<   2018年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

美しきキタキチョウ


9月も今日で終わり。

一年で一番過ごしやすい季節なのかなと思っていましたが
台風が日本列島を縦断しています。
大きな被害が出ない事を祈ります。


載せるのはお彼岸の休みの日のもの。

平凡な場所で、普通に見かけるチョウでも、
こんな出会いがあると嬉しくなります。


羽化したばかりのキタキチョウ


ふと気付くと蛹から出たばかり。翅はまだ伸びきっていません。



b0301570_04490707.jpg





カメラを縦に構え直します。
柔らかな翅から見える表の黒い斑が印象的です。



b0301570_04492666.jpg









翅が伸びきりました。





b0301570_04502066.jpg







蛹の抜け殻から離れ始めます。
まだ翅は柔らかいですね。




b0301570_04503184.jpg






b0301570_04510087.jpg





この場所で翅が硬くなるのを待つようです。

普段見る口吻の色は茶褐色なのですが、
羽化したては白いんですね。


b0301570_04513650.jpg




その後一時間ほどして飛びました。


キタキチョウの美しさに、
只々見惚れる私でした。







9月23日 西尾市










































[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-09-30 18:21 | キタキチョウ | Comments(14)

シラタマホシクサでの蝶景

9月
この時期の葦毛湿原はシラタマホシクサが見頃となる。
湿原の植生再生活動が実を結んでいるようで、
今年のシラタマホシクサは群生が見事に広がっていました。

今までどちらからというと真横から撮ることが多かった花を
真上からマクロで撮ってみた。

星というのか蛍というのか、ちょっと面白いなと思った。 
拘って撮ればもっと良い絵になったなと後から反省・・




b0301570_06543474.jpg







この花にチョウが来るのかなと探してみますと
居ましたよ。


ヒメウラナミジャノメ。




b0301570_07031376.jpg







地味なチョウですがほんのりとした風情で癒されます。




b0301570_07203784.jpg







b0301570_07005048.jpg







b0301570_07032439.jpg







ツマグロヒョウモンも止まりました。



b0301570_07043121.jpg






アザミに止まり、シラタマホシクサを背景に



b0301570_07050198.jpg






アゲハはシラタマホシクサに止まってくれませんでした。キセルアザミに夢中です。




b0301570_07051902.jpg






翅が傷んだアゲハが止まった場所がちょっと良い光景に・・・・



b0301570_07052338.jpg






夏の名残のミズギボウシ



b0301570_07054839.jpg






秋を告げるイワショウブ



b0301570_07055408.jpg






チョウも花も、いつもと違った楽しみ方がありました。




9月15日






[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-09-23 18:18 | 野草 | Comments(14)

ミヤマシジミ 産卵

毎年この季節になると河川敷へと出かける機会が増える。

夏の暑さが和らぎ、風が心地良く感じるとともに、
このチョウに会うと安らぎを感じるのがその理由だ。
ブログのカテゴリ分類でも、取り上げるの機会が最も多いのではないかと思う。


ミヤマシジミ 絶滅危惧ⅠB類(EN)

穏やかに飛ぶ光景と、
食草コマツナギの花と翅の色合いが安らぎを感じさせるのでしょう。



b0301570_02551659.jpg







アサミシジミやヒメシジミと比べると♂の表翅の色は紫青がかる、
と言われている。




b0301570_02552394.jpg





が、
少し暗い場所だったり翅の角度によってはコバルトブルーに近くなる。
この色にはどきっとする魅力を感じている。




b0301570_02554042.jpg








b0301570_02555705.jpg








♀は前の世代の個体が多かった。

傷んだ翅の一頭が目の前で産卵をした。
(お尻から失礼・・)



b0301570_02562546.jpg








慣れないながら卵も撮影。
風でなかなかピントが合わなかった。

表面の起伏は上手く表現できなかったけれど
2個が重なっているのがちょっと面白い。



b0301570_02564773.jpg







次世代へと繋がる卵。

この地がミヤマシジミにとって安泰な環境でありますように




9月8日 静岡県






















[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-09-16 18:05 | ミヤマシジミ | Comments(12)

夏の振り返り 穏やかなチョウ達の光景

穏やかな秋であって欲しいと、9月頭のブログに書いたのでしたが
この一週間の中で、関西で大きな台風。北海道で大きな地震が立て続けに襲い、
日本中が辛い気持ちになってしまいました。

被害に見舞われた地域の皆様にお見舞い申し上げます。
一刻も早い復興を祈ります。


撮り溜めた夏の画像も今日で終わりです。忙しくて例年の半分以下の機会でした。

残った画像は穏やかな気持ちになった高原のチョウ達です。



トラフシジミ。7月18日のもの。

夏型のトラフシジミには久し振りに会えました。
午後の陽射しの中、ヒヨドリバナにて夢中に吸蜜していました。



b0301570_10333248.jpg






b0301570_10333931.jpg







夏最後に撮った高原では
クジャクチョウ撮影の中、このチョウも魅せてくれました。


マツムシソウにスジボソヤマキチョウ♀
穏やかな色同士の組み合わせですよね。





b0301570_10430261.jpg






翅の傷んだキアゲハが夏も終わりと舞った。


b0301570_10431271.jpg








高原ならではの遅咲きのレンゲショウマ。花が落ちる前の静けさや・・・



b0301570_10432219.jpg




こうしてみると、機会は少ないながら良い夏の時間を過ごせたのかなと思います。


秋のチョウや植物との出会い、さてどうなることやらです。














[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-09-09 18:08 | スジボソヤマキチョウ | Comments(12)

マツムシソウにクジャクチョウ

早いものでもう9月。

あっという間に月日は過ぎて行きますが、
せめて穏やかな秋であって欲しいものです。





今年も出会えたクジャクチョウ。

その年毎に、このチョウを撮る姿を思い描くのですが、
そうそうイメージ通りにはならないものです。


イメージも大事なのでしょうが、
やはりはっとするような出会いが有ってこそ、
写真は楽しいんでしょうね。





今年は秋の風を感じるようなクジャクチョウを撮りたい、
と思っておりましたがこの程度・・





背景にてススキが揺れていたんですよ。





b0301570_04533094.jpg









こちらはマツムシソウが揺れて・・




b0301570_04534607.jpg









結局は近くに止まるクジャクチョウに夢中になってしまう自分です。




b0301570_04541587.jpg







b0301570_04542771.jpg







この花は何だろうとつぶやいてみたり




b0301570_04543939.jpg










気を取り直して、引いて撮らねばとまた思い・・・






b0301570_04545342.jpg







あれやこれやと試します。




b0301570_04550463.jpg







後翅のクジャク模様を魅せてくれたらなんて身勝手に思うも、



b0301570_04552698.jpg








只時間だけが過ぎて行きました。





b0301570_04555605.jpg






揺れていたのは秋の風による風景ではなく、
私の気持ちだったんですねー





来年もまた、クジャクチョウに会えるのでしょうか?








8月19日 長野県












[PR]
by MIYAKOUTA5040 | 2018-09-02 18:03 | クジャクチョウ | Comments(10)