人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

花は美しく されどチョウは止まらず

春の長期連休が始まりました。
初日に実家に移動しましたが、寒い・・
午前中は雨が降り、最高気温は10℃に満たない。
今朝は氷点下1℃
日中は気温が上がったものの
チョウは少ない。
故郷の春は全体的に遅れているのかな?


10日ほど前の事、
ぽかぽか陽気に誘われて、岐阜県に出かけました。

すこし標高がありますでの
三河の平地では散ったハクモクレンが満開でした。



b0301570_06305877.jpg







こちらは沢山の花をつけていますのでフデリンドウ?



b0301570_06335130.jpg







横から見ると茎に分岐がないのでハルリンドウなのでしょう。




b0301570_06340177.jpg





山桜、ユキヤナギも咲き、綺麗な場所なのですが、
この日出会ったギフチョウは飛び回るばかり。

コバノミツバツツジが咲き出していましたので、
止まらないかと期待したのですが、
花以外にも止まること自体が少ない・・。



この日の撮影は1回の機会でした。

まだ蕾も無いツツジの小枝に止まります。




b0301570_06374598.jpg




翅が綺麗ですし、背景も良い場所。
これも一期一会ですね。


b0301570_06382264.jpg






それにしても寒暖の差が激しい春です。



4月18日






by MIYAKOUTA5040 | 2019-04-28 16:39 | ギフチョウ | Comments(12)

虎斑や褄黄


水を引いた田んぼに椿落ち、山桜の花びらが浮かぶ。



b0301570_06110375.jpg


ここは三河の谷戸。
チョウ友さんに教えられ訪れた長閑な場所です。

田んぼの傍で、トラフシジミ達が遊びます。

この日は背丈の小さな草に止まってばかりでしたが
その分愛らしい姿になったかな。



b0301570_06120884.jpg






b0301570_06143760.jpg






b0301570_06152081.jpg






b0301570_06144415.jpg






b0301570_06133939.jpg




唯一レンゲソウに止まった。


b0301570_06123516.jpg





コツバメも訪れます。




b0301570_06150175.jpg




b0301570_06244357.jpg



春の陽射しが緑を輝かさせ、
チョウ達も活き活きとした姿を魅せてくれた日でした。





公園の片隅にはツマキチョウが舞いて。

こちらもチョウ友さんから教えて頂きました。
これほどのツマキチョウの比率が多い場所が地元にあったんですね。



飛び回り続け、なかなか撮る事ができませんでしたが
ムラサキケマンとの組み合わせは嬉しいものです。




b0301570_06313539.jpg






b0301570_06320084.jpg






ムラサキサギゴケとの組み合わせは初めてかな。




b0301570_06323211.jpg






メスも訪れます。




b0301570_06320641.jpg







ツマキチョウの翅を閉じた姿は、擬態とは思いつつもアートですね。




b0301570_06321609.jpg





住む地域の長閑な春。
なかなか時間が割けない中で癒しの時間を頂きました。



トラフシジミ 4月7日
ツマキチョウ 4月14日






by MIYAKOUTA5040 | 2019-04-21 17:34 | トラフシジミ | Comments(16)

ネコノメソウ競演

今年の春は寒暖の差が大きい。

寒かった日曜日、
ネコノメソウを求めて歩きました。

私にとっては春の楽しみの一つ、
今年は岐阜県にて会いに・・



時折冷たい雨まで降る悪天候。
タチネコノメソウの花には雨露が溜まります。



b0301570_08314399.jpg







その傍にコチャルメルソウ。

楚々とした花が咲きます。



b0301570_08585137.jpg






会いたかったシロバナネコノメソウも見つかりましたが、
既に赤い蘂がだいぶ落ちて時すでに遅し。

ヤマネコノメソウとの黄色の組み合わせは魅力的だったのですが・・



b0301570_08361253.jpg






あきらめてとぼとぼと車に戻る途中でした。


群生の中にかろうじて赤い蘂の残るシロバナネコノメソウが一株。
花束をイメージして撮ります。



b0301570_08413046.jpg







雨の雫が赤い蘂に付いて演出してくれました。


b0301570_08413941.jpg






b0301570_08414787.jpg








すぐ近くにはコガネネコノメソウ。
こちらの群生は時期が丁度良かったようです。




b0301570_08452505.jpg






b0301570_08453763.jpg







陽が射します。


b0301570_08460974.jpg






b0301570_08454737.jpg







真上からの花の表情。



b0301570_08455619.jpg









似たような画像ばかりですが、足場がこの位置しかないのですよ!



b0301570_08463001.jpg






じんわりと、喜びを感じる充実した時間でした。

この環境、いつまでも維持してほしいものです。


3月31日










by MIYAKOUTA5040 | 2019-04-14 17:27 | 野草 | Comments(8)

馬酔木に酔いて 2 コツバメやミヤマセセリ

今思い起すと、この日、沢山のチョウ達に会えたのは、
朝、この鳥を見たからなのか・・

ルリビタキ


b0301570_07053093.jpg



ここは関東以南ですから冬に見られる鳥。
これから北へ移動するという直前まで、この場所に幸せを残しておいてくれたのかもしれない。(おおげさだ。)



今年のこの場所のアセビは、沢山の花を付けてくれた。
だからギフチョウ以外にもたくさんのチョウ達が集まってきた。


アカタテハ


b0301570_07031066.jpg






キアゲハ。
早、この時期にして尾状突起が無い・・鳥に狙われたのだろうか。



b0301570_07032405.jpg





コツバメ。
後ろ翅の縁が少しだけ青白く見えた。


こちらは望遠レンズで。



b0301570_07035930.jpg






こちらはマクロレンズで。



b0301570_07040532.jpg






ミヤマセセリ。

この花にこのチョウが止まると、こんなにも美しいものかと感じた。



b0301570_07085328.jpg







特にこの個体は前翅の霜降り状の白さが映えた。





b0301570_07091410.jpg






b0301570_07095939.jpg






b0301570_07090021.jpg






コツバメとミヤマセセリが同じフレームに入る。



b0301570_07102852.jpg






コツバメは2頭だったんだ。



b0301570_07105540.jpg






b0301570_07110142.jpg





沢山のチョウがアセビに訪れて、本格的な春への期待が膨らんだ一日だった。







by MIYAKOUTA5040 | 2019-04-07 15:08 | ミヤマセセリ | Comments(16)