、
ギフチョウに会える機会を待っていました。


こんな背景に止まればと、妄想が膨らむ、膨らむ・・


b0301570_05425734.jpg



b0301570_05430680.jpg



 
b0301570_05410204.jpg




4月2日。隣の県にてようやく会えました。


出かけたのは撮影としては初めて訪れた場所、
今まで見たギフチョウとまた違った出会いがあると思って出かけました。


この場所に通われている自然愛好の二人の方とも色々なお話させていただき、
保全に力を入れてきた場所であることも理解できました。


ギフチョウが飛び始めます。


b0301570_05501337.jpg



なかなか花に止まらない中、スミレに止まります。
うーん、やはりギフチョウの模様も保全の結果かな、と感じるものがあります。


b0301570_05522736.jpg


近くのカタクリに止まりました。
数人並んでの撮影です。正面向いてね、と列の一番端から撮っています。

b0301570_05511870.jpg


b0301570_05512531.jpg




花にぶら下がってちゃんと正面も向いて、チョウは魅せてくれました。



b0301570_05515564.jpg


b0301570_05521688.jpg


背景がごたごたしています。
ギフチョウは人気のチョウ。そうそう一人で良い環境では撮れないのでしょう。
この写真いいね、って思えるようになるには何年もかかりそうです。

次の機会は桜と一緒のギフチョウかな。







by MIYAKOUTA5040 | 2016-04-10 05:33 | ギフチョウ | Comments(20)

桜にとまれ!

この週末は、なんとか天気も回復し、春を楽しみました。

4月11日、久し振りにチョウ友とご一緒させて頂き、岐阜県へと出かけました。
前日の天気予報を考慮し、岐阜県も初めての場所でした。
 
まだ桜が綺麗に咲いています。

b0301570_1914356.jpg


桜はほんと美しい。
こんな桜にチョウが止まればなお嬉しい。

スジグロシロチョウ

b0301570_1945632.jpg


ツマキチョウ

b0301570_19132114.jpg


コツバメ

b0301570_19333563.jpg


なんとかギフチョウも

b0301570_19342876.jpg


下はトリミング

b0301570_1935242.jpg


ギフチョウは近くに止まってくれませんでした。

でも、目の前のスミレに止まったから良しとしましょう。

b0301570_19361974.jpg


b0301570_19364098.jpg

by MIYAKOUTA5040 | 2015-04-12 19:45 | ギフチョウ | Comments(20)