カテゴリ:アオバセセリ( 3 )

目には青葉

目には青葉

標高の高い場所でブナの新緑が輝いた。

優しい色合いに雑念も浄化され、
穏やかに気持ちになった。




b0301570_06453753.jpg







目にはアオバ

山里の林縁ではウツギが咲き白く輝いた。


一頭のアオバセセリ(青羽挵)が日陰にて吸蜜す。
ウツギの花の間を小刻みに移動した。

翅色が葉っぱと同化し橙色が深く映った。



b0301570_07061501.jpg






b0301570_07072188.jpg







b0301570_07074023.jpg






b0301570_07062968.jpg





b0301570_07071509.jpg




GWも今日で終わり。

忙しい日がまた始まります。

この期間のチョウとの出会いを
小出しにしてブログに載せる5月となりそうです。








ブナ     4月29日 岐阜県
アオバセセリ 4月30日 愛知県

















[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-05-06 17:21 | アオバセセリ | Comments(12)

ミツバウツギにアオバセセリ

GWの期間中、できることなら人混みは避けて自然と触れ合いたい。

初夏の陽気に誘われて訪れたのは川の水清き山里。 天気も爽やか。
せせらぎを聞きながら歩くだけで心地良い。

対岸のミツバウツギを見ていたらふと青いものが飛んだような気がした。
長靴に履き替え渡ってみた。
思ったより川が深く、靴下やズボンはずぶ濡れだ。



アオバセセリ

b0301570_05492014.jpg




はじめ木の上方で止まっていたこのチョウもだんだん下に移動してきた。


b0301570_05501531.jpg




b0301570_05504326.jpg



b0301570_06050919.jpg



b0301570_05505674.jpg


このチョウをようやく間近で見ることができた。

靴下やズボンが濡れているのを忘れるほど至福の時間だった。

4月30日 岐阜県






[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2016-05-04 15:40 | アオバセセリ | Comments(10)

ふたたび

前回の5月4日は歩き続けてくたくたになりながらのスミナガシでした。

スミナガシは表翅もしっかり見たいし、アオバセセリもそれらしい色の写真が撮りたい。
そんな気持ちでふたたび、5月10日に訪れました。

山はヤマツツジの時期が終盤で、ほかに花らしい花が無い中、山道に紫の花が咲いていました。
気持ちに余裕があると小さな花にも気が付きます。タツナミソウの種類だと思いますが気持ちも和らぎます。

b0301570_6121115.jpg


山の上は、上空をアオスジアゲハが旋回し、時折木に止まります。

b0301570_61365.jpg


モンキアゲハも盛んに蝶道を行ったり来たりしました。

b0301570_615337.jpg


午後1時半位です、アオバセセリが現れました。飛び続けなかなか止まりませんね。
ようやく止まった葉の上の個体を撮影できました。
トリミング画像ですが、前回よりは、アオバセセリらしい翅色です。

b0301570_6175374.jpg


b0301570_6184098.jpg


2時半過ぎからスミナガシが絡み出しました。
うーん、やはり日が高い時の表翅の色は上手く出せません。
スミナガシらしい色の翅はこの1枚程度です。

b0301570_6223074.jpg


載せるのはどうしたものかとも思いましたが、翅を鈍角にまで広げた写真です。
光の角度により表翅はこれほど表情が変わりました。

b0301570_6253311.jpg


iphoneで撮れる距離まで来ました。やはり広角用のカメラも検討せねば・・

b0301570_6274362.jpg


ふたたびの撮影も満足できるものでは有りませんでしたが、
高速で山上を飛び回るアオバセセリやスミナガシを見ているだけでも、嬉しいものでした。
[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2014-05-14 05:41 | アオバセセリ | Comments(20)