<   2018年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

陽傾く頃 キマダラルリツバメ

日は落ちぬ
夜の帳はまだ早い

昼を頑張ったヒカゲチョウ

そろそろ就寝の時間かな。



b0301570_19565462.jpg







日は落ちぬ
夜の帳はまだ早い

一年で一番昼の長い時期となりました。


キマダラルリツバメ

このチョウがテリトリーを張るのは夕方。
同じチョウでも過ごす時間は色々です。



b0301570_19581558.jpg







日本で唯一尾状突起を2対持つチョウ。
今年は位置がちょっと悪かったのか、
尾状突起がしっかりとは写りませんでした。


それでも小さな身体で威厳がありました。



b0301570_19583389.jpg






b0301570_19582711.jpg






6月9日 岐阜県
















[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-06-17 20:17 | キマダラルリツバメ | Comments(8)

湿原のヒメヒカゲ

6月6日、愛知県も梅雨入りしました。
これから7月中旬まで湿度の高い期間となりますが、
気持ちだけでもじめじめしないように、自然の美しさに目を向けていけたらと思います。

梅雨入り直前の週末、三河も少し標高を上げて散策してみました。

ノイバラの一輪にはっとする。
普段目を向けない花も、こうしてみるとしっかり呼吸しているんだな。


b0301570_17533717.jpg




その後湿原を訪れた。ここの湿原は水が多い。

ニガナにモンキチョウが止まる。
水の反射の影響か、見慣れたチョウにもはっとする。


b0301570_17540719.jpg




b0301570_18112468.jpg





ハッチョウトンボ。良い環境の証拠だね。


b0301570_17543781.jpg




ヒメヒカゲは標高が高い分まだ少なかった。

いつも台地の乾性の場所で見ていたので、
湿原の中で生息する姿は何か目新しく感じた。


b0301570_17550642.jpg





b0301570_18115425.jpg




止まった葉に蟻が居た。
ちょっと蟻が驚いたように見えた。


b0301570_18122418.jpg




b0301570_18125455.jpg







小さないきもの達が生息し、会話するような環境。
いつまでも残って欲しいものです。


6月2日 奥三河













[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-06-10 18:54 | ヒメヒカゲ | Comments(10)

ミドリシジミの候

梅雨入りもまもなくの季節になると、
愛知のハンノキ林では
このシジミチョウ達が輝きを魅せます。




ミドリシジミ




b0301570_17135469.jpg








b0301570_16320643.jpg





飽きることなく毎年会いに行くのは
その場所が静かであること。
そして鳥や蛙の声を聞きながら翅色を見ることで
私自身が癒されるからだろう。







ミドリシジミのいる風景画・・

今年はそんな気持ちにさせる位置に止まりました。




b0301570_16314024.jpg






蒸し暑くなる前の朝の時間帯。
冷んやりした空気が心地良く辺りを包みました。




5月27日 知多半島














[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-06-03 17:17 | ミドリシジミ | Comments(16)